「被災者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月17日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

震災から6年・東日本大震災に関する調査

【報道関係各位】2017年3月13日株式会社マクロミル震災から6年・東日本大震災に関する調査 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト)と、河北新報社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:一力雅彦)は、共同企画として「東日本大震災に関する調査」を実施しました。 本調査は、全国20~70代の当社の調査専用パネル1,526名に対して実施しました。内訳は岩手、宮城、福島の被災3県沿岸部と原発事故で避難区域が設定された自治体に住む被災者が309名、同じく非

2015年3月23日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成27年3月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2015年3月10日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成27年2月28日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年3月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2015年3月1日農林中金総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

震災復興についてのレポートです。

東日本大震災の住宅再建に関する地域差

東日本大震災の住宅再建に関する地域差研究員 多田忠義〔要   旨〕東日本大震災の住宅再建は,阪神・淡路大震災以上に時間を要する可能性が高い。一方,被災地に対する関心の低下が指摘されるため,地域間の再建時期の差を地図化することで,被災者が感じる住宅再建の遅さや被災者間の再建時期の差など,多様な住宅再建の実態についてより深い理解が促されると期待される。そこで本稿は住宅再建の実態を,加算支援金および災害復興住宅融資の申請・支給件数に基づくクラスター分析から地図化し,住宅再建の時期や場所から地域差を明ら

2015年1月23日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成27年1月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年3月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

阪神淡路大震災の被災者200人を対象に、電柱に対しての意識調査

阪神淡路大震災の被災者200人を対象に、電柱に対しての意識調査

2014年12月8日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年11月30日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年10月24日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年10月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年3月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年9月29日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

岩手県の調査です。

平成26年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」

平成26年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」結果県では、東日本大震災津波により被災し、沿岸地区を離れ県外・内陸地区へ移動している被災者について、今後の居住場所の意向、情報ニーズ等を把握し、県・市町村が実施している被災者支援の充実を図るため、一昨年度より年1回のアンケート調査を実施しています。調査概要調査対象県外へ移動している812世帯及び県内内陸地区へ移動している1607世帯※ 県からの情報提供を希望している全世帯調査方法郵送法(郵送による発送、返信用封筒による返送)調

2014年9月23日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年9月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成28年9月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年9月8日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年8月31日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年8月26日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年8月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月30日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年8月1日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況(平成25年)について

酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況(平成25年)について 基安労発0731第1号平成26年7月31日 都道府県労働局労働基準部健康主務課長 殿 厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課長(契印省略) 平成25年に発生した酸素欠乏症等の労働災害発生状況について酸素欠乏症等防止規則(昭和47年労働省令第42号)に定める酸素欠乏危険作業において発生した酸素欠乏症又は硫化水素中毒(以下「酸素欠乏症等」という。)について、平成25年に発生した休業4日以上の労働災害発生状況等を別紙1に、また、酸

2014年7月31日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

岩手県のレポートです。

震災復興平成26年度岩手県東日本大震災津波復興計画の取組状況等に関する報告書(いわて復興レポート2014)

平成26年度岩手県東日本大震災津波復興計画の取組状況等に関する報告書(いわて復興レポート2014)目的平成23 年度から平成25 年度までの「基盤復興期間」に実施した事業進捗の状況を報告するとともに、復興の現状やその推移を示す「復興インデックス」や「被災事業所復興状況調査」、そして県民の皆様の「復興に関する意識調査」といった調査結果等に基づき、本県の復興の現状と課題、今後の方向性を明らかにするもの。本年3 月には、沿岸地域の大動脈となる三陸沿岸道路の尾肝要道路と高田道路の供用開始、4 月には三陸

2014年7月24日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年7月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年3月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年5月26日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年5月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年5月13日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

岩手県の調査です。

平成24年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」

平成24年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」結果県では、東日本大震災津波により被災し、沿岸地区を離れ県外・内陸地区へ移動している被災者の、移動理由、今後の居住場所、情報ニーズ等を把握し、県・市町村が実施している被災者支援の充実を図るため、「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」を実施しました。調査概要調査対象県外へ移動している300世帯及び内陸地区へ移動している300世帯を抽出調査方法郵送法(郵送による発送、返信用封筒による返送)調査期間平成24年10

2014年5月12日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年4月30日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年1月31日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年4月23日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年4月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年4月3日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災に伴う被災者からの保護の相談等の状況把握について(平成26年2月及び累計)

平成26年4月2日【照会先】社会・援護局保護課情報企画専門官 神棒 (2823)調査係長 十川 (2828)(代表番号) 03-5253-1111(直通電話) 03-3595-2613 報道関係者各位東日本大震災に伴う被災者からの保護の相談等の状況把握について PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千

2014年3月26日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年3月14日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年2月21日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年2月14日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成28年12月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年2月7日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年1月31日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月30日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年1月24日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成26年1月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年1月14日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年12月27日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年3月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年1月9日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災に伴う被災者からの保護の相談等の状況把握について(平成25年11月及び累計)

平成26年1月8日【照会先】社会・援護局保護課情報企画専門官 神棒 (2823)調査係長 吉田 (2828)(代表番号) 03-5253-1111(直通電話) 03-3595-2613 報道関係者各位東日本大震災に伴う被災者からの保護の相談等の状況把握について PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千

2013年12月22日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年12月13日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2013年11月22日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年11月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年3月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2013年11月8日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年10月31日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年3月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2013年10月23日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年10月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2013年10月8日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年9月30日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年1月31日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2013年8月22日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年8月15日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年4月15日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2013年6月24日厚生労働省フィードバック数:42キャリアとスキル

雇用促進住宅利用可能戸数一覧(平成25年6月14日現在)【被災者用】

被災者の皆様へ 雇用促進住宅提供可能戸数一覧(平成29年1月31日現在) 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2013年3月4日中央調査社★フィードバック数:1社会/政治

2012年7月の調査です。

東日本大震災における岩手県釜石市の被災者に関する生活実態・意識調査

トップページ > 中央調査報 > 東日本大震災における岩手県釜石市の被災者に関する生活実態・意識調査の結果概要■「中央調査報(No.664)」より ■ 東日本大震災における岩手県釜石市の被災者に関する生活実態・意識調査の結果概要 神戸大学大学院人間発達環境学研究科・教授 平山 洋介東京大学社会科学研究所・教授 佐藤 岩夫東京大学と神戸大学を中心とする全国の研究者のグループは、2011年8月と2012年7月の2回にわたり、東日本大震災の被災地である岩手県釜石市において、被災者を対象とする生活実態・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ