調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 西日本太平洋側

「西日本太平洋側」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月28日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

2016年の年間日射量

ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 2016年の年間日射量 前年の年間日射量に比べ、東日本でやや少なく西日本でやや多い「東少西多」の傾向 一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、2017年1月19日(木)に2016年の日本全国の年間日射量(※1)傾向を発表します。◇2016年 年間日射量傾向のポイント【例年比(例年:2006年~2015年)のポイント】 ・北日本、近畿、沖縄地方:「例年並」~「やや多い」傾向 ・関

2016年2月4日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2016年1月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 1月の天候報道発表日概要2016年(平成28年)1月の天候の特徴は以下のとおりです。月平均気温は東・西日本と沖縄・奄美で高かった 気温は、東・西日本と沖縄・奄美では月の前半は平年を大幅に上回った時期があった一方、後半は平年を大幅に下回る時期があった。月平均気温は、東・西日本と沖縄・奄美で高く、北日本で平年並だった。西日本を中心に下旬に記録的な低温・大雪 25日前後は冬型の気圧配置が強まり、大陸からの強い寒気が流れ込んだ。このため、東・西日本と沖縄

2015年10月7日日本気象協会フィードバック数:0ライフスタイル

2016年春の花粉飛散予測(第1報)

ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 2016年春の花粉飛散予測(第1報) ~花粉の飛散数は、前シーズン並みか上回る地域も~ 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦)は、2015年10月7日(水)に全国・都道府県別の2016年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第1報)を前シーズン比、例年比に分けて発表します。また、詳細な情報を、「2016年春の花粉総飛散数 予測資料」として販売します。本予測は、今夏の気象条件などを基に作成し

2015年6月7日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2015年春(3~5月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 春(3~5月)の天候報道発表日概要2015年(平成27年)春(3~5月)の天候の特徴は以下のとおりです。北日本で記録的な高温 南西から暖かい空気が流れ込んだため、春の気温は全国的に高く、北日本では平年差+1.9℃で、統計を開始した1946年以降で春としては最も高い記録を更新し、31地点で春の平均気温が観測史上最も高い値を更新した。北日本の降水量は多かった 低気圧の影響で、北日本の降水量は多かった。北・東日本と西日本日本海側で多照 本州付近は移動性

2015年4月3日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2015年3月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 3月の天候報道発表日概要2015年(平成27年)3月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本では3月として1位の高温 シベリア高気圧の日本付近への張り出しが弱く、寒気の南下が弱かった。また、日本の東海上では高気圧の勢力が強く、北日本には南から暖かい空気が流れ込みやすかった。このため、北日本では気温の高い日が続き、月平均気温は1946年の統計開始以来3月として1位の高温となった。また、北海道では22地点中18地点で(全国ではそれらを含めた計20地点で

2015年3月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

冬(2014年12月~2015年2月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 冬(12~2月)の天候報道発表日概要2015年(平成27年)冬(2014年12月~2月)の天候の特徴は以下のとおりです。北日本は暖冬、東・西日本と沖縄・奄美は寒冬 東・西日本と沖縄・奄美では、12月に強い寒気の南下による気温の低下が大きかったことから、冬の平均気温も低かった。東日本では4年連続の寒冬だった。一方、北日本では、1月以降寒気の南下が弱く気温の高い日が続き、暖冬となった。日本海側の降雪量は少なく、北日本日本海側ではかなり少なかった 日本

2015年1月12日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年12月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 12月の天候報道発表日平成27年1月5日概要2014年(平成26年)12月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に低温だった 断続的に強い寒気が日本付近に流れ込んだため、気温は全国的に、低かった。ほぼ全国的に降水量は多く、日照時間は少なかった 日本付近を低気圧が数日の周期で通過し、その後強い冬型の気圧配置となったため、ほぼ全国的に降水量が多く、日照時間が少なかった。特に、北・東日本日本海側の降水量は、12月としては1946年の統計開始以降で最も多

2015年1月12日気象庁★フィードバック数:0ライフスタイル

年間のまとめです。

2014年(平成26年)の日本の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2014年(平成26年)の日本の天候報道発表日平成27年1月5日概要2014年(平成26年)の天候の特徴は以下のとおりです。年平均気温は、全国で平年並 北日本では、冬から春の前半にかけて気温の低い期間が多く、東日本及び西日本でも、夏の後半から9月前半にかけての低温が明瞭だったが、その他は気温の高い期間も多かった。また、沖縄・奄美でも、夏から秋の前半は気温の高い状態が続いたが、その他は気温の低い期間が多かった。このため、年平均気温は全国で平年並だっ

2014年12月24日気象庁★フィードバック数:0ライフスタイル

年間のまとめです。

2014年(平成26年)の日本の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2014年(平成26年)の日本の天候(速報) 本資料は、全国154地点の気象台などにおけるをもとに、速報としてまとめたものです。12月31日までの観測データによる資料は平成27年1月5日に発表します。報道発表日平成26年12月22日概要2014年(平成26年)の天候の特徴は以下のとおりです。年平均気温は、全国で平年並 北日本では、冬から春の前半にかけて気温の低い期間が多く、東日本及び西日本でも、夏の後半から9月前半にかけての低温が明瞭だったが、そ

2014年12月7日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年11月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 11月の天候報道発表日平成26年12月1日概要2014年(平成26年)11月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に高温 日本付近は中旬を除き北からの寒気の影響が弱く、上旬は北・東日本で気温が高く、下旬は全国的に気温がかなり高かった。このため、全国的に月平均気温が高くなった。北日本日本海側で少雨、多照 中旬を除き北からの寒気の影響が弱かったため、北日本日本海側では降水量がかなり少なく、日照時間はかなり多かった。中旬に強い寒気が南下 13日から15

2014年9月7日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

8月の天候についての分析です。

平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~ 報道発表日概要 本日開催した異常気象分析検討会 (臨時会)において、2014年8月の不順な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。2014年8月は、西日本を中心に記録的な多雨・日照不足になりました。また、7月30日から8月26日にかけては各地で大雨が発生しました(「平成26年8月豪雨 」)。このような不順な天

2014年9月7日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年8月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 8月の天候報道発表日平成26年9月1日概要2014年(平成26年)8月の天候の特徴は以下のとおりです。東日本、西日本の日照時間はかなり少なかった 太平洋高気圧は、本州付近への張り出しが弱く、日本付近は湿った気流の影響を受けやすかった。このため、東日本、西日本の日照時間はかなり少なく、西日本太平洋側で平年比54%となり、1946年の統計開始以来8月としては最も少なかった。「平成26年8月豪雨」が発生 台風第12号及び台風第11号が相次いで日本に接近

2014年3月9日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年2月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2月の天候報道発表日概要2014年(平成26年)2月の天候の特徴は以下のとおりです。太平洋側では大雪に2度見舞われ、関東甲信地方を中心に記録的な大雪となった 低気圧が日本の南岸を通過し、7日から8日にかけてと14日から16日にかけては広い範囲で大雪となり、関東甲信地方を中心に最深積雪の記録を更新したところがあった。北日本から西日本にかけて月平均気温は平年並だが、気温の低い日が多かった 月のはじめと終わりに暖かい空気に覆われて気温がかなり高くなった

2014年2月9日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年1月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 1月の天候報道発表日概要2014年(平成26年)1月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に中旬は低温、下旬は高温 中旬は冬型の気圧配置が強まり、全国的に気温が低くなった。一方、下旬は全国的に気温が平年を上回る日が多かった。東日本以西で日照時間がかなり多く、沖縄・奄美で降水量がかなり少なかった 中旬は冬型の気圧配置が強まって北日本から西日本にかけての太平洋側では晴れの日が多く、下旬は東・西日本と沖縄・奄美では高気圧に覆われて日本海側でも晴れる日が

2014年1月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2013年12月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 12月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)12月の天候の特徴は以下のとおりです。東日本以西で低温、北日本で高温 西日本を中心に寒気が流れ込んだため、東日本以西では気温が低く、沖縄・奄美ではかなり低かったが、北日本への寒気の南下は平年に比べて弱く、北海道地方では気温がかなり高かった。ほぼ全国的に降水量が多かった 冬型の気圧配置となる日が多かったことに加え、たびたび低気圧が本州付近を通過したため、東日本太平洋側を除き全国的に降水量が多かった。

2014年1月13日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

年間のまとめです。

2013年(平成25年)の日本の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年(平成25年)の日本の天候報道発表日概要2013年(平成25年)の天候の特徴は以下のとおりです。東日本、西日本、沖縄・奄美は高温・多照、北日本は多雨(雪)・寡照 春の後半から秋の前半にかけて全国的に高温傾向が続き、東・西日本と沖縄・奄美の年平均気温は高かった。冬から春の前半の低温が明瞭だった北日本では年平均気温は平年並だった。また、東・西日本と沖縄・奄美では、春から秋にかけて高気圧に覆われて晴れる日が多く、東・西日本の年間日照時間はかな

2013年12月28日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今年のまとめです。

2013年(平成25年)の日本の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年(平成25年)の日本の天候(速報) 本資料は、全国154地点の気象台などにおけるをもとに、速報としてまとめたものです。12月31日までの観測データによる資料は平成26年1月6日に発表します。報道発表日概要2013年(平成25年)の天候の特徴は以下のとおりです。東日本、西日本、沖縄・奄美は高温・多照、北日本は多雨(雪)・寡照春の後半から秋の前半にかけて全国的に高温傾向が続き、東・西日本と沖縄・奄美の年平均気温は高かった。冬から春の前半の低

2013年12月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2013年11月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 11月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)11月の天候の特徴は以下のとおりです。北・東日本日本海側では降水量がかなり多かった 低気圧や冬型の気圧配置の影響で、北・東日本日本海側では降水量がかなり多かった。中旬以降は、たびたび強い寒気が南下 気温は、上旬は全国的に高かったが、中旬以降は寒気が流れ込み、東・西日本と沖縄・奄美では平年を下回る日が多かった。中旬は北日本日本海側では降雪量が多かった 中旬は冬型の気圧配置が強まり、北日本日本海側の降

2013年10月6日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2013年9月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 9月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)9月の天候の特徴は以下のとおりです。北・東日本と沖縄・奄美は高温 日本の南海上の亜熱帯高気圧が平年より強く、また偏西風も平年より北を流れたため、西日本を除いて月平均気温が高く、特に沖縄・奄美ではかなり高かった。東日本日本海側と西日本は多雨・多照 上旬には秋雨前線と台風第17号、中旬半ばには台風第18号の影響を受けて広範囲で大雨となり、東日本太平洋側と沖縄・奄美を除いて月降水量が多く、特に東日本日本海

2013年9月8日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

夏の天候の振り返りです。

夏(2013年6~8月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 夏(6~8月)の天候報道発表日概要2013年(平成25年)夏(6~8月)の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に高温で、東・西日本、沖縄・奄美ではかなり高かった。 太平洋高気圧が日本の南海上から西日本付近で強かったことなどから、夏の平均気温は、全国的に高く、東・西日本と沖縄・奄美ではかなり高かった。特に西日本では+1.2℃と1946年の統計開始以来第1位の高温となった。全国気象官署のうち26地点で夏の平均気温の高い値を更新した。なお、8月12日に

2013年8月18日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今後の見通しも含まれます。

最近の日本の高温について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 最近の日本の高温について報道発表日概要今夏(2013年)は、西日本を中心に広い範囲で高温となるとともに、東・西日本の太平洋側と沖縄・奄美では少雨が続いている。全国の複数の地点で40℃以上の気温が観測され、8月12日には江川崎(高知県四万十市)の日最高気温が41.0℃となり、国内最高記録を更新した。本文天候の状況今夏は、西日本を中心に気温が平年を上回る状況が続いており、西日本では7月中旬以降、3旬連続して1961年以降の第3位の高温となった。8月上

2013年7月7日気象庁フィードバック数:13社会/政治

2013年6月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 6月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)6月の天候の特徴は以下のとおりです。気温は、全国的に高く、沖縄・奄美でかなり高かった 中旬前半は、暖かい高気圧に覆われ、また南からの暖気の影響も受けたため、月平均気温は北・東・西日本で高くなった。また、沖縄・奄美では、梅雨前線の影響を受けにくかったため晴れて気温もかなり高くなった。降水量は北日本でかなり少なく、日照時間は北・東日本日本海側でかなり多かった 北日本、東日本日本海側では、高気圧に覆われて

2013年6月4日気象庁フィードバック数:9社会/政治

2013年5月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 5月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)5月の天候の特徴は以下のとおりです。気温は、上旬は全国的にかなり低く、下旬は北日本からに西日本にかけてかなり高かった 上旬は強い寒気が日本付近に流れ込んだため、全国的に気温がかなり低くなった。中旬は北日本では寒気の影響が残ったが、東・西日本では気温が上がり、下旬は南から暖かく湿った空気が流れ込み北日本から西日本にかけて気温はかなり高くなった。東・西日本では、降水量がかなり少なく日照時間がかなり多かっ

2013年5月2日気象庁フィードバック数:18社会/政治

2013年4月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 4月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)4月の天候の特徴は以下のとおりです。東・西日本中心に気温の変動が大きく、一時顕著な低温 日本付近は10日程度の周期で強い寒気が南下し、一時顕著な低温となるなど、東・西日本中心に気温の変動が大きかった。21日は福島、長野で統計開始(1961年)以来最も遅い積雪となった。上旬に北日本から西日本で暴風雨 6~8日は、低気圧が発達しながら日本海と本州南岸沿いを進んだ影響で、北日本から西日本にかけての広い範囲

2013年4月2日気象庁フィードバック数:13社会/政治

2013年3月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 3月の天候報道発表日概要2013年(平成25年)3月の天候の特徴は以下のとおりです。東日本以西で顕著な高温 東日本以西では、南からの暖かい空気の影響などにより気温が高い日が多く、月平均気温はかなり高かった。東・西日本の26地点で、月平均気温が高い方からの一位を更新した。東・西日本では降水量がかなり少なかった 東・西日本は、移動性高気圧に覆われることが多く、降水量がかなり少なかった。月のはじめに暴風雪 3月1日から2日にかけて低気圧が発達しながら日

2013年3月4日気象庁フィードバック数:15ライフスタイル

2013年冬(12~2月)の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 冬(12~2月)の天候報道発表日概要2013年(平成25年)冬(12~2月)の天候の特徴は以下のとおりです。北日本から西日本にかけて低温 北日本から西日本にかけて、寒気の影響により気温が低い日が多く、冬の平均気温は低かった。北・東日本では2年連続、西日本では3年連続の寒冬となった。北日本から西日本にかけて降水量が多かった 冬型の気圧配置となった日が多かったため、北日本から西日本にかけての日本海側では降水量が多く、北日本日本海側の日照時間は少なかっ

2013年1月7日気象庁★フィードバック数:6社会/政治

2012年の天候についてのまとめです。

2012年(平成24年)の日本の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2012年(平成24年)の日本の天候報道発表日概要2012年(平成24年)の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に年平均気温は平年並で、多雨傾向 北日本から西日本にかけては、寒候期が低温傾向、暖候期が高温傾向と季節のメリハリがはっきりとした年となり、年平均気温は平年並だった。年降水量は全国的に平年を上回った所が多かった。特に沖縄・奄美では、年降水量がかなり多く、年間日照時間がかなり少なかった。北日本、東日本、西日本は寒冬 冬型の気圧配置が続いたた

2013年1月7日気象庁フィードバック数:8社会/政治

12月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 12月の天候報道発表日概要2012年(平成24年)12月の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に低温 寒気が流れ込んだ影響で、月平均気温は沖縄・奄美で平年並のほかは全国で低く、東日本ではかなり低かった。日本海側の降雪量は多かった 強い寒気がたびたび流れ込んだ影響で、北日本から西日本にかけての日本海側の降雪量は多く、北海道では低気圧の影響もあって降雪量がかなり多かった。全国的に降水量が多く、日照時間が少なかった 低気圧が数日の周期で日本付近を通過し

2012年12月25日気象庁フィードバック数:10社会/政治

2012年(平成24年)の日本の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2012年(平成24年)の日本の天候(速報) 本資料は、全国154地点の気象台などにおけるをもとに、速報としてまとめたものです。12月31日までの観測データによる資料は平成25年1月4日に発表します。報道発表日概要2012年(平成24年)の天候の特徴は以下のとおりです。全国的に年平均気温は平年並で、多雨傾向北日本から西日本にかけては、寒候期が低温傾向、暖候期が高温傾向と季節のメリハリがはっきりとした年となり、年平均気温は平年並だった。年降水量は全

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ