「複合施設」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年2月8日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム ショッピングモール(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへショッピングモール利用経験者は9割弱、「数ヶ月に1回以下」がボリュームゾーン。月1回以上利用者が全体の5割弱、女性10・20代の比率が高い 直近1年間のショッピングモールでの購入商品は「食料品」「衣料品」の他、「書籍、雑誌、CD・DVD・BD」「婦人服」「靴、財布、かばん」などが上位。利用したショップ・サービスは「スーパーマーケット」が最も多く、「洋服、下着、ファッション雑貨などの専門店」「パン屋、惣菜屋など食品専門店」「レストラン・飲食店

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性 2020年に東京オリンピックが開催されることが決定したことも後押しする形となって、昨今関係者等によるインフラ整備や都市開発の検討が活発になっている。都心部における都市開発計画には、ホテルを含む複合施設の開発案件が複数あることを踏まえ、本稿では複合開発におけるホテルの機能とブランドの重要性について考察したい。 1.はじめに (直近の国内ホテルマーケット状況について)国内主要都市のホテルマーケットが好調だ。アジアの経済成長に伴うアジア発の海外旅

2014年4月27日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0ライフスタイル

ドゥ・ハウスの調査です。

ショッピングセンターの利用実態

ショッピングセンターの利用実態 ショッピングの「ついで」ではなく、「ついでに」ショッピングする場所 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は全国の20歳以上の男女に「ショッピングセンター」に関するWEBアンケートを実施。875名から回答を得ました。食品、アパレル、飲食店、娯楽施設等々、複数のテナントが入っているショッピングセンターを、生活者は普段どのように利用しているのか、実態を探りました。※詳細は、2014年4月発行の『事実新聞 第56号』(季刊発行 発行ドゥ・ハウス)

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ショッピングモール(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへショッピングモール利用経験者は9割強、「数ヶ月に1回以下」がボリュームゾーン。ショッピングモールに一緒に行く人は「配偶者」「自分ひとり」が上位2位 直近1年間のショッピングモールでの購入商品は「食料品」「衣料品」の他、「書籍、雑誌、CD・DVD」「婦人服」「靴、財布、かばん」などが上位。利用したショップ・サービスは「スーパーマーケット」が最も多く、「洋服、下着、ファッション雑貨などの専門店」「パン屋、惣菜屋など食品専門店」「レストラン・飲食

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ