「被害調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

東日本大震災の被害調査です。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による道路橋等の被害調査報告

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による道路橋等の被害調査報告  22011 年3 月11 日に発生した東北地方太平洋沖地震では,地震の揺れ及び地震後に発生した津波の影響により,道路橋をはじめとした道路施設にも広い範囲で被害が発生した。また,2011 年4 月7 日のマグニチュード7.2 の余震をはじめとする規模の大きな余震も発生し,被害の拡大や新たな被害も生じた。本報告書は,国土技術政策総合研究所及び土木研究所が実施した道路橋(195 橋)、カルバート等(13 箇所)に対する地震

2011年東北地方太平洋沖地震津波による海岸保全施設の被害調査(その2)

2011年東北地方太平洋沖地震津波による海岸保全施設の被害調査(その2)  本調査は,海岸保全施設の耐津波設計に資するため,2011年東北地方太平洋沖地震及び津波による同施設の被害について把握することを目的として,岩手県及び宮城県の8港19地区の海岸保全施設等を対象に被害調査を行い,胸壁及び護岸を中心とした被害状況を記録した.さらに胸壁について,軽微な被害から比較的大きな被害までの被害類型を整理した.既報(国土技術政策総合研究所資料No.658)で得られた知見に今回得られた知見を加えて,20

2014年3月18日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁のまとめです。

2013年度模倣被害調査報告書

「2013年度模倣被害調査報告書」を取りまとめました 特許庁は、我が国企業等の国内外での模倣被害の実態や対策の実施状況に関する情報を収集・分析した「模倣被害調査報告書」の2013年度版を取りまとめました。2012年度の1社当たりの平均被害額は1.9億円、模倣被害総額は1,001億円で、 前年度比で減少となりました(※1)。模倣被害率は21.8%で、中国等アジア地域を中心に模倣被害は引き続き深刻な状況が続いています。なお、複数の権利での被害やインターネット上での被害は増加傾向にあり、被害内容は多

平成23年(2011年)長野県北部の地震による道路橋等の被害調査報告

平成23年(2011年)長野県北部の地震による道路橋等の被害調査報告  本報告書は,2011年3月12日に発生した長野県北部の地震により被災した長野県栄村の道路橋及びスノーシェッドに対する地震被害を調査した結果をとりまとめたものである.

2013年7月18日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油精製業保安対策事業(高圧ガス取扱施設における地震・津波等の対応に関する調査)報告書(3)津波の波力、設備の浮力、漂流物の影響等の評価手法の検討

平成24年度経済産業省委託石油精製業保安対策事業(高圧ガス取扱施設における地震・津波時の対応に関する調査)(3)津波の波力、設備の浮力、漂流物の影響等の評価手法の検討報告書平成25年2月高圧ガス保安協会まえがき平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (以 下 、「 東 日 本 大 震 災 」と い う 。)においては、一部の高圧ガス設備で火災・爆発等が発生し、社会的に大きく扱われた事故が 発 生 し た ほ か 、津 波 浸 水 区 域 で

淡路島付近を震源とする地震による建築物の被害調査報告

2013 年 4 月 26 日(2013 年 5 月 1 日修正)淡路島付近を震源とする地震による建築物の被害調査報告国土交通省国土技術政策総合研究所独立行政法人建築研究所1.調査目的2013 年 4 月 13 日 5 時 33 分頃に発生した淡路島付近の地震による建築物の被害状況を把握することを目的とする。2.調査者国土交通省国土技術政策総合研究所独立行政法人建築研究所住宅研究部建築生産研究グループ中川貴文石原直3.調査地域及び日程2013 年 4 月 16 日(火)12:30新神戸駅集合13

個人情報漏えいについてのまとまったレポートです。

2011年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~

2011年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜個人情報漏えい編〜 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ)  JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で10回目となる。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループと情報セキュリティ大学院大学 原田研究室、廣松研究室では、2010年と同様に、これまでの調査方法を踏襲し、2011年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデ

JNSAによるセキュリティについての報告書です。

2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~

2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜個人情報漏えい編〜(セキュリティ被害調査ワーキンググループ) JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で9 回目となる。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2009 年と同様に、これまでの調査方法を踏襲し、2010 年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデント(以下、インシデントという)の情報を集計し、分析

個人情報漏えい事件に関する調査です。

【速報版】2007年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

2007年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) 報告書「始めに」より抜粋 JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で6回目となる。2006年と同様に2007年も2003年に確立した調査方法を踏襲した。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2006年と同様に、これまでの調査方法を踏襲し、2007年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ