「虎ノ門」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年7月13日エム・データ★フィードバック数:0マーケティング

2015年上半期TV番組出演者ランキング エム・データ

株式会社 エム・データ「2015年上半期TV番組出演者ランキング」を発表 国内テレビの放送内容を記述したTVメタデータを提供する株式会社エム・データ(所在地:東京都港区虎ノ門1-16-16虎ノ門1丁目MGビル9F、代表取締役社長:関根俊哉、TEL:03-3519-7060、)は、2015年上半期(2015年1月~6月)でのTV番組出演者ランキングTOP50を発表しました。第1位はTOKIOの国分太一で出演回数357回でした。 国内テレビの放送内容を記述したTVメタデータを提供する株式会社エム・デ

冬のボーナスの見通しです。

2014年冬のボーナス見通し

2014年11月06日○2014年夏のボーナスの一人あたり平均支給額は370,550円(前年比+3.1%)と2年連続で増加した。夏のボーナスとしてはリーマン・ショック前を大きく超え、バブルの余韻が残る1991年以来の高い伸びとなった。支給労働者割合が82.2%(前年比+1.4%ポイント)と上昇するなど、ボーナスの支給状況も改善している。ただし、大企業と中小企業では状況が異なっており、一人あたり平均支給額は事業所規模30人以上の企業で増加した一方、事業所規模5人~29人の企業では減少した。また、産

冬のボーナスです。

2013年冬のボーナス見通し

2013年11月01日○ 2013年夏のボーナスの一人当たり平均支給額は359,317円(前年比+0.3%)と3年ぶりに増加した。産業別にみると「複合サービス業」や「情報通信業」などで大幅に伸びた。もっとも、「製造業」ではほぼ横ばいにとどまっており、収益環境の厳しさが続く「電気・ガス業」では大きく落ち込んでいる。支給事業所割合は前年と同水準だったものの、支給労働者割合は81.4%(同+0.2%ポイント)と上昇しており、ボーナスの支給は徐々に多くの企業に広がりつつある。○ 2013年冬のボーナスは

海外進出に関する意識調査

海外進出に関する意識調査 結果報告昨今、労働人口の縮小、及びそれに伴う国内市場の縮小を見越して多くの企業が海外進出をしています。これに伴い、世界1億社の企業データベースOneSourceを国内販売しているワンソース・ジャパン株式会社では、次の調査要綱にて海外進出に関する意識調査を実施いたしました。調査期間 :2013年5月1日~7月25日調査対象 :20代〜60代の男女有効回答数:614名調査方法 :インターネット調査質問内容1、今後、日本の企業はもっと海外進出すると思いますか2、今後、日本人は

冬のボーナスの見込み金額です。

2012年冬のボーナス見通し

2012年11月01日1.2012年夏のボーナスの一人当たり平均支給額は358,368円(前年比-1.4%)と2年連続で減少し、過去最低となった。「製造業」や「建設業」などで減少している一方、「卸売業・小売業」や「生活関連サービス」では増加した。もっとも、支給事業所数割合や支給労働者数割合はともに上昇している。2.2012年冬のボーナスは4年連続で減少し、過去最低水準をさらに更新すると見込まれる。ボーナス算定のベースとなる所定内給与の低迷が続いている上、ボーナスに反映されるであろう2012年度上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ