「著作権法」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月19日e-onkyo musicフィードバック数:0エンタテインメント

2017年 もっとも聴かれたランキングTOP100

© Onkyo & Pioneer Innovations Corporation All Rights Reserved.※表示金額は税込価格になります。 私的利用の範囲を超えた音源データの複製やアップロード等は、著作権法により規制されております。

2017年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アメリカ経済グラフポケット(2017年11月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2017年11月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2017年11月号)2017年11月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー・GDP・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総

2017年7月19日e-onkyo musicフィードバック数:0デジタル家電

上半期TOP100ランキング

© Onkyo & Pioneer Innovations Corporation All Rights Reserved.※表示金額は税込価格になります。 私的利用の範囲を超えた音源データの複製やアップロード等は、著作権法により規制されております。

2016年7月30日e-onkyo musicフィードバック数:0エンタテインメント

2016年上半期 もっとも聴かれたランキングTOP100

© Onkyo & Pioneer Innovations Corporation All Rights Reserved.※表示金額は税込価格になります。 私的利用の範囲を超えた音源データの複製やアップロード等は、著作権法により規制されております。

2016年2月11日四国新聞社フィードバック数:0社会/政治

アンケートでみるうどん県民の「素顔」(2)<食>編=うどん(下)

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.

2016年2月4日四国新聞社フィードバック数:0社会/政治

アンケートでみるうどん県民の「素顔」(1)<食>編=うどん(上)

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.

2016年1月12日e-onkyo musicフィードバック数:0エンタテインメント

2015年 もっとも聴かれたアルバム&シングル・ランキング

Copyright © 2018 ONKYO CORPORATION Japan. All Rights Reserved.※表示金額は税込価格になります。 私的利用の範囲を超えた音源データの複製やアップロード等は、著作権法により規制されております。

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月貿易統計 ここから本文です5月貿易統計回復・拡大傾向が一服サマリー◆2015年5月の貿易統計では、輸出金額は前年比+2.4%と9ヶ月連続の増加となった。しかし増加率は前月(同+8.0%)から大きく低下しており、市場コンセンサス(同+3.0%)を下回った。輸入金額は同▲8.7%と5ヶ月連続の減少となったが、5月には赤字になりやすい季節性もあり貿易収支は▲2,160億円と、2ヶ月連続の赤字であった。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見ると、輸出数量が前年比▲

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年6月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2015年6月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2015年6月号)2015年6月8日発表分までの主要経済指標サマリーGDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 反動増は起きているが

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 反動増は起きているが ここから本文です米国経済見通し 反動増は起きているが悪天候などの一時的要因からの回復はまちまちサマリー◆4月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、想定通り、事実上のゼロ金利政策が維持された。声明文と同会合の議事録からは、FOMC参加者は、1-3月期の経済の軟調さを認め、先行きの不透明感が増したことを懸念している。◆FOMC議事録では、やや長期的なドル高や原油安の影響について、輸出が抑制されることや、エネルギー関連産業での投資

2015年5月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年5月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2015年5月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2015年5月号)2015年5月11日発表分までの主要経済指標サマリーGDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には

2015年4月14日鳥取環境大学フィードバック数:0社会/政治

2014年度 地域イノベーション研究

論文の複製(プリントアウト、ダウンロード等)は、個人の調査、研究、及び教育、学習を目的とする場合に限る。 論文を引用する場合は、著作権及び情報の発生源を明示すること。 論文の標題及び内容を改変しないこと。 著作権法の規定を遵守すること2014年度 地域イノベ-ション研究 全ページダウンロ-ドはこちら(3,630KB) 目次(内容はPDFファイルとなっております)(2014年度 地域イノベ-ション研究センタ-事業報告書)

2015年4月13日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2月機械受注 ここから本文です2月機械受注前月比減少も市場コンセンサスを上回るサマリー◆2015年2月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲0.4%となったものの、市場コンセンサス(同▲2.2%)を上回った。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+0.9%と2ヶ月ぶりに増加した。企業収益の改善を背景に緩やかな増加傾向での推移が続いている。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲3.6%と4ヶ月ぶりに減少した。ただ

2015年3月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本2月鉱工業生産 ここから本文です2月鉱工業生産コンセンサス比下振れ、計画は一進一退ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2015年2月の生産指数は、前月比▲3.4%と3ヶ月ぶりの低下となった。ヘッドラインは市場コンセンサス(同▲1.8%)を下回り、内訳を見ても幅広い業種で生産が減少するネガティブな内容であった。◆生産と連動性の高い輸出数量は、中華圏の春節の影響により1月に大幅に増加した後、2月に急減しており、こうした動きが

2015年3月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年1月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本1月機械受注 ここから本文です1月機械受注前月比減少も持ち直しの動きは継続サマリー◆2015年1月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲1.7%となったものの、市場コンセンサス(同▲4.0%)は上回った。前月の増加幅に比べると、減少幅は限定的であり、均してみると機械受注は持ち直しの動きを続けている。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比▲11.3%と2ヶ月ぶりに減少した。ただし、3ヶ月移動平均値で見ると、2ヶ月

2014年12月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本10月機械受注 ここから本文です10月機械受注5ヶ月ぶりの減少も、均せば上向きの動きが続くサマリー◆2014年10月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲6.4%となり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を下回る結果となった。5ヶ月ぶりの減少となったものの、均せば方向感としては上向いており、機械受注は持ち直しの動きを続けているという当社の判断に修正を迫るほどではない。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比▲5.5

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は大幅に増加

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は大幅に増加 ここから本文です米雇用者数は大幅に増加2014年11月の米雇用統計:インフレ率を押し上げるほどではないサマリー◆11月の非農業部門雇用者数は前月から32.1万人増加し、失業率は前月と同じ5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を大幅に上回り、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。◆業種別の雇用動向は、サービス業では、主に企業向けサービスと小売で雇用が増えた。非耐久財製造業など、これまで雇用が伸

2014年11月13日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本9月機械受注 ここから本文です9月機械受注製造業・非製造業とも堅調な結果サマリー◆2014年9月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+2.9%となり、市場コンセンサス(同▲1.0%)を大幅に上回る結果となった。4ヶ月連続の増加であり、機械受注は増加傾向となっている。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+12.0%と2ヶ月ぶりに増加した。内訳をみても幅広い業種で増加しており、良好な結果であったと言える。非製造業

2014年10月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年10月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年10月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年10月号)2014年10月6日発表分までの主要経済指標サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行

2014年8月15日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年6月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本6月機械受注 ここから本文です6月機械受注増加幅は限定的だが、先行きは緩やかな回復へサマリー◆2014年6月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+8.8%と3ヶ月ぶりに増加したものの、市場コンセンサス(同+15.3%)を下回った。4月(同▲9.1%)、5月(同▲19.5%)の落ち込みに照らすと、増加幅は限定的であり、機械受注は弱含みでの動きとなっている。◆製造業は前月比+6.7%と、3ヶ月ぶりに増加した。非製造業

2014年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本5月機械受注 ここから本文です5月機械受注市場予想を大幅に下回るネガティブな内容サマリー◆2014年5月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲19.5%と2ヶ月連続で減少した。市場コンセンサス(同+0.7%)を大幅に下回っており、ネガティブな内容であった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲18.6%と、2ヶ月連続で減少した。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲17.8%と3ヶ月ぶりに減少に転じた。外需は

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年6月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年6月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年6月号)2014年6月9日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年4月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年3月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本3月鉱工業生産 ここから本文です3月鉱工業生産生産は一旦減速ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年3月の生産指数は、前月比+0.3%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+0.5%)を下回った。大雪の影響があった2月の減少に鑑みると3月の増加幅は小幅に留まっており、生産は増加傾向が続くものの、そのペースは減速している。なお、出荷指数は同▲1.2%と2ヶ月連続で低下し、在庫指数が同+1.8%と

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年4月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年4月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年4月号)2014年4月15日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(3)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題③ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題③波及経路Ⅱ:イールドカーブの押し下げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第三弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、イールドカーブの押し下げ効果について分析する。◆イールドカーブの押し下げには、量的・質的金融緩和による大規模な国債購入が影響し、大きな成

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年3月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年3月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年3月号)2014年3月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年2月)解説資料

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2014年2月)解説資料 ここから本文です日本経済中期予測(2014年2月)解説資料牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度サマリーこのコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩

2014年2月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本12月機械受注 ここから本文です12月機械受注製造業、非製造業とも大幅減で市場予想を下回るサマリー◆2013年12月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲15.7%と3ヶ月ぶりに減少し、市場コンセンサス(同▲4.0%)を大幅に下回る結果となった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲17.3%と2ヶ月ぶりに減少した。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲17.2%と3ヶ月ぶりに減少した。◆外需は前月比+8.6

2014年2月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)2014年2月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年P2Pファイル共有ソフト利用状況調査

情報漏えい対策・調査の会社ネットエージェントP2Pファイル共有ソフト利用による脅威は終わっていない!?中堅のベテラン社員から管理職にあたる年齢が今も利用?今もなお、定期的な利用者が15万~20万人ネットエージェント株式会社では、2013~2014年の年末年始期間における、代表的なP2Pファイル共有ソフトウェアのWinny(ウィニー)・Share(シェア)・Perfect Dark(パーフェクトダーク)それぞれの利用者数(ノード数)を調査いたしました。計測日毎の利用者数から、現在でもおよそ15万人

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月貿易統計 ここから本文です10月貿易統計輸出数量は2ヶ月ぶりの増加となったものの、伸び悩みが続くサマリー◆2013年10月の貿易統計は、輸出金額が前年比+18.6%と8ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+16.2%)を上回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格が前年比+13.6%と、大幅な上昇が続いていることに加え、輸出数量が前年比+4.4%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。輸出金額を季節調整値で見ると、前月比+1

2013年10月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:金融引き締めではない(メモ)

トップレポート・コラム経済分析中国中国:金融引き締めではない(メモ) ここから本文です中国:金融引き締めではない(メモ)金融引き締めではなく、日常的な流動性調整サマリー◆一部で中国が金融引き締めに転じるとの懸念が広がっている。しかし、資金流入などにより、市場で流動性がだぶつけばそれを吸収するためのオペを行うのは当然である。基本的には、中立の金融政策が維持されているとみるべきであろう。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

お金の流れの地図=資金循環統計とは?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方お金の流れの地図=資金循環統計とは? ここから本文ですお金の流れの地図=資金循環統計とは?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第2回サマリー前回、「資金循環統計」を用いて、日本の家計が1,600兆円に近い金融資産を持っていて、どのような中身かを紹介しました。これと同時に、家計の金融資産がどこに流れているのかについても簡単に触れました。資金循環統計とは、日本のお金の流れを表し

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年10月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年10月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年10月号)2013年10月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本8月機械受注 ここから本文です8月機械受注非製造業が良好な結果サマリー◆2013年8月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+5.4%と3ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+2.5%)を上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月連続の増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+0.8%と4ヶ月連続の増加となった。「石油製品・石炭製品」が前月比+223.2%と大幅

2013年10月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年10月)米国依存型回復に向かう新興国経済

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年10月)米国依存型回復に向かう新興国経済 ここから本文です新興国マンスリー(2013年10月)米国依存型回復に向かう新興国経済~リスク・オフのピークは越えたか~サマリー◆米国経済の回復があって初めてリスク・オフからオンへの転換が実現し、新興国経済の回復の素地が整う。引き続き、新興国は米国頼みの状況だが、米国はリスクの温床でもある。さしあたりの焦点は、米国景気の回復期待に翳りがさしていることである。これがリスク・オンへの転換のハードル

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本8月貿易統計 ここから本文です8月貿易統計輸出数量は緩やかな増加ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年8月の貿易統計は、輸出金額が前年比+14.7%と6ヶ月連続の増加となり、概ね市場コンセンサス(同+14.5%)に沿った内容となった。輸出金額の季節調整値は前月比+2.2%と2ヶ月ぶりの増加、3ヶ月移動平均値では9ヶ月連続の増加と、輸出金額の増加傾向が続いている。◆輸出数量指数を季節調整値で見ると(季節調整は

2013年9月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年9月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年9月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年9月号)2013年9月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本7月消費者物価 ここから本文です7月消費者物価物価上昇に広がりの兆しニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年7月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比+0.7%となり、市場コンセンサス(同+0.6%)を上回った。コアCPIの上昇幅が拡大した主な要因は、エネルギーの押上げ寄与が拡大したこと。これは、エジプトの政情不安を背景に原油価格が上昇したことに加えて、前年の裏の効果もあって「灯油」、「ガソリ

2013年8月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

英国:ゼロ時間契約の増加

トップレポート・コラム経済分析欧州英国:ゼロ時間契約の増加 ここから本文です英国:ゼロ時間契約の増加柔軟な働き方なのか、雇用主による搾取なのか?サマリー◆就労時間が保証されておらず、雇用主が必要とする時に、必要な時間のみ就労する「ゼロ時間契約」労働者の増加が英国で物議を醸している。従業員に比べ、被用者としての権利が制限されているにもかかわらず、多くのコミットメントを求められるためである。◆ゼロ時間契約は柔軟な働き方を可能にし、失業率抑制への効果も考えられるため、一概に否定することはできないのが実

2013年8月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本7月貿易統計 ここから本文です7月貿易統計金額ベースの輸出は減速したが、数量ベースでは持ち直し続くニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年7月の貿易統計は、輸出金額が前年比+12.2%となり、5ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+12.8%)をわずかに下回った。また、輸出金額の季節調整値は前月比▲1.8%と8ヶ月ぶりの減少となっており、輸出金額の増勢が鈍化する形となった。◆一方で、輸出数量は前

2013年8月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年8月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年8月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年8月号)2013年8月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2013年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年7月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年7月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年7月号)2013年7月5日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2013年7月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年7月)新興国は先進国の政策転換をどう乗り切るか

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年7月)新興国は先進国の政策転換をどう乗り切るか ここから本文です新興国マンスリー(2013年7月)新興国は先進国の政策転換をどう乗り切るか~再び耐久力が試される~サマリー◆足もと落ち着きつつあるとはいえ、米国の金融政策転換(観測)がもたらす金融市場の混乱は、今後も新興国の試練であり続けよう。さし当たっては、広がりつつあった金融緩和モードが後退している。◆しかし2000年頃より新興国は被援助国から被投資国へ変貌し、バランスシートが強化

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半 ここから本文です米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半政策論議は秋以降に本格化も不透明感払拭は困難かサマリー◆6月開催のFOMCでは現行の金融政策は維持されたが、バーナンキ議長によって、いわゆるQE3による資産買い入れ規模の縮小が2013年後半から始まる可能性が指摘された。やや楽観的な見通しに基づいており、経済環境次第では再考を迫られる可能性もある。◆雇用環境は緩やかな改善が続き、財政緊縮の逆風にもかかわらず個人消費も

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC:QE3は年後半から縮小か

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3は年後半から縮小か ここから本文ですFOMC:QE3は年後半から縮小か2013年12月会合での縮小決定を見込むサマリー◆2013年4回目のFOMCが実施され、政策金利を「異例の低水準」とする事実上のゼロ金利政策と、いわゆる「QE3(量的緩和第3弾)」が継続された。◆米国経済は引き続き緩やかな改善ペースを維持しており、FOMCメンバーの雇用の見通しが上方修正された。FOMCメンバーによる利上げ見通しでは開始時期を2015年とする者が増え、一層の意見

2013年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月貿易統計 ここから本文です5月貿易統計円安が輸出金額を押し上げ、輸出数量も持ち直し傾向続くニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー2013年5月の貿易統計では、輸出金額が前年比+10.1%と、市場コンセンサス(同+6.4%)を大きく上回った。輸出金額は3ヶ月連続で前年を上回り、季節調整値で見ても前月比+3.2%と6ヶ月連続で増加しており、増加傾向が続いている。輸出数量指数を季節調整値で見ると(季節調整は大和総研による

2013年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年6月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年6月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年6月号)2013年6月10日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2013年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 改善続くも強弱入り混じる内容

トップレポート・コラム経済分析米国改善続くも強弱入り混じる内容 ここから本文です改善続くも強弱入り混じる内容2013年5月の雇用統計:失業率は0.1%ポイント上昇サマリー◆2013年5月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増と、4月から増加幅が拡大した。業種分類別にみると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門は引き続き増加した。◆失業率は7.6%と4月から0.1%ポイント上昇したが、要因は労働

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国から見た対ロシア関係

トップレポート・コラム経済分析中国中国から見た対ロシア関係 ここから本文です中国から見た対ロシア関係サマリー2012年12月、温首相(当時)がロシアを訪問し、様々な分野にわたる25以上の協力文書に調印、対ロ関係は「過去数十年間で最も良い状態」と述べた。また13年3月の両会(全人代と政治協商会議)終了後、習近平新国家主席は最初の外遊先としてロシア(次いでアフリカ諸国)を選び、訪ロ中、やはり「中ロ関係は列強の中で最良」と述べ、石油・天然ガスのロシアから中国への供給拡大、さらにはロシアの軍事装備品を中

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ