「薬物乱用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月6日日本薬物対策協会フィードバック数:0社会/政治

「危険ドラッグ」が入手可能と考える中高生が半数を超えている

日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします! 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書く事で広告が消せます。 「入手可能」中高生5割超!!危険ドラッグを学ぶ講演ツアー「危険ドラッグ」が入手可能と考える中高生が半数を超えていることが、日本薬物対策協会(東京・豊島区)の調査で分かりました。調査は2014年9月から12月に、一都三県の首都圏の中高生を対象に実施し、3,858名から回答を得られま

2013年8月8日文部科学省★フィードバック数:0社会/政治

酒、たばこ、薬物についての青少年の意識調査です。

平成24年度薬物等に対する意識等調査報告書

現在位置トップ > 教育 > 学校保健、学校安全、食育 > 学校保健の推進 > 平成24年度薬物等に対する意識等調査報告書について 平成24年度薬物等に対する意識等調査報告書について 平成25年8月 このたび、平成24年12月に実施した薬物等に対する意識等調査結果を取りまとめたので公表します。なお、薬物等に対する意識等調査は平成9年度、12年度、18年度に実施しており、今回は4回目になります。調査の概要1 目的:児童生徒の薬物等に対する意識等を調査し、今後の喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育に関する

2013年4月1日厚生労働省フィードバック数:13社会/政治

現在の薬物乱用の状況(平成25年3月29日現在)

現在の薬物乱用の状況現在の薬物乱用の状況1.薬物事犯検挙状況○我が国の近年の薬物事犯の検挙者は、覚醒剤及び大麻が大半をしめています。 2.薬物使用の状況○我が国の全国15歳以上64歳以下の生涯経験率(%)は、全薬物(有機溶剤を除く。)で1.5%となっています。(注)生涯経験率:これまでに1回でも薬物を経験したことがある者の率薬物使用に関する全国住民調査(2011年)(PDF:63KB)○我が国の生涯経験率は、主要な欧米諸国と比較すると非常に低い水準となっています。 PDFファイルを見るためには、

2012年2月6日第一三共ヘルスケアフィードバック数:5ライフスタイル

日本人の「痛み」実態調査

2012年2月1日(水)第一三共ヘルスケア株式会社20代~50代の男女800名日本人の「痛み」実態調査~頭痛やその対処法への認知率は低く、約7割が痛みを我慢 ~第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、社長:髙橋利夫)は、頭痛への適切な対処法を啓発することを目的とし、全国の男女800名を対象に「痛み」に関する実態調査を行いました。その結果、多くの生活者が頭痛によりQOL(生活の質)が低下している一方、痛みへの対処法や鎮痛薬に対する誤解などから、痛みに適切に対処できていない傾向にあることが示

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ