「被災農地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

岩手県における農業復興の取組みと農協の役割――復興過程で発揮される協同の力――

岩手県における農業復興の取組みと農協の役割─復興過程で発揮される協同の力─主事研究員 小針美和〔要   旨〕岩手県の津波被災地において,2014年は圃場整備を行った水田での営農再開や新たな産直の取組みの開始など,復旧・復興に向けた変化が目に見える形で現れることが多い年となった。現場では,農業復興に向けて,地域のオリジナルブランド米の育成,新たな園芸産地の育成,地域に根ざした産直事業等,農業の再構築に向けた取組みが地域一体となって進められている。狭隘な農地が多く,震災前から過疎化や担い手不足が進行

2013年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

被災農地の権利調整をめぐって―仙台東地区ほ場整備事業を中心に―

被災農地の権利調整をめぐって─仙台東地区ほ場整備事業を中心に─特任研究員 行友 弥〔要   旨〕1  東日本大震災による農地の津波被害は,青森県から千葉県に至る 6 県の太平洋沿岸で 2万1,480haに上る。うち宮城県は 1 万4,340haと 3 分の 2 を占め,とりわけ仙台市東部の沿岸部では水田を中心に1,800haが壊滅的な被害を受けた。2012年度中に500ha,13年度に900ha,14年度に400haが作付可能な状態に復旧される計画となっている。2  被災前の仙台東地区は,ブラン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ