「英語学習」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月20日明光義塾フィードバック数:0社会/政治

子どもの英語学習に関する全国調査

みんなはいつからやっている? 子どもの英語教育2020年に改訂される新学習指導要領により、学校の英語教育は、2018年度より段階的に一部の学校の小学3年生から導入され、2020年には全国の学校で完全実施化されます。保護者世代の時と比べるとはるかに比重が大きくなっているため、どのように勉強をさせたらよいのか手探り状態にある家庭が多いのではないでしょうか。 今回は各家庭の英語教育事情について、メイコミュユーザー55名と一般の保護者(※)443名に聞きました。※一般的の保護者はネットリサーチ会社Fas

2017年5月4日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

春の英語学習に関するアンケート

いつでも突然起こりうる英語初体験 英語の悩みからは30代以降も逃げられない!? 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 文洋)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ ENGLISH』は、英語学習の悩みに答えるNews Letter Vol.5として、春の英語学習に関するアンケートの内容を報告します。 新生活での英語に関するホロ苦体験あり(519人)・年代内訳2人に1人は持つ、新生活での英語ホロ苦体験。 受験から遠のいたビジネス中堅30代

2017年3月11日バンダイ★フィードバック数:0キャリアとスキル

お子さまの英語学習に関する意識調査

2017 年 3 月 7 日バンダイこどもアンケートレポート Vol.234「お子さまの英語学習に関する意識調査」 結果TOPIC①: 幼稚園・保育園、小学校以外で英語を学んでいる子どもは約 5 人に 1 人英語を学ぶ方法 総合第 1 位「英会話教室(対面)」英語学習にかける月額費用の平均は 6,242 円TOPIC②: 英語を学び始める時期 総合第 1 位「小学 1 年生」、第 2 位「小学 5 年生」、第 3 位「3 歳」幼稚園、小学校に入園・入学したタイミングで学び始める人が多数幼少期は、

2017年3月3日DMM.com★フィードバック数:0キャリアとスキル

英語学習者に聞いた勉強方法アンケート DMM.com

英語学習者の40%が「洋画・海外ドラマ」を利用!~DMM英会話、「英語学習者に聞いた勉強方法アンケート」結果発表~ WEBを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(代表取締役:片桐孝憲、本社:東京都渋谷区恵比寿以下、DMM.com) で展開中の、手軽に楽しくマンツーマンで英語レッスンができるオンライン英会話サービス『DMM英会話』()は、「英語学習に関するアンケート」を実施しましたので、調査結果をお知らせいたします。 ■ 英語学習者の40%が「洋画・海外ドラマ」を利用!10~4

2017年1月13日MM.comフィードバック数:0キャリアとスキル

英語学習に関するアンケート

英語学習を挫折する理由、最も多い理由は「お金がかかるから」5人に1人が「2020年に向けて英語を頑張りたい」と回答~DMM英会話「新年半額キャンペーン」を1月2日(月)~15日(日)に開催!~ WEBを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(代表取締役:片桐孝憲、 本社:東京都渋谷区恵比寿以下、DMM.com) で展開中の、手軽に楽しくマンツーマンで英語レッスンができるオンライン英会話サービス『DMM英会話』()は、「英語学習に関するアンケート」を実施しましたので、調査結果をお

2016年11月9日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

社会人の英語学習に関するアンケート

社会人の10人に1人が1年以内に英語学習にトライ!拡がる、英語独習サービスの裾野 ~今秋、新講座「レベル7」(ビジネス対応レベル)をオープン~ 社会人の10人に1人が1年以内に英語学習にトライ!拡がる、英語独習サービスの裾野 ~今秋、新講座「レベル7」(ビジネス対応レベル)をオープン~ 2016年11月 2日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口文洋)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプ

RWJ第3回バイリンガルアンケート

[] バイリンガル・スペシャリスト人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は10月31日、英語を使って仕事をしている「バイリンガル・スペシャリスト」152人を対象としたアンケート結果を発表いたしました。今アンケートでは、外資系、日系グローバル企業で活躍する方々が、英語で業務を遂行するにあたり、どのような悩みを抱えているか、そしてその学習状況などを探りました。(実施期間:2016年8月29日~9月27日、対象:弊社御登録者)

2016年10月26日トライオンフィードバック数:0キャリアとスキル

英語に関する意識調査

報道関係者各位2016 年 10 月吉日トライオン株式会社“One Year English”プログラム 『TORAIZ』英語に関する意識調査を実施英語学習にお金をかけるのは若手社員、時間をかけるのは中堅社員!?英語ができる世代も、どの世代も英語の社内公用化には消極的“One Year English”プログラム 『TORAIZ』を運営するトライオン株式会社では、このたび会社で働く新卒 1 年目以降の男性・女性 400 人を対象に世代ごとの英語に関する意識調査を実施しました。その結果、若手社員の

2016年9月14日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

子どもの英語学習に関する実態調査

小学校の英語授業について、改訂内容を知っている母親は約3割 2020年がターゲット!『子どもの英語学習に関する実態調査』小学校の英語授業について、改訂内容を知っている母親は約3割小学1、2年生の母親の過半数が、「2020年に向けて対策をしたい」調査結果サマリー2020年から改訂される小学校の英語授業の内容を、知っている母親は約3割2020年から実施される新学習指導要領により、小学校での英語授業が大きく変わることを、その改訂内容も含めて知っている母親は29.6%でした※1。2020年から「小学5、

2016年4月12日イーオンフィードバック数:0社会/政治

小学校の英語教育に関する教員意識調査2016

ニュースリリース|インフォメーション|英会話スクール・教室ならAEON イーオン ニュースリリース2016.04.05イーオン、現役小学校教員を対象とした 「小学校の英語教育に関する教員意識調査2016」を実施 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、現役小学校教員を対象とした「小学校の英語教育に関する教員意識調査2016」を実施しました。 本アンケートは、イーオンが今年初めて開催した「小学校教員向け英語指導法セミナー」にご参加いただ

『身近に感じる国際化』に関する意識調査

[] 留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷2-15-1 以下、EF)の研究機関、EF総合教育研究所は、2016年2月16日(火)~19日(金)の4日間を利用し『身近に感じる国際化』への意識調査を実施しました。本調査は、海外留学のEFが所有する公式twitterのアカウント(https://twitter.com/efjapan)のフォロワーを

小学生の英語学習に関する調査

調査・研究データ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 この調査について本調査は、2011年度から小学5年生、6年生に導入された「外国語活動」の成果と課題や、保護者の英語や外国に対する意識や英語の学習観を明らかにすることを目的に、全国の小学5年生、6年生とその保護者1,565組を対象に2015年3月に実施しました。 調査概要【調査テーマ】小学生の英語学習の実態と意識保護者の英語教育に対する期待、英語や外国に対する意識や英語の学習観【調査方法】郵送法による質問紙調査【調

留学経験者の実態調査

[イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社] ,英語 留学 オリンピック 英語学習 海外留学 語学留学 2020 東京五輪 リオ五輪

経理職が英語力を身につけると年収が上がるのか?

経理職が英語力を身につけると年収が上がるのか?【鼎談】経理パーソンを対象に行ったアンケート結果をもとに英語学習や経理職のキャリアについて語る ビジネスシーンでの英語スキルの需要がますます高まっている昨今。社会人の英語勉強法や、英会話スクールは世の中に数多くありますが、経理という専門職に役に立つ英語力を身につけるために試行錯誤されている方も多いのではないでしょうか。経理パーソンを対象に行ったアンケート結果をもとに、英語学習・経理実務・経理職のキャリアに詳しい三氏が"経理職の英語力と年収の関係"、

2015年5月26日プレジデント社★フィードバック数:0キャリアとスキル

分野別のランキングです。

「最高の英語テキスト・英会話学校ランキング」2015

プレジデント編集部では英語学習をしているビジネスマンにアンケートを実施。その回答から、英語上達に役立った教材などを割り出し、ランキングデータ化。実際にテストでスコアアップした人、会話が上達した人たちが「使える」と太鼓判を押した教材などを、リアルな声から掲載する。これから英語を学ぼうとする人はもちろん、伸び悩んでいる人もぜひ参考にしてほしい。スコアアップには『公式問題集』が◎現在、日本の企業は各自の英語力評価の指針としてTOEIC点数を基準としている。そのため、回答者の76.3%が、TOEICのス

子どもたちの未来を豊かにする英語教育とは?-『中高生の英語学習に関する実態調査2014』から考える課題と指導実践のあり方-

第2回 研究会レポート上智大学・ベネッセ英語教育シンポジウム2014(報告)子どもたちの未来を豊かにする英語教育とは?−『中高生の英語学習に関する実態調査2014』から考える課題と指導実践のあり方− 12月7日(日)に上智大学・ベネッセ英語教育シンポジウムを開催しました。今回で8回目となるシンポジウムは「子どもたちの未来を豊かにする英語教育とは?-『中高生の英語学習に関する実態調査2014』から考える課題と指導実践のあり方-」というテーマで行いました。240名を超えるたくさんの方にご参加いただき

2015年3月5日イーオン★フィードバック数:0キャリアとスキル

イーオンの調査です。

子どもの英語学習に関する意識調査2015

ニュースリリース|インフォメーション|英会話スクール・教室ならAEON イーオン ニュースリリース2015.03.05イーオンは、イーオンキッズ保護者を対象とした「子どもの英語学習に関する意識調査2015」を実施〜小学校の英語教育、「早期化」には約9割、「5〜6年時の教科化」には約6割の保護者が肯定的〜 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、全国のイーオンキッズに通う小学生以下のお子様の保護者598名を対象に、「子どもの英語学習に関

第60回 英語を好きになることが「グローバル化」に対応することの近道─「中高生の英語学習に関する実態調査2014」より

ベネッセのオピニオン第60回 英語を好きになることが「グローバル化」に対応することの近道 ─「中高生の英語学習に関する実態調査2014」より2014年12月01日 掲載 ベネッセ教育総合研究所 グローバル教育研究室 研究員 福本 優美子  11月20日開催の中央教育審議会では、下村文部科学大臣から次期学習指導要領の全面改訂について諮問されたが、英語教育改革はその中でも大きな検討事項の一つである。小学校中学年への外国語活動の導入、高学年の教科化、中学校・高等学校における英語教育の高度化、大学入試の

英語についての調査です。

中高生の英語学習に関する実態調査2014

2014 年 11 月 28 日株式会社ベネッセホールディングス代表取締役会長兼社長原田 泳幸中高生の英語学習に関する実態調査 20149 割の中高生が社会での英語の必要性は感じるが、5 割弱が、将来、自分が英語を使うことはないと予想授業、予習・復習とも、「和訳と暗記」が中心で、「英語で自分の考えを書く・話す」機会は少ない株式会社ベネッセホールディングス(本社:岡山市、以下ベネッセ)の社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」では、2014 年 3 月に、全国の中高生を対象に、英語学習の実態と意

2014年10月26日プレジデント社フィードバック数:0キャリアとスキル

リアル&オンライン英会話教室 実力比較ランキング【リアル編】

通学型の「リアル」。主流となりつつある「オンライン」利用型。あなたの目標を確実に達成へと導く英会話学校は、どちらのタイプか――。自由に話すだけの学校や講師はダメいまやビジネスマンにとって「英語ができる」「できない」は、死活問題。そのため、勤務前後にせっせと英会話学校へ通ったり、TOEIC試験に向け、自宅で独習を重ねる人も多い。しかし、英会話学校を利用し学習をはじめたものの、「挫折した」「レベルアップしなかった」「経済的に継続が厳しい」という声も多く、英語習得へのジレンマがあるのも事実のようだ。そ

2014年9月12日SkimaTalkフィードバック数:0キャリアとスキル

オンライン英会話サービスに関する調査

[] 世界中からネイティブの先生を探せるオンライン英会話サイトを開発・運営するSkimaTalk, Inc.では、次の調査要綱にてオンライン英会話サービスに関する調査を実施いたしました。1.調査期間: 2014年8月15日(金)~8月31日(日)2.調査対象: 10代~50代の全国の英語学習者3.調査方法: WEBによるアンケート調査[概要]回答者の4分の1以上がスマートフォンまたはタブレットPCを利用して、オンライン英会話を受講している、また受講することを希望している。英会話のレッスンを受けた

「生徒の英語力向上」のために今、必要なものとは(1)~第1回中学校英語に関する基本調査(2008)から考える~

研究室トピックス【英語】「生徒の英語力向上」のために今、必要なものとは①~第1回中学校英語に関する基本調査(2008)から考える~2014年09月03日 掲載グローバル教育研究室 研究員 福本 優美子 小学校英語の教科化や大学入試の4技能化の検討など、動きの活発な英語教育ですが、文部科学省が発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」(2013)では、「小・中・高の各段階を通じて英語教育を充実し、生徒の英語力を向上」させることを目指すとしています。文部科学省が先頭に立って体制を整備して

2014年7月30日MMDLabo★フィードバック数:0キャリアとスキル

英語学習についての調査です。

オンライン英会話に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > オンライン英会話の認知度は約2割、約5割が今後普及すると予測 オンライン英会話の認知度は約2割、約5割が今後普及すると予測 MMD研究所は、2014年7月14日~7月18日にかけて、20代から50代の男女562人を対象に「オンライン英会話に関する調査」を実施しました。 今回は調査結果に加え、オンライン英会話サービスを利用する際の参考に、認

2014年3月19日マーシュ★フィードバック数:0キャリアとスキル

英語を中心とした語学についての調査です。

外国語学習に関するアンケート

外国語学習に関するアンケート調査 ・属性(性別、年代、居住地、職業、個人年収)・外国語学習への興味・関心有無(単一回答)【外国語学習に興味がある人】・興味のある外国語(複数回答)・過去に学習経験のある外国語(学校の授業は除く)(複数回答)・現在勉強中の外国語(複数回答)【「英語」を勉強中の人】・英語学習の目標設定(単一回答)・英語学習のきっかけ(複数回答)・英語学習の方法(複数回答)・英語学習のモチベーション維持のために心がけていること(自由回答) 【性別】 男性:50.0%、女性:50.0%【

2013年8月28日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム 英語教育(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ英語力の必要性を感じる人は6割弱。自主的に「現在英語を学習している」は全体の8.3%、10代では5割、30代以上では1割以下。「以前学習していたが、現在は学習していない」は4割弱。「学習したことはない」は半数強 英語を学習している理由の上位は、「自己啓発、習い事として」「海外旅行に行く」「仕事で必要になった」など 英語学習者の、英語学習方法は「参考書」の他、「英語の書籍や新聞・雑誌を読む」「テレビの英語講座」「ラジオの英語講座」「英語の映画

2013年6月23日レアジョブフィードバック数:0ライフスタイル

子どもの英語学習に関する意識調査

株式会社レアジョブのプレスリリース/広報・PR情報【レアジョブ調査】将来、子どもがグローバルに活躍してほしいと思う保護者、83.8%!TOEFL等の外部試験を大学入試に導入することについて「賛成派」約4割!【レアジョブ調査】将来、子どもがグローバルに活躍してほしいと思う保護者、83.8%!TOEFL等の外部試験を大学入試に導入することについて「賛成派」約4割!オンライン英会話「レアジョブ」を運営する株式会社レアジョブは、子どもの英語学習に関する意識調査を小学生から高校生の子ども持ち、大学受験をさ

2013年6月6日ジャストシステムフィードバック数:2ライフスタイル要登録

子どもの英語学習についての意識調査

スマートフォンやタブレットは英語教育に役に立つと、約5割が回答子どもの英語学習についての意識調査小学校における英語の正式教科化に、7割以上が賛成調査結果サマリー子どもの英語学習者の7割以上が、英会話教室に通う。月額費用は5,000円~1万円未満。セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、英語の学習方法について聞いたところ、73.9 %の人が「英会話教室」と回答し、次いで「DVDやカードなどがセットになった有料の教材セット」( 22.3 %)、「CD やDVD などを利用した音声によるリスニン

2013年3月28日セレゴ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年度 新年に立てた目標進捗調査

「2013年度 新年に立てた目標進捗調査」を発表「いつやるか?今でしょ!」大ブレイクの中、新年に立てた目標は実行されているか? 「目標通り行動できていない」が、全目標項目で60%を越える。最も「目標通り行動できていない」のは「英語」で約80%、「いつやるか?」に「今すぐに」が約30% 「2013年度 新年に立てた目標進捗調査」新生活が始まる4月、新年と同様に今年の目標を立てる人が増えるシーズン。 そのような中、新年からはや3ヶ月。目標を立てた人達が実際に目標を進めているかを調査しました。約60%

2013年1月10日セレゴ・ジャパン★フィードバック数:53キャリアとスキル

受験生のためのデータです。

間違いやすいセンター試験頻出英単語・トップ100

1月19日のセンター試験直前、受験生に役立つ英単語に関する調査「間違いやすいセンター試験頻出英単語・トップ100」を発表~1位にimplication(意味あい、暗示するもの)、2位crucial(非常に重要な)がランクイン~ センター試験の英語テスト対策を目的に「iKnow!」を利用するユーザーの学習データを分析し、「間違いやすいセンター試験頻出英単語・トップ100」を発表いたしました。調査概要調査対象:100万人以上のiKnowユーザーの中から、「センター試験頻出英単語Step1~Step1

英語、および英語学習の意識調査

「英語、および英語学習の意識調査」結果発表 ~現在は英語を必...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「英語、および英語学習の意識調査」結果発表~現在は英語を必要としてはいなくとも、 “今後英語の重要性が高まる”と7割近くが回答~ 日本で初めてSkype(スカイプ)を使ったオンライン英会話サービスを開始し、これまで1万人以上の英語学習者と、継続的に学習カウンセリングを実施してきた株式会社イーコミュニケーション(本社:東京都新宿区、代表:成田 勝行)は、ポータルサイトg

2011年1月31日アイシェアフィードバック数:5キャリアとスキル

英語力と子どもの英語学習に関する意識調査

9割が予測!未来は「英語力必要の社会」に 英語力と子どもの英語学習に関する意識調査9割が予測!未来は「英語力必要の社会」に子どもの頃にもっと勉強しておきたかった教科1位は英語=65.5%英語を教える先生の数が十分ではない=85.7%2011年度より、小学校5・6年生で週1コマ“外国語活動”として英語学習が必修となる。また、2010年には株式会社ユニクロや楽天株式会社などの大手企業が英語の公用語化を発表するなど、英語力強化を制度として積極的に取り入れる動きが強くなってきた。このような状況の中、自身

2010年6月8日日経BPフィードバック数:0キャリアとスキル

4割強が英語学習にパソコンを利用:PC Onlineアンケート

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。 今や英語はビジネスに必須。効率のよい学習のためにパソコンは力強い味方だ。ネットには英語学習に役立つコンテンツが限りなくある。PC Online読者がパソコンというツールを味方につけ、英語学習にどう取り組んでいるのか、アンケートに答えてもらった。4割強がパソコンを利用して勉強していることが分かった。64%が「話す・読む」を目標に学習 最初の設問は「英語学習の目標」。仕事に必要で学ぶ人が多いだろうと、仕事で英語を使うシーンをいくつか想定して選択肢

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ