調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 自社株買い

「自社株買い」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

リサーチ TODAY2015 年 6 月 22 日海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本株の投資主体別の売買動向推移である。最近の動きについて一般的な説明では、機関投資家の「ポートフォリオ・リバランス効果で、国債から株式市場に流れた」ためとするものが多い。ただし、日本の金融機関がポートフォリオ・リバランスを率先させたかというと、そうではなかった。2013年は海外投資家の15兆円の大幅買い越しで、国内は売りばかりだった。国内に

自社株買いは株価にとってプラスか?~2014年度の自社株買いを振り返って~

自社株買いは株価にとってプラスか?~2014年度の自社株買いを振り返って~ | ニッセイ基礎研究所 自社株買いは株価にとってプラスか?~2014年度の自社株買いを振り返って~ 金融研究部 研究員 前山 裕亮基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年度は大規模な自社株式の取得枠の設定が相次ぎ、自社株買いの実施金額が3兆円を超える水準まで急回復しました【図表1】。

2015年3月4日SMBC日興証券★フィードバック数:0社会/政治

企業業績の見通しです。

2014~2015年度の企業業績見通し

2015 年 3 月 3 日SMBC日興証券株式会社SMBC日興証券、「2014~2015 年度の企業業績見通し」を発表SMBC日興証券株式会社は、本日、2014~2015 年度の企業業績見通しを発表いたしましたのでお知らせいたします。添付資料 2014~2015 年度の企業業績見通し(2015 年 3 月)以 上2015 年 3 月 3 日株式調査部Report /日本 /ストラテジー2014~2015 年度の企業業績見通し(2015 年 3 月)<日本株ストラテジーレポート>円安・原油安・

ダイワ米国バイバック・ファンド (為替ヘッジあり)【最近の市場環境について】

ダイワ米国バイバック・ファンド(為替ヘッジあり)最近の市場環境について2014年7月9日≪基準価額・純資産の推移≫12,0002014年7月7日現在※過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。当初設定日(2014年3月19日)~2014年7月7日400純資産総額基準価額純資産総額期間別騰落率期間1カ月間3カ月間6カ月間1年間3年間5年間年初来設定来10,175 円54億円ファンド+1.9 %+3.9 %--------------------+1.8 %分配金再

ダイワ米国バイバック・ファンド (為替ヘッジなし)【最近の市場環境について】

ダイワ米国バイバック・ファンド(為替ヘッジなし)最近の市場環境について2014年7月9日≪基準価額・純資産の推移≫12,0002014年7月7日現在基準価額純資産総額期間別騰落率期間1カ月間3カ月間6カ月間1年間3年間5年間年初来設定来10,155 円298億円ファンド+1.8 %+2.9 %--------------------+1.6 %※過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。当初設定日(2014年3月19日)~2014年7月7日800純資産総額11,

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

CB発行+自社株買い=リキャップCB

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 転換社債型新株予約権付社債(CB)は、発行時には債券として発行するが、途中で株式に転換することが可能である、債券と株式の両方の側面を併せ持つ金融商品である。例えば、A社の株価が現在1,000円だとして、転換価額1,250円、ゼロクーポンのCBが250億円発行されたとする。投資家がこのCBを購入した場合、保有期間中に株価が1,250円を超えれば、株式に転換することで当初払い込んだ投資額を回収できる(額面

株主還元で先行する米国とそれを追う日本

2014年1月23日楽読(ラクヨミ) Vol.759株主還元で先行する米国とそれを追う日本米国では、主要株価指数が史上最高値圏にあるものの、自社株買いが積極的に行なわれるなど、株主還元が活発化しており、債券から株式への資金シフト、いわゆる“グレート・ローテーション”を後押しする 因にな ていると考えられます後押しする一因になっていると考えられます。米国での活発な株主還元の主な背景には、企業が手元に大量の資金を抱え込んでいることや、株主が企業に資本効率の追求を強く迫っていることなどがあります。20

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと消費税率引上げで優位性高まる自社株買い

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクスと消費税率引上げで優位性高まる自社株買い 企業の株主還元策として多く用いられる手法は、配当と自社株買いである。東証1部上場企業の配当および自社株買いの過去の実績をみると、配当総額が比較的安定して推移する一方、自社株買いは2000年代後半の金融危機の際に大幅に減少し、近年においてもあまり回復が見られない(図表)。アメリカのS&P500採用企業においても配当総額は安定的に推移しているが、自社株

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ