「血糖値」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年1月13日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 低糖質食品

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 低糖質食品 】に関するアンケート調査食生活で糖質を気にしている人は4割弱、高年代層で比率高い。糖質制限している人は1割強、していたことがある人は9% マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『低糖質食品』に関するインターネット調査を2017年10月1日〜5日に実施し、10,853件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/prod

2015年7月1日サニーヘルスフィードバック数:0ライフスタイル

『7月2日は「うどんの日」 ダイエット中は「うどん」と「そば」どちらを食べる?』

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。 7月2日は「うどんの日」 ダイエット中は「うどん」と「そば」どちらを食べる?香川県ではうどんばかりを食べ野菜を食べず、その結果糖尿病に…という構図が浮かび上がりますが、うどんだけが悪者ではありません。 7月2日は「うどんの日」です。自らを"うどん県"と称するように、さぬきうどんで有名な香川県の生麺事業協同組合(現・本場さぬきうどん協同組合)が、うどんの消費拡大を目指して、1980年(昭和55年)に制定し

2015年5月18日サッポロビールフィードバック数:0ライフスタイル

食習慣と糖に関する20~60代男女1000人の実態調査

食習慣と糖に関する20~60代男女1000人の実態調査「健康のためにカロリー摂取量を気にしている人ほど糖質(*注1)の摂り過ぎ傾向にある‘過糖族’であることが判明!!」~カロリーだけを気にしていても、血糖値は下がらず、肥満は防げない!~このニュースリリースに関するキーワード :このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。 食品・清涼飲料水などに関するニュースリリース 

2015年5月12日大塚製薬★フィードバック数:0ライフスタイル

感触についての調査です。

仕事中の間食実態調査

間食習慣のある30代~50代のビジネスパーソン1,200人に聞く、仕事中の間食実態調査 2015年5月11日 間食習慣のある30代~50代のビジネスパーソン1,200人に聞く、仕事中の間食実態調査 2015年5月11日大塚製薬株式会社間食習慣のある30代~50代のビジネスパーソン1,200人に聞く、 仕事中の間食実態調査 他人事じゃない! 間食するビジネスパーソンの約6割が「間食はよくない」と誤解 間食の救世主、覚えておきたいキーワード GI(グリセミック・インデックス)に注目!低GI食品で

2015年4月15日えんばく生活★フィードバック数:0ライフスタイル

ダイエットについての調査です。

30代~50代女性のダイエット・リバウンドに関する意識調査

株式会社えんばく生活のプレスリリース/広報・PR情報 ≪ダイエット・リバウンドに関する調査≫ダイエットに成功後、9割がリバウンドを経験。一方、食後血糖値をコントロールする「低GIダイエット」のリバウンド率は4割≪ダイエット・リバウンドに関する調査≫ダイエットに成功後、9割がリバウンドを経験。一方、食後血糖値をコントロールする「低GIダイエット」のリバウンド率は4割株式会社えんばく生活は、ダイエットとリバウンドについて全国の女性138人(30代-50代)に調査を行ったところ99%の女性がダイエット

2015年1月8日カゴメフィードバック数:0ライフスタイル

野菜ジュースを食前に飲むことで、メタボの原因の一つである食後の血糖値の上昇が抑えられることをヒト試験で確認

企業情報トップ>ニュースリリース>2015><第18回 日本病態栄養学会(2015年1月10日~11日)で発表予定>野菜ジュースを食前に飲むことで、メタボの原因の一つである食後の血糖値の上昇が抑えられることをヒト試験で確認~食事中に野菜ジュースを飲んだ場合は食後の血糖値が速やかに低下~【参考】厚生労働省が「メタボ改善による保険料減額制度」などを含む「医療保険制度改革骨子」を公表し、2015年の通常国会に提出する予定であることを発表 <第18回 日本病態栄養学会(2015年1月10日~11日

2013年11月6日タイムカレント★フィードバック数:0ライフスタイル

女性対象の調査です。

美容と血糖値に関する意識調査

あなたは大丈夫?多くの女性が見落とす美容と血糖値の関係 血糖値の上昇が与える美容への影響 8割以上が「知らない」という実態が明らかに 全体の6割以上が自分の血糖値を知らない“血糖値無知症候群”。 血糖値の上昇による美容への影響はほとんど知られていない。 体形・肌の自己評価が最も高い50代は知識だけが先行した“なりきり美人”の可能性あり!? 血糖値のコントロールをいつも意識している人はわずか0.5%。 ~ 「美容と血糖値に関する意識調査」結果発表 ~ 食欲の秋が終わると、次は忘年会シーズン。美容や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ