調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 花粉症シーズン

「花粉症シーズン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月3日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【15年1月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向

【15年1月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2015年2月03日 [火] 1月の急上昇キーワード:飲み会での胃腸の疲れが影響? 「消化器系のお薬」と、本格的なシーズン入り間近の「花粉症」関連の検索が増加【病院探しキーワード】12月まで上位を独占していた【インフルエンザ予防接種】関連のキーワードは姿を消し、【痔】がトップに。続いて、【大腸 内視鏡】、テレビCMが放映された【認知症】となった。また、本格的な花粉症シーズンの開始を前に、【花粉症】、【喘息】といった、アレルギー関連

2013年5月15日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【13年4月版】「お薬探しの“切り口”」

【13年4月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2013年5月10日 [金] 最も多くの人が調べたお薬は「ロキソニン」2013年の花粉症シーズンは「薬剤選択」に患者側の敏感度が増した徴候も3月のランキングで上位をにぎわせていた、花粉症治療のための抗アレルギー薬の検索が軒並み減少。4月に最も多く検索されたお薬は【ロキソニン】で、次いで【ムコスタ】【ムコダイン】となった。その他、上位ランキングで4月に検索数が大きく上昇したのは、循環器官用薬の【バイアスピリン】(10ランクアップ)、消化器官用

2013年3月30日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

「春の花粉症と肌」についてのアンケート

[] ■春の花粉の時期、肌質が変わる!?化粧品が合わなくなった人半数以上!「花粉症の時期、普段使用している化粧品が合わなくなったと思うことはありますか?」という問いに対して56%もの方が、化粧品が合わないと思ったことが「ある」「時々思う」という結果に。この時期、肌質が変化している人が多くみられます。そこで、「合わないと感じた際、どのように対処していますか?」とお伺いすると、「敏感肌用の化粧品に変える(20人)」が一位ですが、「普段使用しているものと同じものを使用(12人)」、「化粧品を使用するの

2012年9月10日QLifeフィードバック数:1ライフスタイル

【12年8月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【12年8月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2012年9月07日 [金] 2012年8月に最も検索されたお薬は「ロキソニン」秋の花粉症シーズンを前に抗アレルギー薬の検索も増加

2012年4月9日QLifeフィードバック数:1ライフスタイル

【12年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【12年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2012年4月06日 [金] 花粉症の本格シーズンだったことを反映して、抗アレルギー剤の検索数が軒並み急増当社が検索薬剤名上位50の発表を開始した2011年12月以来、4か月にわたってトップ4を独占していた【ロキソニン】【ムコダイン】【ムコスタ】【カロナール】に割って入る形で2位になったのが、抗アレルギー剤の【アレグラ】だ。その他にも、花粉症シーズンの本格化を反映する形で、多くの抗アレルギー剤の検索数が増加。順位がもっとも上がったのが、点眼

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ