「製薬企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年10月10日ネグジット総研フィードバック数:0ライフスタイル

薬剤師の製薬企業コールセンターの利用に関する調査

2014/10/10【独自調査】「剤師の製薬企業コールセンターの利用に関する実態調査」【薬剤師の製薬企業コールセンターの利用に関する調査】製薬企業コールセンター(電話相談室)の利用状況は、月に1回以上が過半数- 168件の利用事例と満足度、要望集をリリース -薬剤師を対象としたプロモーション及び調査を行う株式会社ネグジット総研・薬剤師調査MMPR (所在地: 兵庫県神戸市、 代表取締役社長:八田 光)は、この度、「薬剤師の製薬企業コールセンターの利用に関する調査」を実施し、調査結果と168件の利

医師の情報源についての調査です。

医師の医療情報入手に関する調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング医師の医療情報入手に関する調査結果 ■ 医師の医療情報入手先トップ3① MR(個別訪問)93.2%② 学会参加82.1%③ メーカー主催の講演会・勉強会81.8%2011年調査から第1位、第2位は変わらず。■ 製薬企業MRのiPad利用が進む• MRから医療情報を入手している医師のうち、デジタル端末経由は87.1%。2011年調査から13.5ポイント上昇。• このうち、MRのデジタル端末がiPadは80.3%、2011年調査から2倍以上の水準に上昇

医薬品業界についてのレポートです。

ファーマ2020:ビジョンから決断へ

ファーマ2020:ビジョンから決断へ医薬品業界は重要な転機に立たされています。優れた新薬の開発を支援、促進するツールが実用化され、製品への需要は増加し、自由貿易への障壁は低くなりつつあります。一方で製薬企業がこの機会を利用し、医療 保険支払者、医療従事者、患者により多くの価値をもたらすことを目論むと、経済的な、また業務オペレーション上の課題にも直面することになります。2020年の医薬品業界の様相を決定する要因の多くは既に目の前にあります。例えば、その時点で上市されているであろう製品の多くは既に開

2013年1月16日矢野経済研究所フィードバック数:3ライフスタイル

医薬品流通に関する調査結果 2012

2013年01月16日 医薬品流通に関する調査結果 2012調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の医療用医薬品流通市場の調査を実施した。1.調査期間:2012年6月~2012年11月2.調査対象:製薬企業、医薬品卸、医療機関、調剤薬局チェーン等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに郵送アンケート調査を併用調査結果サマリー◆古い体質からの脱却のため苦悩する医薬品卸大手医薬品卸各社は業界再編によって売上規模は1兆円を超えるようになったものの、自社独自のビジネスモデルを確立す

2011年7月13日矢野経済研究所フィードバック数:2ビジネス

製薬企業の海外進出に関する調査結果2011

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ