「芝公園」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月2日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況――Wi-Fiタブレット苦戦で2年連続減 2017年05月25日■ 2016年度通期タブレット端末出荷台数は841万台(前年度比6.9%減)で2年連続減少■ Appleは335.6台で7%減少も、7年連続シェア1位(シェア39.9%)■ OS別台数シェアはAndroid 409.6万台(48.7%)が4年連続1位■ 2017年度は880万台(前年度比4.6%増)でV字回復と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月25日、2016年度通期(

2017年3月4日MM総研★★フィードバック数:0社会/政治

企業におけるマイナンバー制度対応実態調査

企業におけるマイナンバー制度対応実態調査対応が完了している企業は73.7% 2017年02月28日■マイナンバー制度、取り組みが完了している企業は約7割■最も対応が進むシステムは「人事・給与」、全体の57.7%を占める■マイナンバー対応後の課題は「セキュリティ対策」がトップ  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2月28日、企業のマイナンバー制度に対応したシステム・サービスの導入実態に関する調査結果を発表した。国内法人の2,339人を対象にWebアンケートを実施し、回答者の中から、さらに同

2016年12月25日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2016年度 上半期国内PC サーバー出荷概況

2016年12月15日■出荷台数は12%減の20 万3,094 台、出荷金額は8.9%減の1,121 億円■出荷台数は5 半期連続減少、出荷金額は11 半期ぶりに減少に転じる  MM 総研(東京都港区、所長・中島洋)は12 月15 日、16 年度上半期(16 年4~9 月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、PC サーバー出荷台数は前年同期比12%減の20 万3,094 台となった(グラフ1)。出荷金額は同8.9%減の1,121 億円。出荷金額は、2011 年度上期以降10 半

2016年5月23日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2015年度通期国内タブレット端末出荷概況

2016年05月19日■ 2015年度通期タブレット端末出荷台数は903万台(前年度比2.8%減)で初の前年割れ ■ Appleが361万台(シェア40.0%)で6年連続シェア1位を獲得するも11.5%減 ■ OS別台数シェアはAndroid が3年連続1位 ■ 2016年度970万台、2017年度1,060万台でV字回復と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月19日、2015年度通期(2015年4月~2016年3月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。出

2015年12月23日MM総研フィードバック数:0社会/政治

2015年度上半期 国内PCサーバー出荷概況

2015年12月17日■出荷台数は2.3%減の23万802台、出荷金額で9.8%増の1,230億円 ■OS入れ替えやプライベートクラウド化に伴うサーバー集約で出荷金額が拡大  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月17日、15年度上半期(15年4~9月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、PCサーバー出荷台数は前年同期比2.3%減の23万802台となった(グラフ1)。出荷金額は同9.8%増の1,230億円(グラフ2)。サーバー仮想化による物理サーバーの集約、統合が進む中

2015年11月26日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2015年度上期国内タブレット端末出荷概況

2015年11月19日■ 2015年度上期のタブレット端末出荷台数は前年同期比8.0%増の446万台 ■ Appleが169万台(シェア37.9%)で1位を維持するもシェアは減少傾向 ■ OS別シェアはAndroid 212万台(47.5%)が1位。Windowsシェアも14.6%に拡大 ■ 2015年度通期は980万台。1,000万台越えは2016年度と予測 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は11月19日、2015年度上期(2015年4月~9月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の

2015年5月21日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

市場データです。

2014年度通期国内タブレット端末出荷概況

2015年05月21日■ 2014年度通期のタブレット端末出荷台数は前年同期比24.2%増の929万台 ■ Appleが408万台(シェア43.9%)で出荷統計開始から5年連続シェア1位を獲得 ■ OS別台数シェアはAndroid 425万台(45.7%)が2年連続1位 ■ 2015年度は1,070万台で初の1,000万台超へ  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月21日、2014年度通期(2014年4月~2015年3月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。出荷

2013年6月5日MM総研フィードバック数:4企業情報システム

2012年度 国内PCサーバー出荷概況

2013年06月05日■出荷台数は4.2%減の51万2,854台と2年ぶり減少 ■出荷金額は3年連続の増加で、前年度比2.3%増の2,162億円 ■SNS、テレコム市場の需要に一巡感  MM総研(東京都港区 所長・中島洋)は、2012年度(12年4月~13年3月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、わが国のPCサーバー市場は、前年度比4.2%減の51万2,854台を出荷した。半期別に見ると、上半期は前年同期比3.7%減の25万6,674台。下半期は、前年度比4.7%減の25万6

2013年5月9日MM総研フィードバック数:4ビジネス

2012年度 国内パソコン出荷概要

2013年05月09日■出荷台数は1.6%減の1505.7万台、2006年度以来6年振りの減少 ■個人市場は割安なタブレットに需要が流出し不振、法人更新需要は堅調 ■13年度は個人市場で苦戦続く見通し、法人は更新需要が牽引 出荷台数 1,505万7,000台前年度比 1.6%減 出荷金額 1兆4億円 前年度比 9.5%減MM総研(東京都港区、所長・中島洋)は5月9日、2012年度(12 年4月~13年3月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表した。それによると国内パソコン出荷台数は前年度比

2012年11月8日MM総研フィードバック数:5ビジネス

2012年度上期国内パソコン出荷概要

2012年11月08日■出荷台数は過去最高を更新も、低価格化が進行し金額は二ケタの減少 ■法人市場が拡大。リプレースが牽引 ■13年度以降は、タブレット・コンバーチブル型が市場成長の鍵を握る 出荷台数 747.3万台 前年同期比0.5%増 出荷金額 4,956億円 前年同期比14.7%減MM総研(東京都・港区、所長・中島洋)は11月8日、2012年度上期(4~9月)国内パソコン出荷状況の調査結果を発表した。それによると、国内のパソコン総出荷台数は前年同期比0.5%増の747.3万台(表)だった

2012年11月1日MM総研フィードバック数:34モバイル

2012年度上期国内携帯電話端末出荷概況

2012年11月01日■ 2012年度上期出荷台数は前年同期比1.0%増の2,049万台 ■ スマートフォン出荷台数は同41.6%増の1,422万台で、全体の69.4%占める ■ Appleが総市場とスマートフォン市場でシェア1位を獲得 ■ 2012年度通期は総出荷台数4,240万台、スマートフォン3,110万台と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は11月1日、2012年度上期(12年4月~9月)の国内携帯電話端末の出荷状況を調査した結果を発表した。総出荷台数は2,049万台で前

2012年5月14日MM総研★フィードバック数:1ビジネス

出荷台数で前年度比5.0%増、出荷金額で11.5%減とのことです。

2011年度国内パソコン出荷概要

2012年05月10日■出荷台数は5.0%増の1529.4万台、2年連続で過去最高を更新 ■出荷金額は二ケタの減少、市場でのコスト競争は激しさを増す ■12年度は法人更新需要が拡大、スマホ・タブレットとの相乗効果を期待 出荷台数 1,529万4,000台前年度比 5.0%増MM総研は5月10日、2011年度(11年4月~12年3月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表した。それによると国内パソコン出荷台数は前年度比5.0%増の1,529万4,000台となった。下半期にタイで発生した洪水の影

2012年5月9日MM総研★フィードバック数:73モバイル

携帯電話、スマートフォンの市場データです。

2011年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2012年05月09日■ 2011年度通期出荷台数は前年比13.5%増4,274万台 ■ 富士通が東芝との統合効果により初の首位獲得 ■ スマートフォン出荷台数は前年比2.8倍の2,417万台、総出荷台数の56.6%を占める ■ 2012年度は総出荷台数4,060万台(前年比5.0%減)と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は9日、2011年度通期(11年4月~12年3月)の国内携帯電話端末の出荷状況を調査して結果を発表した。総出荷台数は前年比13.5%増の4,274万台となった。

2010年11月4日MM総研フィードバック数:68モバイル

2010年度上期国内携帯電話端末出荷概況

2010年10月26日■2010年度上期は前年同期比12.3%増の1,913万台で回復基調 ■シャープが435万台で1位をキープ。富士通が2位に浮上 ■スマートフォン出荷台数は223万台。Appleが134万台(60.1%)で1位 ■2010年度通期は3,730万台(前年比8.3%増)と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は26日、2010年度上期(10年4月~10年9月)の国内携帯電話出荷状況を調査し、結果を発表した。総出荷台数は前年同期比12.3%増の1,913万台となった。2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ