「行為類型」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年10月30日公正取引委員会フィードバック数:0ビジネス

平成26年度上半期における下請法の運用状況等及び今後の取組

(平成26年10月29日)平成26年度上半期における下請法の運用状況等及び今後の取組平成26年10月29日 公正取引委員会(1)平成26年度上半期(4月~9月)の勧告件数は6件(前年度上半期は7件)。全て製造委託に係るものであった。勧告の対象となった違反行為類型の内訳については,下請代金の減額が5件,返品が2件,買いたたきが1件(注)。 (注) 1つの勧告事件において複数の違反行為類型について勧告を行っている場合があるので,違反行為類型の内訳の合計数と勧告件数とは一致しない。(2)平成26年度上

2014年6月22日公正取引委員会★フィードバック数:0ライフスタイル

公正取引委員会の調査です。

食品分野におけるプライベート・ブランド商品の取引に関する実態調査報告書

(平成26年6月20日)食品分野におけるプライベート・ブランド商品の取引に関する実態調査報告書平成26年6月20日 公正取引委員会関連資料第1 調査の趣旨・方法等1 調査の趣旨 公正取引委員会は,独占禁止法上の優越的地位の濫用規制及び下請法に基づき,事業者に不当に不利益を与える行為に対して厳正かつ効果的に対処するとともに,違反行為の未然防止に係る取組を行っている。この未然防止の取組の一環として,優越的地位の濫用又は下請法の問題となり得る事例が見受けられる取引分野について,従前より取引の実態を把握

2013年5月28日公正取引委員会フィードバック数:15ビジネス

外食事業者と納入業者との取引に関する実態調査報告書

(平成25年5月27日)外食事業者と納入業者との取引に関する実態調査報告書平成25年5月27日 公正取引委員会第1 調査の趣旨・方法等1 調査の趣旨 平成22年1月1日に施行された改正独占禁止法により,優越的地位の濫用は,独占禁止法第2条第9項第5号として法定化され,同法第20条の6の規定に基づき新たに課徴金納付命令の対象とされた。これを受けて,公正取引委員会は,法運用の透明性を一層確保し,事業者の予見可能性を向上させる観点から,平成22年11月30日に「優越的地位の濫用に関する独占禁止法上の考

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ