調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 製造業雇用

「製造業雇用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 景気減速に歯止め(15年4月ISM非製造業・総合景気指数) ~非製造業部門が堅調さを維持~

U.S.Indicators米国 景気減速景気減速に減速に歯止め歯止め(15年4月ISM非ISM非製造業・製造業・総合景気指数総合景気指数)景気指数)発表日:201発表日:20152015年5月5日(火日(火)~非製造業部門非製造業部門が部門が堅調さ堅調さを維持~維持~第一生命経済研究所 経済調査部桂畑 誠治0303-52215221-5001ISM非製造業景気指数総合指数14/0414/0514/0614/0714/0814/0914/1014/1114/1215/0115/0215/0315

2015年3月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年3月号

みずほ米国経済情報2015年3月号[米国経済の概況]◆米国経済は踊り場にある。雇用は力強いが、製造・輸出部門に弱さがみられる。◆2月の経済指標には西海岸の労働争議や寒波という一時的要因によって下押しされているものがあるようだ。こうした影響は今後剥落していく。◆警戒すべきは急速に進んできたドル高による生産・輸出への影響と、原油安を受けた石油産業の調整の広がりである。◆金融政策ではフォワードガイダンスから「忍耐」の文字が消えた。最初の利上げ時期と利上げ後の金利パスに当局と市場の関心が向けられている。

2015年1月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年1月号

みずほ米国経済情報2015年1月号[米国経済の概況]◆米国では、期待外れの経済指標が相次いでいる。製造業IMS指数を皮切りに、市場予想を下回るものが増え、CSIは大きなマイナス値を示すようになった。ベージュブックでは「鈍化」という単語の登場回数も急増している。◆2014年4~6月期以降、米国経済は高成長を遂げてきており、足元の指標の下振れは高成長の反動という側面があるとみられる。下振れを見せたISM指数の水準そのものは高く、生産活動は堅調、雇用も改善が続いている。◆設備投資にもたつきが見られるも

2014年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年1月号

みずほ米国経済情報2014年1月号[米国経済の概況]◆昨夏、米国経済は長期金利の急騰に見舞われたが、昨年下期の実質GDP成長率は前期比年率3%台半ばの高成長を遂げたとみられる。国内最終需要は長期金利の急騰に耐えたようだ。◆米国の経済指標は市場予想比下ぶれするようになったが、上述した持ち直しの反動と大寒波による一時的なものに留まるだろう。一方、新興国市場に動揺がみられ、その影響に無関心ではいられないようになっている。◆昨年後半の高成長の一因が株価上昇にあると考えると、動揺の広がりに注意が必要だ。た

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年12月号

みずほ米国経済情報2013年12月号[米国経済の概況]◆米国経済は、長期金利上昇や財政面の不透明さという逆風に耐えうる体力を蓄えていたようだ。7~9月期の実質GDP成長率(確報)は前期比年率4.1%、国内最終需要は同2.3%と共に上方修正されている。◆2013年の米国経済はアベノミクスと同じ言葉で振り返ることができる。本格的な景気拡大に欠かせない「3本の矢」が放たれた。第1の矢は、家計部門におけるバランスシート調整の一段の進展だ。◆第2の矢は量的緩和(QE3)の目的であった雇用の持続的拡大である

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年10月号

みずほ米国経済情報2013年10月号[米国経済の概況]◆2週間にわたる政府機関の閉鎖と、2011年以来となる米国債のデフォルト危機を引き起こした財政協議は10月16日に決着をみた。停止していた政府統計の公表も順次再開されている。◆公表再開のさきがけとなった雇用統計は「悪くはないが期待外れ」という今夏以降の米国経済指標の傾向を踏襲する内容だった。中でも金融・不動産業では長期金利上昇による影響がうかがえる。◆経済指標は悲観一色というわけではないが、今後発表される10月分の経済指標には、直接・間接的な

2013年8月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年8月号

みずほ米国経済情報2013年8月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標はまちまちである。低調だった指標が大きく改善する動きがみられる一方、堅調だった指標が下方修正されたり、足元7・8月の実績値が大きく下ぶれたりする動きがみられる。◆ISM指数は、製造・非製造業共に持ち直した。相対的に低位に留まっていた製造業の指数は非製造業の水準にほぼ追いついた格好だ。ただ鉱工業生産の動きは鈍く、設備投資も頭打ちになってきた。◆雇用は回復を続けている。新学期商戦は好スタートを切ったようだ。一方、住宅販売・着工の動き

2013年8月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 特殊要因による上振れを考慮しても製造業部門の拡大ペース加速(13年7月ISM製造業景気指数) ~自動車部門や住宅部門が押し上げ要因に~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 特殊要因特殊要因に要因による上振れ上振れを考慮し考慮しても製造業部製造業部門の拡大ペース拡大ペース加速ペース加速(13年7月ISM製造業景気指数ISM製造業景気指数)製造業景気指数)発表日:201発表日:20132013年8月1日(木日(木)~自動車部門や自動車部門や住宅部門住宅部門が部門が押し上げ押し上げ要因に要因に~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001ISM製造業景気指数の推移総

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ