「落ち込み」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月16日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほのレポートです。

需給動向レポート(2015年6月)(1)産業総合 ~消費増税後の落ち込みから緩やかな改善基調が継続~

需給動向レポート(2015年6月)(1)産業総合 ~消費増税後の落ち込みから緩やかな改善基調が継続~

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み

米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-1-3月期の落ち込みから15年の成長率は14年を下回る見込み 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は、1‐3月期が予想外のマイナス成長となった。景気低迷の主な要因は悪天候や西海岸の港湾スト等の一時的な要因

2015年5月28日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度) 印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度)2月の売上高は△3.6%と駆け込み需要の反動減で沈んだ2014年4月以来の大きな落ち込み幅になった。印刷経営を巡る状況は予断を許さないが、統一地方選を控えていることなどもあり、仕事に関しては数字の落ち込みほどの悲壮感はない。地域別に見ると、首都圏と名古屋圏の回復傾向が顕著だ。一方、大阪圏と近畿・四国・中国は前年を割り込み続け、むしろ状況が悪化している。印刷

2014~2016年度 東海経済見通し

2014年12月25日○東海経済は消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然低い水準で推移しているが、生産など企業部門の活動には、持ち直しの動きがみられる。設備投資は、全国と比べて強めの動きとなっている。○14年度の東海の実質域内総生産(GRP)は、消費税率引き上げ前の駆

2014~2016年度 関西経済見通し

【プレスリリース】 2014~2016年度 関西経済見通し~14年度の落ち込みの後、再び緩やかな回復へ~ 2014年12月19日○関西経済は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び緩やかな回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然弱い動きが目立つ状況であるが、輸出や生産など企業部門の活動は、持ち直しの動きが続

2014/2015年度経済見通し(2014年12月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年12月)(2次QE反映後)~景気は底打ち後、緩やかな回復ペースに転じる~ 2014年12月09日○8日に発表された2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.5%(年率-1.9%)と1次速報の同-0.4%(年率換算-1.6%)から下方修正された。修正幅は小さく、消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかからず、7~9月期までは景気は弱含んだ状態にあったとの評価に変更はない。消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いて

2014年10月23日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年5月度)

HOME研究調査レポートマーケティング印刷業定点調査 各地の声(2014年5月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年5月度)2014年5月の売上高は△2.6%と増税後2カ月連続のマイナス。4月の△6.8%に比べてマイナス幅は縮小した。地域別には、名古屋圏をけん引役として中日本が早くも回復した。大阪圏も名古屋圏ほどの力強さではないが、回復傾向が見られる。 東日本は依然として落ち込み幅が大きい。首都圏は全国平均を下回るだけでなく、首都圏以北は10%以上の大幅な落ち込みである。業種・業態別には、商

2014年4~6月期のGDP(2次速報)結果

本日発表された2014年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-1.8%(年率-7.1%)と1次速報の同-1.7%(年率換算-6.8%)から小幅下方修正された。名目成長率も、同-0.1%(年率-0.4%)から同-0.2%(年率-0.7%)に下方修正され、GDPデフレーターは前年同期比+2.0%から変更はなかった。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比-5.0%から同-5.1%へ、住宅投資も同+10.3%から同-10.4%へ小幅下方修正された。設備投資は、1次速

グラフで見る景気予報(2014年9月)

2014/09/02 【今月の景気判断】景気は弱含んでいる。反動減によって大きく落ち込んだ個人消費に持ち直しの動きがみられ、賃金も持ち直しつつある。しかし、輸出が弱含んでいるうえ、設備投資が一時的に減少するなど、一部に弱い動きが広がっている。また、内外需の低迷によって生産が弱含んでおり、積み上がっている在庫が先行きの生産を抑制する懸念があるほか、雇用情勢の改善の動きにも、このところ足踏みがみられる。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転じること、2013年度補正予算の執行が本格化してくること、

貿易統計14年7月~米国向け自動車輸出の落ち込みが続く

貿易統計14年7月~米国向け自動車輸出の落ち込みが続く | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年7月~米国向け自動車輸出の落ち込みが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は市場予想を大きく上回る・米国向け自動車輸出の減少が続く財務省が8月20日に公表した貿易統計によると、14年7月の貿易収支は▲9,640億円の赤字と

2014年8月19日日経リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

「世界暮らし向きDI」2014年7月調査

タイと英国の好調さ目立つ 米露は下落するも、各国上昇基調日経リサーチの「世界暮らし向きDI」2014年7月調査結果より 2014.08.07  株式会社日経リサーチがアジアを中心とした世界各国の生活実態を探る「世界暮らし向きDI」調査の最新結果(2014年7月実施)がまとまりました。この調査は米国、英国、中国、インド、マレーシア、タイ、ブラジル、ロシアの8カ国に、前回から日本を加えた計9カ国に住む20~59歳の男女各国約200人ずつにインターネットを通じて生活実感を尋ねるもので、現在と3カ月後の

2014年4~6月期のGDP(1次速報)結果

本日公表された2014年4~6月期の実質GDP成長率は、消費税率引き上げの影響を受けて、前期比-1.7%(年率換算-6.8%)と大きく落ち込んだ。落ち込み幅は、前回消費税が引き上げられた直後の1997年4~6月期の同-0.9%(同-3.5%)を上回った。消費税率の引き上げの影響を最も強く受けたのが家計部門である。個人消費は前期比-5.0%と、駆け込み需要で盛り上がった1~3月期の同+2.0%から一転して大幅なマイナスとなり、マイナス幅は1997年4~6月期の同-3.5%を大きく越えた。反動減によ

2014年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~増税後の景気の落ち込みの大きさを再確認~

2014年4-6月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~増税後の景気の落ち込みの大きさを再確認~

グラフで見る景気予報(2014年8月)

2014/08/04 【今月の景気判断】景気は弱含んでいる。反動減によって大きく落ち込んだ個人消費に持ち直しの動きがみられ、賃金も雇用情勢の改善を受けて持ち直しつつある。しかし、輸出が弱含んでいるうえ、設備投資が一時的に減少する可能性があるなど、一部に弱い動きが広がっている。また、内外需の低迷によって生産が弱含んでおり、積み上がっている在庫が先行きの生産を抑制する懸念がある。雇用情勢も、足元で持ち直しが一服している。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転じ、2013年度補正予算の執行が本格化し

2014年8月8日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年4月度)

本記事は、アーカイブに保存されている過去の記事です。最新の情報は、公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)サイトをご確認ください。 印刷業定点調査 各地の声(2014年4月度) 2014年4月の売上高は△6.5%と4カ月ぶりの大幅マイナスになった。リーマン・ショック直後の2009年10月以来の落ち込み幅である。 地域別には、全地域でマイナスになった。北海道・東北・関東と名古屋圏以外の全地域で5%以上の落ち込みである。 業種・業態別には、出版印刷が10%以上の落ち込みだ。定期刊行物以外のペ

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

「想定内」は本当か

「想定内」は本当か 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月に消費税率が引き上げられてから、新聞、雑誌等で「想定内」という言葉を目にする機会が格段に増えている。たとえば、「今のところ企業からは、増税後の販売の落ちこみは想定内に収まっているとの声が多い。」(日本経済新聞2014/5/1)、「販売で見ても自動車は、4月の実績が前年同月

2014年4~6月期のGDP(1次速報)予測

2014年07月31日8月13日に公表予定の2014年4~6月期の実質GDP成長率は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動減によって前期比-2.4%(年率換算-9.2%)と大きく落ち込んだと見込まれる。個人消費は、駆け込み需要の反動減に、実質賃金の減少による落ち込みも加わって急減した可能性がある。設備投資も、1~3月期の急増の反動に加え、増税後の業績改善の一服や企業の設備投資姿勢の慎重化により、大幅な減少に転じたと考えられる。このため、公需はプラスを維持したものの、内需の寄与度は前期比-3.3

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候などによる落ち込みの反動で高成長(14年4-6月期実質GDP:速報) ~国内需要の強さを示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調~

米国 悪天候などによる落ち込みの反動で高成長(14年4-6月期実質GDP:速報) ~国内需要の強さを示す実質国内最終需要は緩やかな拡大基調~

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国GDP成長率は予想を上回る反動増

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国GDP成長率は予想を上回る反動増2014年4-6月の実質GDP成長率は悪天候での落ち込みから4.0%増へ 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年4-6月の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で4.0%増と、1-3月期のマイナス成長から、予想を上回るプラス成長に転換した。1-3月期のマイナス成長は悪天候や在庫調整などの一時的要因による落ち込み

2014年7月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP(1次速報)予測 ~前期比年率▲6.8%と大幅な落ち込みに~

2014年4-6月期GDP(1次速報)予測 ~前期比年率▲6.8%と大幅な落ち込みに~

グラフで見る景気予報(2014年7月)

2014/07/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費が、反動によって大きく落ち込んでおり、景気下押し圧力が一時的に強まっている。しかし、雇用情勢が緩やかに改善していることを受けて賃金が持ち直しつつあり、個人消費の深刻な悪化は回避されよう。設備投資が緩やかに増加していることや、2013年度補正予算の執行が本格化してくることから、景気が後退局面に入ることはないであろう。さらに、足元で弱含んでいる輸出が、世界経済の回復を背景に持

消費税増税の影響についてのコラムです。

「想定内」は本当か

「想定内」は本当か 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月に消費税率が引き上げられてから、新聞、雑誌等で「想定内」という言葉を目にする機会が格段に増えている。たとえば、「今のところ企業からは、増税後の販売の落ちこみは想定内に収まっているとの声が多い。」(日本経済新聞2014/5/1)、「販売で見ても自動車は、4月の実績が前年同月

2014年1~3月期のGDP(2次速報)結果

本日発表された2014年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.6%(年率+6.7%)と1次速報値の同+1.5%(年率換算+5.9%)から上方修正された。名目成長率も、同+1.2%(年率+5.1%)から同+1.4%(年率+5.7%)に上方修正され、GDPデフレーターは前年同期比横ばいから同-0.1%に小幅下方修正された。一方、2013年度の実質GDP成長率は前年比+2.3%のまま据え置かれた。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は非耐久財やサービスへの支出が上方

けいざい早わかり 2014年度第4号:消費税率引上げ後の個人消費

Q1.増税後の個人消費の落ち込みは「想定内」ということですが Q2.賃金が上がって増税の影響は緩和されますか? Q3.消費者のマインドも持ち直していますね Q4.今後、個人消費は持ち直していくのでしょうか?

グラフで見る景気予報(2014年6月)

2014/06/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費が、反動によって大きく落ち込んでおり、景気下押し圧力が一時的に強まっている。しかし、雇用情勢が緩やかに改善してきたことを受けて賃金が下げ止まっており、個人消費の深刻な悪化は回避されよう。設備投資が緩やかに増加していることや、2013年度補正予算の執行が本格化してくることから、景気が後退局面に入ることはないであろう。さらに、足元では横ばいにとどまっている輸出が、世界経済の回

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年4月) ~駆け込みの反動から減少も、落ち込み幅は想定の範囲内にとどまる~

新車販売台数(2014年4月) ~駆け込みの反動から減少も、落ち込み幅は想定の範囲内にとどまる~

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

百貨店販売から見た4月の反動減の動向 ~前回並みの反動減。落ち込み幅は想定の範囲内~

百貨店販売から見た4月の反動減の動向 ~前回並みの反動減。落ち込み幅は想定の範囲内~

グラフで見る景気予報(2014年4月)

2014/04/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。経済対策の効果により公共投資が増加傾向にあり、回復が遅れていた設備投資も緩やかに持ち直してきた。個人消費は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって増加した後、反動によって大きく落ち込むと予想されるが、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることから、落ち込みは一時的にとどまると見込まれる。このため、足元では横ばいにとどまっている輸出が、世界経済の回復を背景に持ち直しに向かうこともあって、景気が後退局面に入ることは回

2013年10~12月期のGDP(2次速報)結果

本日発表された2013年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+0.2%(年率+0.7%)と1次速報値の同+0.3%(年率換算+1.0%)から若干下方修正された。名目成長率も、同+0.4%(年率+1.6%)から同+0.3%(年率+1.2%)に下方修正となった。なお、GDPデフレーターは、前年同期比-0.4%から同-0.3%と、小幅上方修正された。同時に2013年1~3月期も前期比+1.1%、7~9月期も同+0.2%へ、それぞれ0.1%ポイント下方修正され、2013年暦年の結果も1次

鉱工業指数の基準改定~基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か

鉱工業指数の基準改定~基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か | ニッセイ基礎研究所 鉱工業指数の基準改定~基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・鉱工業指数は2005年基準から2010年基準へ・基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か・今回の公表方法には問題も経済産業省は6

2013年4月23日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

近年のオランダの貿易動向について

今週の指標 No.1066 近年のオランダの貿易動向についてポイント2013年4月22日オランダは、輸出依存度が約80%、輸入依存度が約75%にのぼる貿易立国である。特に、ユーロ圏外から輸入し、ユーロ圏内へ再輸出する中継貿易が活発であり、ユーロ圏内外をつなぐ結節点となっている。そのため、同国の貿易動向を見ることは、オランダのみならずユーロ圏の経済情勢のバロメーターとしても有用である。オランダの貿易は欧州政府債務危機の影響により、輸出入ともに11年後半から伸びが鈍化している。13年2月のオランダの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ