「被災地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月23日ゆこゆこフィードバック数:0社会/政治

シニアの災害復興支援活動に関する意識調査

【リリース】シニアの災害復興支援活動に関する意識調査2017年4月13日ゆこゆこシニア調査レポートシニアの災害復興支援活動に関する意識調査シニアの約半数が被災地の「買って応援」「行って応援」に前向き。クラウドファンディングの認知率は48.0%。20.8%が「今後の利用意向あり」 シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原浩二)は、当社運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員1,962名を対象に、社会貢献活動に関する

2016年5月24日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税アンケート調査

魅力は返礼品だけではない!『ふるさと納税アンケート調査』 「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が認知魅力は返礼品だけではない!『ふるさと納税アンケート調査』ふるさと納税で最も困ったのは、「確定申告の面倒な手続き」調査結果サマリー「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が「ふるさと納税」を認知ふるさと納税について、「行ったことがある」人は12.1%、「知ってはいるが、行ったことはない」人は72.0%で、84.1%の人が認知していました。認知したきっかけは、「テレビの情報

熊本地震被災地における避難状況およびニーズ調査

世論調査・市場調査・交通調査をはじめ、あらゆる分野の社会調査を全国規模で対応します。 熊本 このたびの熊本地震により被害に遭われた皆さま、そのご家族、ご関係者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復興と、皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。 株式会社サーベイリサーチセンター(本社:東京都荒川区、代表取締役:戸祭浩)は、東京大学総合防災情報研究センター(東京都文京区、センター長:田中淳教授)の監修で、「平成28年(2016年)熊本地震被災地における避難状況およびニーズ調

2016年3月3日ベルメゾン★★フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災から5年、今の気持ちについて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:東日本大震災から5年、今の気持ちについて2011年に発生した「東日本大震災」から、今年の3月11日で丸5年になります。今回のウーマンスマイルアンケートでは、5年を経過した今、被災地に対してどのような気持ちで向き合っているのか、また今後の自然災害に対する日頃の防災意識や防災対策についてお伺いしました。ご回答いただいたベルメゾンデッセ会員のみなさん、ありがとうございました。では、調査結果をご一緒に見ていきましょう。調査は、201

2015年3月4日エムティーアイフィードバック数:0社会/政治

地震・津波に対する意識調査

>> ~天気総合情報サイト『ライフレンジャー…~天気総合情報サイト『ライフレンジャー天気』が、地震・津波に対する意識調査を発表~防災意識を高めるための様々な情報を発信する「3.11特集」スタート (株)エムティーアイが運営する天気総合情報サイト『ライフレンジャー天気』は、3月4日(水)から、震災時の対策や支援を改めて考える「3.11特集」を開始します。特集では、全国の男女700名を対象にした「地震・津波に対する備え」の意識調査を発表したり、被災地の震災直後から現在までの様子や、現地の人が語る「震

2015年2月12日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

災害についての調査です。

防災意識に関する定点調査

防災意識に関する定点調査 ~東日本大震災から4年。防災意識はどう変わったのか~ 2015年02月12日自分が被災する可能性が高いと思う災害 「地震」87%、「台風」84%、「大雨・洪水」78%災害が「起こると思う」予想率、災害を「意識している」率が高い地方は? トップ3は東北、関東、近畿。地震に対する意識は東北・関東で8割強被災地の復興状況「関心がある」67%、昨年に比べ7ポイント減少震災に対する意識は年々希薄傾向に株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役:小西克己)は、全国20~69歳

2014年11月12日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査

平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果の公表について環境省では、東日本大震災を受け、平成23年度及び平成24年度に引き続き、平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査(第1次~第2次)を実施しました。本調査は、東日本大震災に伴い流出した有害物質及び廃棄物並びに福島第一原子力発電所より漏出した放射性物質に起因して海洋環境中で汚染が生じる可能性のある項目について、その現状を把握することを目的としています。今般、東日本大震災に係る海洋環境モニタリング調査検討会での検討結果を踏ま

2014年11月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

絆が壊れる? ―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意―

トップページ > 中央調査報 > 絆が壊れる? ―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意― ■「中央調査報(No.684)」より ■ 絆が壊れる?―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意―稲葉 陽二 (日本大学法学部・教授)社会関係資本とはなにか筆者はこの15年間、社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)を研究テーマにしている。これは、簡単にいえば「絆」なのだが、筆者はもう少し広義に、行為の当事者以外の第三者へも影響(経済学で

東日本大震災における被災企業のバランスシート改善と金融機関・ファンドの役割(下)-私的整理による事業再生を念頭に-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第87号(2014年9月)東日本大震災における被災企業のバランスシート改善と金融機関・ファンドの役割(下) —私的整理による事業再生を念頭に—(桃山学院大学教授・当研究所客員研究員) (上智大学法科大学院教授) (桃山学院大学教授)〔要 旨〕本号では,以下の検討を行い,それぞれ下記の結論を示している。Ⅲでは,まず被災地域の経済状況等を検討し,被災地域は震災以前から経済状況が悪化していたこと

2014年4月13日マーシュ★フィードバック数:0社会/政治

震災後6回目の調査です。

震災後の生活に関するアンケート-6回目-

震災後の生活に関するアンケート調査-6回目-総括 東日本大震災から三年、被災地域と関東圏それぞれの思いと意識変化震災に関する定点調査の第6回。2011年3月11日に発生した東日本大震災から3年が経過し、震災への意識・備えや現在の行動への影響を、関東圏、被災地域在住方を対象に調査した。震災への意識低下は窺えるものの、食品については良くも悪くも意識をされていることが明らかとなった。関東では、「少しでも復興の力になれるなら」と意識的に購入している人も1割強存在し、自分に何かできることはないかと、考えて

2014年4月2日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

四半期ごとの調査です。

いわて復興ウォッチャー調査

いわて復興ウォッチャー調査について県では、東日本大震災津波からの復興状況を定期的に把握するため、被災地域に居住又は就労している方々を対象に、復興感に関する調査(いわて復興ウォッチャー調査)を実施しています。調査は、被災地域において復興の動きを観察できる立場にある方々の協力を得て、半年(6ヶ月)に一度、継続して実施していくこととしています。調査方法調査地区沿岸12市町村調査対象150名程度対象者被災地域に居住又は就労している方々(対象者は、既に承諾を得て決定済みです。)調査時期(予定)毎年1月、7

2014年3月10日Yahoo!★フィードバック数:0社会/政治

震災についての検索動向を時系列で見られます。

「Search for 3.11」ビジュアライザ

2017年3月11日、この日に「3.11」と検索された方おひとりにつき10円を募金として、 東北の復興活動に繋げる「Search for 3.11」プロジェクト。当日、「3.11」の検索者数は4,294,532人となりました。 昨年に引き続き大勢のみなさまにご参加いただき、心よりお礼申しあげます。多くの方々のご参加を受け、総人数×10円にあたる42,945,320円を、 Yahoo! JAPANより東北復興にたずさわる6つの団体へ寄付いたします。 みなさまのご賛同と被災地への応援、ありがとうござ

2014年2月13日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

被災地と全国との回答を比較しています。

震災白書2014

東日本大震災から3年、国民の意識の変化とは―震災白書2014 2014年02月13日地震・災害への備え「日用品・水・食料品の備蓄」が最多 東北3県では「車のガソリン補充」が上位に東日本大震災に関する情報、7割の人が以前に比べ「減っている」行ってみたい東北地方の観光地1位:蔵王温泉東北3県の地元人おすすめの観光地1位:松島株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国と東北3県在住の20~69 歳の男女を対象に、「東日本大震災に関する調査」を実施しました。調査手法はインターネットリ

第502回 震災について感じたこと 2011.03.17~2011.03.23

震災について感じたことならハッピー・ノート.com 3月11日におこった東北地方太平洋沖地震の被害の大きさに、日本国中がショックを受けました。とくに報道などで避難生活をする小さなお子さまの様子を見ると、同じようにお子さまをお持ちのママ・パパは心が痛むのではないでしょうか。 多くの方から寄せられた、被災者への応援の気持ち、震災について感じたこと、防災への意識など、想いの一部をご紹介いたします。 今、頑張っている皆様、どうか無理をしないでいただきたいです。復興は長いマラソンのようなもの。最初

被災地における建設関係資材の価格・需給動向

被災地における建設関係資材の価格・需給動向

2013年3月11日助けあいジャパン★フィードバック数:1社会/政治

震災支援についての調査です。

東日本大震災後の助けあい実態調査

NEWS  RELEASE    2013.3.11  助けあいジャパン「東日本大震災後の助けあい実態調査」レポート震災から2年を経ても、76.6%の人が被災地を支援したい気持ちを持っている。支援のかたちは、寄付・募金中心から、被災地の物産・食品の購入や観光支援へ。公益社団法人助けあいジャパン(代表理事 野田祐機)では、東日本大震災から2年が経過した今、震災直後から現在までの、支援したい気持ちや支援のアクションの実態と変化を把握し、今後の情報発信の参考とするために、全国の1,000人を対

2013年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

農協系統全国機関の震災復興への2年目の取組み

農協系統全国機関の震災復興への2 年目の取組み代表取締役専務 岡山信夫東日本大震災から2年が経過する。1  全国農業協同組合中央会この間,農林漁業協同組合は,東日本大(全中)       震災からの復旧・復興を最重要課題として取り組んできた。筆者は,本誌2012年3月号において,「東(1) 東日本大震災復旧・復興対策および原発事故対策に関する要請日本大震災からの復興に向けて−農協系統全国機関の取組み− 」として1年目の取組全中に設置している「東日本大震災復みをまとめた。震災直後から1年目のJA興

「復興のシンボル(象徴)となる人物」ランキング

~東日本大震災から、早くも一年半~「復興のシンボル(象徴)となる人物」ランキング1位は『サンドウィッチマン』 、2位は『エガちゃん』 ベスト10以内に政界無し 枝野元官房長官が15位 31.7%が、「思い浮かばない」と回答WEB上で保険の管理ができるサイト『保険帳』()は、「東日本大震災の復興のシンボル(象徴)となる人物とは?」とのアンケート(自由回答形式)を実施し、22歳から60歳までの男女672名の回答を集計いたしました。■東日本大震災の復興のシンボル(象徴)となる人物ランキング■■総合:第

2012年3月14日ペットオフィスフィードバック数:35ライフスタイル

ペットと東日本大震災

当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。 【アンケート実施期間】2012/1/11(水)〜2/7(火) 有効回答者数:798名(女性535名/男性263名)「ペット総研」では、東日本大震災発生から1年を迎えるにあたり、ペットオーナーのみなさんにご協力いただき「ペットと東日本大震災」に

2011年9月12日Yahoo!フィードバック数:2565マーケティング

東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか

記事詳細 1件表示東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか 2011年9月12日 11:50こんにちは、Yahoo!検索ランキングのイケミーです。東日本大震災から9月11日で半年が経過しました。被災地において、今、何が必要かという問題は、大規模災害時には必ず起こります。 東日本大震災ではテレビや新聞などでも、何々が足りないといった情報を繰り返し伝えていましたが、膨大に発生した事象により増え続ける情報量のなかで、すべてを伝えることが難しかったことや、また、あまりに多くの出来事などによって災害当初

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ