「航空貨物」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年6月11日財務省フィードバック数:0社会/政治

第11回 輸入通関手続の所要時間調査

第11回 輸入通関手続の所要時間調査平成28年6月9日 財 務 省通関所要時間 海上貨物 2.4時間に短縮、航空貨物 0.3時間を維持 〜第11回 輸入通関手続の所要時間調査〜通関所要時間(税関への輸入申告から輸入許可までの所要時間)の平均は、海上貨物で2.4時間と前回調査(平成24年)に比べて0.2時間短縮しました。航空貨物については、0.3時間と前回調査(平成24年)並みの所要時間となっています。※ 船舶・航空機の入港・搬入を経て輸入許可までの総所要時間の平均をみると、海上貨物で59.5時間

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

北米西岸労使協約改定の経緯とコンテナ物流への影響

北米西岸労使協約改定の経緯とコンテナ物流への影響掲載誌・掲載年月:日本海事新聞 1503日本海事センター企画研究部研究員 松田 琢磨ポイント・労使協約改定をめぐる物流の混乱で 2 月には西岸港内滞在時間は約 5.5 日増・東岸揚貨物の東岸港経由シェアは 7~10%ポイント上昇・荷役活動通常化も物流活動の混乱は数か月続く見込みはじめに米国西岸港湾での 6 年ぶりの労使協約をめぐる混乱は、昨年来北米航路に関する最も注目されたトピックだった。14 年は、LA を含む米国西岸 29 港の労働組合である北

2014年11月6日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

海上・航空輸送間シフト品目の特性分析(2)

海上・航空輸送間シフト品目の特性分析(2)掲載誌・掲載年月:日刊 CARGO 1410 日本海事センター企画研究部 (日本大学理工学部助教) 客員研究員 川﨑 智也 ◯はじめに 先月(2014 年 9 月 12 日発行)のリポートでは、2007 年〜2012 年における中国発米 国向け貨物を対象に、 海上・航空輸送間のシフト品目を特定した。 今回のリポートでは、 前回特定したシフト品目の特徴について、さらに詳細を見ていくこととしたい。具体的 には、貨物単価の変化と海上シフトの関係について述べる。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ