調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 製造業平均

「製造業平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

冬のボーナスです。

2013年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果

2013年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)2013年12月26日(一社)日本経済団体連合会[ 最終集計 ]業種社 数2013年 年 末妥 結 額増 減 率社円社 数%2012年 年 末妥 結 額増 減 率社円%非 鉄 ・ 金 属11715,5014.6713683,573△ 3.88食品10791,439△ 9.9011878,421△ 2.85繊維17718,178△ 1.2316727,131△ 6.80紙 ・ パ ル プ6629,532△ 5.026662,781△ 1

初任給です。

2013年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」

2013 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」2013 年 10 月 30 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会《調査結果のポイント》 初任給決定にあたっての判断要因は「世間相場」(33.2%)が最多 初任給を据え置いた企業は9割超(90.3%)の一方、初任給を引き上げた企業は前年から微増し1割弱(9.1%)Ⅰ.調査の基本事項調査目的:新規学卒者の初任給の実態と動向を把握し、今後の初任給対策の参考とするために 1952 年より毎年実施調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員

2013年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果[最終集計](加重平均)

2013年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果(加重平均)2013年7月12日(一社)日本経済団体連合会[最終集計]社 数鉄 鋼 ・ 非 鉄 金 属製14 社妥結額増減率4,371 円1.73 %社 数16 社妥結額増減率4,236 円1.71 %機械金属1084,3131.681064,2191.65電気機器274,2201.67293,8031.46器104,2691.72154,1441.68学365,4622.00364,4631.64プ133,7661.51103,9201.58窯業1

2013年春季労使交渉・大手企業業種別妥結結果[最終集計](加重平均)

2013年春季労使交渉・大手企業業種別妥結結果(加重平均)2013年7月12日(一社)日本経済団体連合会[ 最終集計 ] 2013年業種社 数2012年増 減 率妥  結  額社円社 数%増 減 率妥  結  額社円%非 鉄 ・ 金 属95,2101.7095,2341.71食品86,1191.96116,1841.92繊維185,6491.93165,5771.85紙 ・ パ ル プ64,8141.5764,8411.59印刷1―1化学(硫安含む)141.7714[化学] [10 ][5,78

2013年4月7日日本経済団体連合会フィードバック数:26キャリアとスキル

2012年春季労使交渉・大手企業業種別回答一覧

2013年春季労使交渉・大手企業業種別回答[了承・妥結含]一覧(加重平均)2013年4月5日[第1回集計](一社)日本経済団体連合会2013年業種社 数属0食品5繊維紙鉄・・金パルゴ機械自金動商私鉄〔通JR円平社 数%―増 減 率回答・妥結額社円%―45,5081.815,3611.7355,4871.75155,6771.89145,6211.86プ54,8931.5834,7861.51ム25,1731.7525,0631.71属1―26,8512.38車36,8392.0636,8492.

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:18社会/政治

わが国サービス産業の現状と問題点

みずほ総研論集 2013年Ⅰ号特集 わが国のサービス産業わが国サービス産業の現状と問題点 * 経済調査部 シニアエコノミスト 前川亜由美**経済調査部 エコノミスト 風間 春香▲要  旨 1.世界的な金融危機から 4 年余りが経った今も、わが国の経済は精彩を欠いている。そうした中、民主党政権下では「新成長戦略」や「日本再生戦略」において、2020年度までの平均で実質2%、名目3%程度の経済成長が数値目標として掲げられた。2012年末の衆議院議員総選挙により誕生した新たな政権のもとで数値目標が多少

2011年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果

2011年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)2011年12月21日(社)日本経済団体連合会[ 最終集計 ]業種2011年 年 末妥 結 額 増 減 率社 数社非 鉄 ・ 金 属食品繊維紙 ・ パ ル プ印刷化学(硫安含む)[化 学][[硫 安][ゴセムメン鉄機鋼械金電自ト属機動車車輌造船商業私鉄[民 鉄][[J R][通運電力ホテル1411186225187661056193931183191]]]]円711,187904,203780,163670,769548,967804

2007 年夏季・冬季「賞与・一時金調査結果」

2008 年6月 13 日(社)日本経済団体連合会2007 年夏季・冬季「賞与・一時金調査結果」の概要≪今回の調査結果のポイント≫○ 組合員の平均賞与支給額は、夏季 82 万 189 円(2.5 ヶ月)、冬季 81 万 4,899円(2.4 ヶ月)であった。○非管理職・管理職別にみた賞与・一時金支給額の対前年上昇率は、昨年に比べ鈍化したものの、それぞれ、夏季・冬季ともに4年連続してプラスとなった。○賞与・一時金の配分割合では、「考課査定分」が、非管理職では2年連続で3割(32.5%)、管理職では

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ