調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 製造業中小企業

「製造業中小企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2014年12月調査)予測

日銀短観予測2014 年 12 月 5 日日銀短観(2014 年 12 月調査)予測経済調査部エコノミスト坂中弥生03-3591-1242yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp○ 業況判断DI予測:大企業・製造業 +14%Pt(9月調査から1ポイント改善)大企業・非製造業 +14%Pt(同1ポイント改善)○ 2014年度設備投資計画(全規模・全産業)予測:前年比+4.6%(9月調査:同+4.2%)1.短観12月調査をめぐる状況消費再増税の先送りが決定7~9月期の実質GDP成

2014年10月21日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業の動向(2014年秋号)

情報メモ No.26-92中小企業の動向(2014 年秋号)~『中小企業月次景況観測』 Quarterly Overview 、特別レポート「消費税率引き上げに伴う反動減からの回復」~2014 年 10 月 15 日~[調査部[担当:高島 Tel:03-3246-9370]容 ]内1 景況感 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.1 全般1.2 業種別1.3 回答別企業数、他機関調査2 売上高 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年7月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:日銀短観(2014年6月調査)の結果について

平成 26 年(2014 年)7 月 1 日NO.2014-8消費税率引き上げ後も企業マインドは堅調、腰折れは避けられる見通し(2014 年 6 月調査の日銀短観について)【要旨】— 業況判断 DI は、大企業・製造業で 12%ポイント(前回調査比▲5%ポイント)と、消費税率引き上げの影響で 6 四半期ぶりに悪化した。もっとも、多くの業種で 3 月調査時点の先行きの見通しを上回っているほか、「電気・ガス」を除く全業種で業況判断 DI がプラスとなるなど、その水準も高めを維持している。6 月調査に

2014年2月2日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国中小企業動向調査結果(2013年10-12月期実績、2014年1-3月期以降見通し)

ニュースリリース2 0 1 4 年 1 月 3 1 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国中小企業動向調査結果(2013年10-12月期実績、2014年1-3月期以降見通し)小企業の景況       (原則従業者20人未満)小企業の景況は、持ち直している中小企業の景況      (原則従業員20人以上)中小企業の景況は、回復している(前回)緩やかに持ち直している○ 業況判断DIは、4期連続でマイナス幅が縮小し、▲25.3となった。   来期はマイナス幅が拡大する見通し← 5ページ○ 売上DIは

2014年1月9日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業の動向(2013年冬号)

情報メモ No.25-116中小企業の動向(2013 年冬号)~ 『中小企業月次景況観測』 Quarterly Overview ~2013 年 12 月 30 日[内調査部[担当:上田]容 ]1 景況感 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.1 全般1.2 業種別1.3 回答別企業数、他機関調査2 売上高 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 販売価格・仕入価格 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年12月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:日銀短観(2013年12月調査)の結果について

平成 25 年(2013 年)12 月 16 日NO.2013-34景況感改善の動きは裾野を広げながら着実に浸透(2013 年 12 月調査の日銀短観について)【要旨】— 業況判断 DI は、大企業・製造業で 16%ポイント(前回調査比+4%ポイント)と、堅調な内需などを受けて 4 四半期連続で改善した。大企業・非製造業や中小企業も前回調査に比べ上昇しており、企業の景況感改善の動きが業種、企業規模両面で裾野を広げながら着実に浸透していることが示された。— 全規模・全産業ベースの 2013 年度の

2013年9月20日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日銀短観予測シリーズ No.6】日銀短観(9月調査)予測

No.2013-0172013年9月19日http://www.jri.co.jp≪日銀短観予測シリーズ No.6≫日銀短観(9月調査)予測(1)10月1日公表予定の日銀短観(9月調査)は、引き続きアベノミクス効果によるプラス効果が   働き、企業の景況感が大幅に改善すると予想。全規模・全産業の業況判断DIは、前回調査対   比+5%ポイント改善の3%ポイントと、2007年12月調査以来の水準まで上昇する見込み。(2)大企業・製造業の業況判断DIは、鉱工業生産の増加を背景に、前回調査対比+6%ポ

2013年4月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

経済情報:日銀短観(2013年3月調査)の結果について~円安等を受けて大企業・製造業の景況感が改善~

平成 25 年(2013 年)4 月 1 日NO.2013-06円安等を受けて大企業・製造業の景況感が改善(2013 年 3 月調査の日銀短観について)【要旨】— 大企業・製造業の業況判断 DI は▲8%ポイントと前回調査の▲12%ポイントから改善。昨年後半以降の円安などが輸出企業の景況感を大きく押し上げた模様。大企業・非製造業でも、対事業所サービスや小売、建設、不動産といった業種でマインドの改善が継続。— 先行きについても大企業・製造業、同・非製造業ともに改善方向の動きが継続するとの見通し。加

2013年4月2日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2013年3月調査)

日銀短観解説2013 年 4 月 2 日日銀短観(2013 年 3 月調査)経済調査部エコノミスト風間 春香03-3591-1418haruka.kazama@mizuho-ri.co.jp○ 大企業の業況判断は製造業、非製造業ともに改善。円安による輸出採算の改善、自動車販売の持ち直し、個人消費の堅調などが業況感を押し上げたが、改善幅は小幅。○ 2012年度の設備投資計画は下方修正、2013年度も前年割れからのスタート。製造業に設備・雇用の過剰感が残存。一方、非製造業の人手不足感は強まる方向。○

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ