「西側諸国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年11月3日NHKフィードバック数:0マーケティング

諸外国の短波による対日情報発信

諸外国の短波による対日情報発信~1970-80年代前半の公共放送局による日本語放送を中心に~1970年代から80年代の前半にかけて、日本の青少年の間で、外国から短波で送信されるラジオ番組を聴取する「BCL」が一大ブームになった。多くの国々で日本語番組が制作され、日本の聴取者に向けて放送が行われた。放送の「送り手」の中心は、当時の東側諸国の国営放送局、西側諸国や中立国などの国営放送局および公共放送局、それに、キリスト教の布教を目的とした宗教放送局であった。本稿では、日本語放送実施局のうち、西側諸国

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

EUへの加盟を目指すウクライナとロシアの思惑

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUへの加盟を目指すウクライナとロシアの思惑 2014年2月27日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆ウクライナではヤヌコビッチ政権が崩壊し、野党トゥルチノフ大統領代行がEU加盟を目指す旨発表しているが、国内での親欧州派・親ロシア派間の対立が続き情勢は依然として不透明である。◆ウクライナ暫定政権がEU加盟を熱望している背景はEU域内の労働市場が開放される点にあると考えられるものの

2013年7月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア圏フロンティアシリーズ No. 1】ミャンマー開発で強まるアジア地域連携-ダウェイ開発が進むかが焦点

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪アジア圏フロンティアシリーズ No. 1≫2013 年 7 月 25 日No.2013-17ミャンマー開発で強まるアジア地域連携― ダウェイ開発が進むかが焦点 ―調査部 研究員 熊谷章太郎《要 点》本レポートでは、ミャンマーで進められている工業団地や経済特区などの開発が同国および周辺国に与える影響を整理・分析した。ミャンマーの重要開発地域は、ベンガル湾沿岸部やタイ国境沿いに集中しており、外資受入・工業化を通じた輸出主導型の経済

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ