「衝動買い」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年2月11日電通九州★★フィードバック数:0マーケティング

通信販売利用実態調査

電通九州、全国女性1万人規模で「通信販売利用実態調査」を実施...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 電通九州、全国女性1万人規模で「通信販売利用実態調査」を実施「疲れが抜けな...電通九州、全国女性1万人規模で「通信販売利用実態調査」を実施「疲れが抜けない」、「女性特有のお悩み」は微増傾向に注目のあの成分もスコアが急上昇! 株式会社電通九州(堀宏明社長、本社・福岡市、資本金4億円)ダイレクトマーケティング部では、通信販売の消費購買

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 買い物の仕方(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「流行しているものや皆が持っているものはついつい買いたくなる方だ」にあてはまる人は2割弱。 「服装や持ち物は、自分らしさが出るものを選ぶ方だ」は5割強。いずれも女性の比率が高い 衝動買い派は3割、男性10代や女性10・20代での比率が高い 「銘柄や品質、性能に納得のいくものしか買わない」「より安く購入できるのであれば苦労を惜しまない」が各4割弱、「信頼できるメーカー・ブランドの商品を選ぶ」「ネットのクチコミを参考にしている」「買い物をすると

2015年7月23日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

傘調査2015

ニュース 2015年07月23日 ウェザーニューズ、「傘調査2015」の結果発表雨に濡れるのを日本一気にする東京都民、折り畳み傘の使用率全国1位!〜男性は女性の2倍“突然の雨”で傘を買い、女性は男性の2倍“一目惚れ”で傘を買う~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、日本人の傘事情について調査するため、6月7日〜7月11日、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して、全国の皆様と「傘調査 2015」を実施しました。56,894人から寄せられた回答を集計し

2015年1月9日NTTアド★フィードバック数:0モバイル

スマホでのEC利用についての調査です。

スマホによる衝動買いの実態把握

スマホによる衝動買いの実態把握

2014年1月7日ニッセン★フィードバック数:0マーケティング

衝動買いにフォーカスしています。

買い物に関する意識調査

2014 年 1 月 7 日株式会社ニッセン報道関係各位衝動買い派約4割、熟考買い派6割衝動買いの約 7 割が洋服5,000 円以内が半数以上≪30 代・40 代女性の買い物に関する意識調査≫9 割以上が店舗とインターネットを使い分け、パソコンを活用するのが半数通販カタログの株式会社ニッセン(本社:京都市南区、代表取締役 佐村信哉、以下「ニッセン」)が運営するプレゼント・懸賞サイト「nissen もらえるネット」は、このたび 30 代・40 代女性約 1,600 名に対して、【買い物に関する意識

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:1マーケティング

2003.08 衝動買い(2)

2003.08 衝動買い(2)

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2005.11 ネットショッピングでの衝動買い(1)

2005.11 ネットショッピングでの衝動買い(1)

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:1マーケティング

2003.09 衝動買い(3)

2003.09 衝動買い(3)

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:1マーケティング

2003.07 衝動買い(1)

衝動買いに関するマーケティングデータ≪第1弾 衝動買いをすることが多いタイプ≫朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法WEBアンケート■調査期間2003年7月11日(金)∼2003年7月25日(金)■調査対象①首都圏在住者②10代∼60代の女性※ファッション、化粧品、雑貨(日常品以外)の買い物に限定■有効回答655名10代 20代 30代 40代 50代110名 132名 109名 123名 100名60代81名■本文中使用のG感性について (詳しくは、http://www.mmnnet.

2012年5月9日アイティメディアフィードバック数:35マーケティング

日本の「ソーシャルメディア女子」を俯瞰してみました。 -データから見るペルソナ図鑑(7)-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。日本の「ソーシャルメディア女子」を俯瞰してみました。 -データから見るペルソナ図鑑(7)- 日本の「ソーシャルメディア女子」を俯瞰してみました。 -データから見るペルソナ図鑑(7)- 株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手がける。

2008年10月27日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

思わず衝動買いしてしまったモノは?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。[画像のクリックで拡大表示] 店頭セールに並ぶあの家電。そろそろ買い替えたいと思っていたし、価格も「安い!」となると、つい後先考えずに衝動買いしてしまうもの。そこで、1000人のネットユーザーに、過去に衝動買いした電子機器を聞いてみた。 前回と比較してみると面白い。前回掲載した購入したい品のトップはパソコンだったが、衝動買いをした品のトップはデジタルカメラ。2位のパソコンといい勝負ではあるが、価格的にも手ごろなのか、心理的な敷居がより低いのだろ

ネットの普及で衝動買いは少なくなるそうです。私はそうは思いませんが。

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、消費行動に関する調査を実施した。 今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女500人。性年代別で50人ずつの均等割付けを行った。≪調査結果サマリー≫ユーザーの消費パターン、【価格派】が20%、【こだわり派】は17%、残りの60%は【使い分ける派】女性は男性に比べ、商品によって消費パターンを使い分ける傾向が強い消費者が重視するのは、1位

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ