調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 自然言語処理

「自然言語処理」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年3月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

2020年までのITロードマップ

■ 2015〜2017年度:画像認識の実用化が進み普及期へディープラーニングを取り入れたAIにより技術革新が期待される主な適用領域は、音声認識、画像認識、自然言語処理の3つがあります。 すでに音声認識には、ディープラーニングが商用利用されていますが、この時期には画像認識分野でのディープラーニングの商用利用が拡大します。具体的には、製造業における製品の品質管理やECサイトでの画像による商品検索などの利用が始まります。また、店舗においても防犯や顧客の行動分析など、カメラ映像の利用拡大が予想されます。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ