調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 製造業企業

「製造業企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

インダストリー4.0: デジタルエンタープライズの構築

PwC、企業のインダストリー4.0に向けた投資額は 年間9,000億米ドル超、2020年まで続くと発表 *本プレスリリースは、2016年4 月13日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。 PwCのグローバル調査によると、製造業各社はインダストリー4.0への対応により、コスト削減、効率性向上、利益拡大など大きなメリットを得られると期待しています。半数以上の企業が2年以内に投資額を回収できると予測する一方で、最大の課題は専門技術者

2015年12月11日国際協力銀行フィードバック数:0社会/政治

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告2015年度海外直接投資アンケート結果(第27回) 2015年12月3日株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、わが国製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査を実施し、本日結果を発表しました。今回の調査は、本年7月に調査票を発送し、7月から9月にかけて回収したものです(対象企業数1,016社、有効回答数607社、有効回答率59.7%)。本調査は、海外事業に実績のある日本の製造業企業の海外事業展開の現況や課題、今後の展望を把握

2015年12月11日国際協力銀行フィードバック数:0ビジネス

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告~2015年度海外直接投資アンケート結果(第27回)~

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告2015年度海外直接投資アンケート結果(第27回) 2015年12月3日株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、わが国製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査を実施し、本日結果を発表しました。今回の調査は、本年7月に調査票を発送し、7月から9月にかけて回収したものです(対象企業数1,016社、有効回答数607社、有効回答率59.7%)。本調査は、海外事業に実績のある日本の製造業企業の海外事業展開の現況や課題、今後の展望を把握

2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討

ノンテクニカルサマリー 製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 産業・企業生産性向上プログラム (第三期:2011~2015年度) 「日本企業の競争力:生産性変動の原因

2014年12月25日国際協力銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」~2014年度 海外直接投資アンケート調査結果(第26回)

「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」~2014年度 海外直接投資アンケート調査結果(第26回)

2014年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年4月号

みずほ日本経済情報2014年4月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税の影響で一時的に落ち込んでいる。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから徐々に持ち直していくとみられる。輸出は、海外経済の回復や円安を背景に緩やかに増加する見通しである。個人消費は増税の影響による落ち込みが当面続くが、その後は駆け込み需要の反動が薄れるに伴い徐々に回復に向かうとみられる。ただし、増税後の経済情勢に対する企業の

2013年12月1日国際協力銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

グローバル展開についての調査です。

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告~2013年度海外直接投資アンケート調査結果(第25回)~

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告2013年度海外直接投資アンケート調査結果(第25回) 報道発表/2013-1142013年11月29日株式会社国際協力銀行(JBIC総裁:奥田 碩)は、「わが国製造業企業の海外事業展開の動向」に関するアンケート調査を実施し、本日結果を発表しました。今回の調査は、本年7月に調査票を発送し、7月から9月にかけて回収したものです(対象企業数992社、有効回答数625社、有効回答率63.0%)。本調査は、海外事業に実績のある日本の製造業企業の海外事業展開の

2013年9月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年9月号

みずほ日本経済情報2013年9月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、回復が続くとみられる。海外経済の緩やかな回復と円安を背景に、輸出は増加基調が続く見通しである。景気対策関連の公共事業が進捗し、公共投資は高い伸びが続くであろう。雇用者所得の持ち直しを受けて、個人消費も緩やかな拡大を維持する見通しである。企業収益の改善が続く中、設備投資も緩やかに増加するとみられる。

2013年7月5日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度中小企業支援調査(我が国の産業競争力と海外製造業の動向に関する調査)

平成24年度中小企業支援調査(我が国の産業競争力と海外製造業の動向に関する調査)報告書2013 年 3 月経営コンサルティング本部目次はじめに ............................................................................................................................ 21. 本調査の実施事項 ........................................

2013年5月19日経済産業研究所フィードバック数:3社会/政治

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較概要高度な経済成長を安定的に維持している新興国は、世界貿易における比重を増しつつあるとともに、従来我が国のような先進国が競争力を有していた産業においても輸出力を強化している。近年の貿易理論・実証の成果を踏まえると、新興国からの輸入増に対する企業の対応として、生産縮小や市場からの退出の他に、輸出等国際活動を通じて存続・発展を図る可能性もありえる。一方、国際化の属性に関係なく輸入の影響が産業全体に均等に及んでいるかもしれず、そのような場合国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ