調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 英会話教室

「英会話教室」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月3日NTTタウンページフィードバック数:0キャリアとスキル

【学習塾業界動向】2020年度大学入試制度改革で、変わる学習塾

【学習塾業界動向】2020年度大学入試制度改革で、変わる学習塾。2020年大学入試改革。変わる学習塾2016年3月25日、大学入試改革の制度設計を議論する文部科学省の専門家会議が最終報告を取りまとめました。それによると、大学入試センター試験に替わって、2020年度より導入予定の「大学入学希望者学力評価テスト」では、記述式問題で思考力や表現力が試されることになります。また、2016年8月1日には、次期学習指導要領の改訂案がまとまり、小学校での外国語活動に対してさらに時間をかけることとなりました。こ

2014年3月30日マインドシェアフィードバック数:0キャリアとスキル

「英語」必修は早期化の流れ 子供の英会話教育、どうしてる?

2011年度(平成23年度)から、全国の公立小学校の5・6年生で外国語活動として 「英語」が必修になりましたが、 16年度にはさらに前倒して3年生からに改定されるという報道もありました。そのようなこともあり、子どもの習い事のひとつとして候補に上がりやすくなったのが「英会話」。 ママたちに子どもの英語教育について実情を聞いてみました。『英会話、子どもに習わせている? 習わせたい?』1位 検討まではしていないが、習わせることに興味はある 50% 2位 現在のところ習わせる気はない 26% 3位 すで

子どもに海外留学をさせるかどうか、考えていますか?

2012/11/01子どもに海外留学をさせるかどうか、考えていますか?アンケート期間:2012/07/11~2012/07/12 回答者数:2,105人アンケート対象:本サイトメンバー 海外留学・ホームステイ経験がない幼児~大学生・大学院生の子どもをもつ保護者のかた※百分比(%)は小数点第2位を四捨五入して表示した。四捨五入の結果、各々の項目の数値の和が100%とならない場合がある社会のグローバル化が進んでいると言われる昨今。子どもには日本だけでなく、海外体験もしてほしいと感じる保護者もいらっし

2011年1月31日アイシェアフィードバック数:5キャリアとスキル

英語力と子どもの英語学習に関する意識調査

9割が予測!未来は「英語力必要の社会」に 英語力と子どもの英語学習に関する意識調査9割が予測!未来は「英語力必要の社会」に子どもの頃にもっと勉強しておきたかった教科1位は英語=65.5%英語を教える先生の数が十分ではない=85.7%2011年度より、小学校5・6年生で週1コマ“外国語活動”として英語学習が必修となる。また、2010年には株式会社ユニクロや楽天株式会社などの大手企業が英語の公用語化を発表するなど、英語力強化を制度として積極的に取り入れる動きが強くなってきた。このような状況の中、自身

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ