調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 裁判員制度

「裁判員制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年11月11日バルクフィードバック数:0社会/政治

VOL.16 裁判員制度に関する調査(2009/12)

裁判員制度に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.16 裁判員制度に関する調査調査日時:2008年12月10日(水)~12月16日(火) 今回は、20代~60代のメンバーに、裁判員制度について、【関心を持っているか】や【日本の裁判員制度の導入をどのように思うか】について聞いてみました。 皆さんは裁判員制度に対してどう思われているのでしょうか。※本調査レポートの引用・転載ご希望の方はこちらをご参照ください。 調査概要合計1,040人 男性515人(年代別内訳:

2013年10月4日インサイトフィードバック数:0社会/政治

裁判員制度について [2009.11.16]

裁判員制度について [2009.11.16]

2009年7月6日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

裁判員向け「心のケアプログラム」導入検討~「相談5回まで無料」案に「内容が十分とは思わない」7割

心のケアプログラムに関する意識調査 裁判員向け「心のケアプログラム」導入検討~「相談5回まで無料」案に「内容が十分とは思わない」7割2009年5月からスタートした裁判員制度では、司法の専門家ではない一般の人が、悲惨な事件の審理に参加した際に精神的なショックを受けることが懸念されている。そこで最高裁判所は、裁判員・元裁判員が5回まで無料で臨床心理士らによるカウンセリングを受けられる「心のケアプログラム」を2009年7月から導入する方針を決定したという。この方針について、どのように考えるか?ネットユ

2009年5月19日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

裁判員制度の開始日知らない 7割半~参加したくない理由は、人を裁くのが嫌だから

裁判員制度に関する意識調査(3回目) 裁判員制度の「開始日知らない」7割半~参加したくない理由は「人を裁くのが嫌だから」スタートを目前に控えた裁判員制度。2008年7月、12月に続く3回目の調査として、その認知度や意識等を探った。集計回答数は20代から40代のネットユーザー361名。調査期間は、制度開始のほぼ1ヶ月前の4月22日~27日。なお回答者のうち「裁判の当事者・証人になったりしたことがある」人は2.5%、裁判を「傍聴したことがある」人は6.1%。92.0%は「当事者・証人」になった経験も

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

裁判員、「辞退したい」「辞退する」3割半~辞退の理由は「トラブルに巻き込まれそうだから」3割

裁判員、「辞退したい」「辞退する」3割半 裁判員制度に関する意識調査(2回目) 裁判員、「辞退したい」「辞退する」3割半~辞退の理由は「トラブルに巻き込まれそうだから」3割来年5月より実施される「裁判員制度」。裁判員候補者への通知が届き始め、各自治体に問い合わせが殺到するというニュースもあるが、裁判員制度についてネットユーザーはどのように考えているのか?20代から40代を中心とする男女421名の回答を集計した。裁判員候補者が通知された後に裁判員制度についてインターネットで検索したかを聞いたところ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ