「花粉対策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月31日資生堂フィードバック数:0ライフスタイル

「女性の“花粉の時期あるある”」に関する調査

春先の肌あれは…1日に約1万個※も直撃する花粉のせい!? <「女性の“花粉の時期あるある”」に関する調査を実施> 花粉に悩む女性の約3割が“ノーメーク”! さらに、『化粧が落ちて、いつも疲れ顔(79.1%)』 『肌あれや花粉症が原因でデートをドタキャン(24.3%)』、『ティッシュを鼻に詰めて仕事(61.2%)』など、花粉の時期における女性のツラい“あるある”が多数判明!~ 調査結果を受け、「d プログラム」では花粉対策メーク動画を1月23日(月)より公開 ~公式ブランドサイトURL:「d プロ

2016年8月25日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

こどものマスクに関する意識調査

ニュースリリース2016年8月22日8割以上の母親が、風邪対策としてお子様にマスクを着用して欲しいと回答 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、これからの秋以降、本格的に風邪や花粉シーズンを迎えるにあたり、小学生のお子様を持つお母様を対象にした「こどものマスクに関する意識調査」を実施しました。今回は、その調査結果の一部をご紹介します。◆「お子様が風邪の時」「風邪の流行期」など、風邪対策としてマスクを着用して欲しいと、8割以上が回答。◆お子様がマスクの着用に消極的な理由とし

2015年4月24日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

こどものマスク着用に関する調査

ニュースリリース2015年4月24日%の保護者が「お子様の風邪・花粉対策にマスクの着用が有効」と回答冬季シーズンの振り返りとして、こどものマスク着用に関する調査~5月5日“こどもの日”に先駆けて調査を実施~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業として、さまざまな世代に向けた商品やサービスをお届けしています。春を迎え、このほど風邪の流行や花粉の飛散ピークが過ぎたことから、5月5日の“こどもの日”に先駆けて、冬季シーズ

マスクについての調査です。

使い捨てマスクに関する6,900人アンケート

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「〜使い捨てマスクに関する6,900人アンケート〜使い捨てマスクの用途が多様化!風邪・インフルエンザや花粉対策に加え、寒さ対策や乾燥予防として利用する人が増加」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「〜使い捨てマスクに関する6,900人アンケート〜使い捨てマスクの用途が多様化!風邪・インフルエン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ