「行政機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月12日Adobe★★フィードバック数:0ビジネス

デジタルガバメントサービスに関するグローバルな調査結果とインサイト

Delivering experiences that countデジタルガバメントサービスに関するグローバルな調査結果とインサイト Explore国民を対象としたエクスペリエンス調査デジタルガバメントサービスのエクスペリエンスに、国民が何を求めており、何が影響するのかを理解するため、AdobeとWPPのGovernment & Public Sector Practiceはこれまで蓄積した知識や専門的なノウハウを基に、調査を実施しました。 調査概要調査対象人数7,000人以上調査対象国数7 国

2017年7月4日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

Skip to main content Skip to Footer2017年6月23日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民との連携が効果的 【バージニア州アーリントン発 2017年5月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関がデジタル技術に投資して解決しようとしている課題と、行政機関のリーダーが「最も市民ニーズが高い」と考えている課題の間にはギャップが存在することが明らかになりまし

2017年4月10日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

電子申請に関するアンケート調査結果(平成28年度)

電子申請に関するアンケート調査結果(平成28年度)平成29年3月31日厚生労働省政策統括官付情報化担当参事官室  本調査結果は、平成28年10月31日(月)から平成29年3月8日(水)までを調査期間として、厚生労働省ホームページ上で行ったアンケート調査に寄せられたご意見を取りまとめたものです。アンケートにご協力頂き、誠にありがとうございました。皆様からお寄せ頂いたご意見は、今後のオンライン利用促進に活用させて頂きます。今後ともよろしくお願い申し上げます。電子申請を利用するメリットの回答として、「

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月24日アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠【バージニア州アーリントン発 2017年2月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関が民間企業との人材獲得競争に勝ち、スキル格差の拡大に対処するためには、デジタル技術に精通した若い人材の獲得・定着に向けて、機械学習や人工知能(AI)、生体認証など先進技術の

2017年2月21日所沢市フィードバック数:0社会/政治

平成27年版統計書

所沢市の市政全般にわたる基本的な統計資料をご紹介します。 行政機関はもとより民間事業者の企画立案、あるいは、学術研究などで現状分析や将来予測の有効な基礎資料として、広く市民生活の向上のためにご活用ください。お問い合わせ所沢市 総務部 文書行政課住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟4階電話:04-2998-9043FAX:04-2998-9042 このページを見ている人はこんなページも見ています 所沢市役所〒359-8501 埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1 電話:0

2016年12月23日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service

Skip to main content Skip to Footer2016年12月14日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、機械学習やIoTなどのデジタル技術が公共サービス機関の変革に貢献 【バージニア州アーリントン発 2016年11月15日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、高度なアナリティクスをはじめとするデジタル技術は、行政や公共サービスに携わる行政機関に急速な変化をもたらし、規制コンプライアンス、レガシーIT基盤への対応や役所文化

2016年7月24日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

個人情報の保護に関する実態調査

報道資料個人情報の保護に関する実態調査 <結果に基づく勧告> 総務省では、個人情報の管理に関する国民の不安の解消を図るとともに、個人情報の適切な管理のための取組を促進させる観点から、行政機関及び独立行政法人等における個人情報の管理の状況について、その実態を調査しました。 調査の結果を取りまとめ、必要な改善措置について勧告することとしましたので、公表します。 連絡先総務省行政評価局評価監視官(内閣、総務、規制改革等担当)担当:小野、西中須、岡、堀口電話:03-5253-5440(直通)FAX :0

2015年9月24日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

少年非行に関する世論調査

少年非行に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.少年非行に関する意識(1) 少年非行は増加しているか(2) 増加している少年非行(3) 減少している少年非行(4) 非行を起こす少年の経緯(5) 実際に身の回りで起こり問題となってい

2014年11月13日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会(第8回) 配布資料

行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会(第8回)日時場所 総務省第3特別会議室(中央合同庁舎第2号館 11階) 議題中間的な整理(座長試案)について 個人情報保護制度に関する国際的動向について行政機関等が保有する個人情報の管理状況の点検結果報告及び指針見直しの方向性について 配付資料 行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会

2014年9月25日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会(第4回)

行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会(第4回)日時場所 総務省第3特別会議室(中央合同庁舎第2号館 11階) 議題各分野のヒアリングについて医療分野(東京大学大学院医学系研究科 山本特任准教授)観光分野(観光庁)地方自治体の取組(千葉市)意見交換研究会の今後の進め方について 配付資料 行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会

2013年6月30日総務省フィードバック数:1社会/政治

公益信託の現況-平成24年公益信託概況調査結果

報道資料公益信託の現況-平成24年公益信託概況調査結果 総務省では、公益信託の実態を把握するため、平成11年から毎年、公益信託の所管官庁(国の行政機関、都道府県の知事部局・教育委員会)に対し、調査を行っています。この度、公益信託の所管官庁からの回答に基づき、平成24年12月1日現在の調査結果を取りまとめましたので公表します。連絡先総務省大臣官房総務課管理室 細田・森山(代表)03-5253-5111(内線5182)(直通)03-5253-5182(FAX) 03-5253-5190

2012年7月2日総務省フィードバック数:4社会/政治

公益信託の現況-平成23年公益信託概況調査結果

報道資料公益信託の現況−平成23年公益信託概況調査結果 総務省では、公益信託の実態を把握するため、平成11年から毎年、公益信託の所管官庁(国の行政機関、都道府県の知事部局・教育委員会)に対し、調査を行っています。この度、公益信託の所管官庁からの回答に基づき、平成23年12月1日現在の調査結果を取りまとめましたので公表します。連絡先総務省大臣官房総務課管理室 細田・森山 (代表)03-5253-5111(内線5182) (直通)03-5253-5182 (FAX) 03-5253-5190

2011年11月18日総務省フィードバック数:11社会/政治

平成22年度における行政機関・独立行政法人等の情報公開法及び個人情報保護法の施行状況調査結果の概要

報道資料平成22年度における行政機関・独立行政法人等の情報公開法及び個人情報保護法の施行状況調査結果の概要標記調査結果(速報値)の概要について、別添のとおり取りまとめましたので、公表します。【調査の概要】 ○ 行政機関・独立行政法人等の情報公開法及び個人情報保護法に基づき、毎年度実施するもの。 ○ 情報公開法の調査については、行政機関は13年度の法施行以来10回目、独立行政法人等は14年度以来9回目。 ○ 個人情報保護法の調査については、17年度の法施行以来6回目。連絡先行政管理局 情報公開推進

2011年7月28日総務省フィードバック数:4社会/政治

公益信託の現況-平成22年公益信託概況調査結果

報道資料公益信託の現況−平成22年公益信託概況調査結果 総務省では、公益信託の実態を把握するため、平成11年から毎年、公益信託の所管官庁(国の行政機関、都道府県の知事部局・教育委員会)に対し、調査を行っています。この度、公益信託の所管官庁からの回答に基づき、平成22年12月1日現在の調査結果を取りまとめましたので公表します。 連絡先総務省大臣官房総務課管理室 福島・森山 (代表)03-5253-5111(内線5182) (直通)03-5253-5182 (FAX)03-5253-5190

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ