「観光庁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月31日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

都道府県別消費税免税店数(2017年4月1日現在)

都道府県別消費税免税店数(2017年4月1日現在)について 最終更新日:2017年5月19日 観光庁では、「明日の日本を支える観光ビジョン」(2016年3月30日明日の日本を支える観光ビジョン構想会議決定)及びそれを踏まえた「観光立国推進基本計画」(2017年3月28日閣議決定)において、地方の免税店数について、2018年に20,000店規模へと増加させることを目標に掲げ、取組を進めているところです。この度、2017年4月1日現在の都道府県別消費税免税店数をとりまとめましたので、ご報告します。

2017年5月31日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成29年1-3月期(速報)

旅行・観光消費動向調査 平成29年1-3月期(速報) 最終更新日:2017年5月19日旅行・観光消費動向調査平成29年1-3月期(速報)の調査結果を取りまとめました。○日本人国内旅行消費額は4兆4,154億円で、前年同期比0.1%増。 ○日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は3兆3,396億円で、前年同期比1.6%減、日帰り旅行消費額は1兆0,758億円で前年同期比5.7%増となった。 ○日本人国内延べ旅行者数は1億3,866万人(前年同期比3.2%減)となり、うち宿泊旅行が7,069万人

2017年5月30日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

訪都外国人旅行者数・日本人旅行者数及び観光消費額(平成28年1月~12月)

ここから本文です。平成28年訪都旅行者数等の実態調査結果外国人旅行者数は過去最多の約1,310万人(対前年比10.2%増)東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として、訪都旅行者数、観光消費額の推計に関する調査結果をまとめました。調査結果のポイント訪都外国人旅行者数・日本人旅行者数及び観光消費額(平成28年1月~12月)平成28年に東京都を訪れた外国人旅行者は約1,310万人(対前年比10.2%増)、日本人旅行者は約5億1,430万人(同0.5%減)となった。訪都外国人旅行

2017年4月18日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査 平成28年年間値(確報)

訪日外国人消費動向調査 平成28年年間値(確報) ~訪日外国人旅行消費額3兆7,476億円~ 最終更新日:2017年3月31日○平成28年の訪日外国人旅行消費額(確報)は3兆7,476億円、前年(3兆4,771億円)に比べ7.8%増。 ○1人当たり旅行支出(確報)は15万5,896円(前年比11.5%減)。●平成28年(2016年)の訪日外国人全体の旅行消費額(確報)は3兆7,476億円と推計され、前年(3兆4,771億円)に比べ7.8%増加した。 ●国籍・地域別に旅行消費額をみると、中国が1兆

2017年2月21日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査平成28年10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成28年10-12月期(速報) 最終更新日:2017年2月15日旅行・観光消費動向調査平成28年10-12月期(速報)の調査結果を取りまとめました。〇日本人国内旅行消費額は4兆9,518億円で、前年同期比1.6%減。 〇日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は3兆7,197億円で、前年同期比4.6%減、日帰り旅行消費額は1兆2,321億円で前年同期比8.7%増となった。 〇日本人国内延べ旅行者数は1億4,638万人(前年同期比1.7%増)となり、うち宿泊旅行が7,48

2017年1月26日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査平成28年10-12月期結果(速報)及び平成28年年間値(速報)

訪日外国人消費動向調査平成28年10-12月期結果(速報)及び平成28年年間値(速報) ~平成28年は、前年比7.8%増で過去最高となる3兆7,476億円~ 最終更新日:2017年1月17日<平成28年10-12月期(速報)> 〇 平成28年10-12月の訪日外国人旅行消費額(速報)は8,922億円(前年同期比1.3%増)で、10-12月期の過去最高となった。 〇 訪日外国人旅行者1人当たり旅行支出(速報)は14万7,175円(前年同期比12.2%減)となった。<平成28年年間値(速報)> 〇

2016年11月25日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査平成28年7-9月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成28年7-9月期(速報) 最終更新日:2016年11月16日旅行・観光消費動向調査平成28年7-9月期(速報)の調査結果を取りまとめました。〇 日本人国内旅行消費額は6兆2,065億円で、前年同期比5.0%増。〇日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は4兆8,808億円で、前年同期比2.7%増、日帰り旅行消費額は1兆3,258億円で前年同期比14.1%増となった。 〇日本人国内延べ旅行者数は1億8,319万人(前年同期比5.6%増)となり、うち宿泊旅行が9,610万

2016年10月26日国土交通省★★フィードバック数:0社会/政治

訪日外国人消費動向調査 平成28年7-9月期結果

訪日外国人消費動向調査 平成28年7-9月期結果 ~訪日外国人消費額は、前年同期比2.9%減少の9,717億円に~ 最終更新日:2016年10月19日〇 訪日外国人旅行消費額は9,717億円。前年同期(1兆0,009億円)に比べ2.9%減少。 前年同期比での減少は、19四半期ぶり(平成23年10-12月期以来)。 〇 平成28年7-9月期の訪日外国人1人当たりの旅行支出は155,133円。前年同期(187,166円)に比べ17.1%減少。 〇 旅行消費額の高い上位5市場(中国、台湾、韓国、香港、

2016年9月22日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

訪都旅行者数等の実態調査

ここから本文です。訪都旅行者数等の実態調査結果 平成27年訪都旅行者による経済波及効果は約12.8兆円平成28年1月から3月の外国人旅行者数は約317万人(前年同期比24.4%増)東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として訪都旅行者数等に関する調査を実施しています。今回、平成27年訪都旅行者による経済波及効果及び平成28年1月から3月までの訪都旅行者数(速報値)をまとめましたのでお知らせします。調査結果のポイント1 訪都旅行者による経済波及効果(平成27年1月~12月)※

2016年9月17日愛知県フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年愛知県観光入込客統計

平成27年愛知県観光入込客統計の調査結果をまとめました 平成27年において、観光目的などの理由により愛知県を訪れた観光入込客数は1億405万人で、前年より138万8千人減少(前年比1.3%減)しました。「平成27年愛知県観光入込客統計」の調査結果1.調査の目的 愛知県では、本県への観光入込客の実態を把握し、今後の観光施策の推進を図る上での基礎資料とすることを目的に「愛知県観光入込客統計」調査を実施しています。本調査は、観光庁が平成21年12月に策定した「観光入込客統計に関する共通基準」(※)に基

2016年8月23日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査平成28年4-6月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成28年4-6月期(速報) 最終更新日:2016年8月17日旅行・観光消費動向調査平成28年4-6月期(速報)の調査結果を取りまとめました。〇日本人国内旅行消費額は5兆4,610億円で、前年同期比8.7%増。 〇日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は4兆503億円で、前年同期比9.0%増、日帰り旅行消費額は1兆4,107億円で、前年同期比7.9%増となった 〇日本人国内延べ旅行者数は1億6,708万人(前年同期比8.0%増)となり、うち宿泊旅行が8,028万人(前年

2016年7月18日国土交通省★★フィードバック数:0社会/政治

DMO(国内外の観光地域づくり体制)に関する調査

DMO(国内外の観光地域づくり体制)に関する調査業務の報告書を公表します! 最終更新日:2016年7月1日 観光庁では、日本版DMOの形成・確立に向けて、国内の観光推進体制の現状に関するアンケート調査や国内外のDMOに関する先進事例の調査等を実施いたしました。このたび、日本版DMOの形成・確立をはじめとする観光地域づくりに取り組む方々へ広く参考となるよう、調査業務の報告書を公表いたします。【調査概要】本調査では、国内の観光推進体制の現状に関するアンケート調査や国内外のDMOに関する先進事例の調査

2016年5月31日東京都★フィードバック数:0社会/政治

平成27年訪都旅行者数等の実態調査

平成27年訪都旅行者数等の実態調査結果 外国人旅行者数は過去最多の約1,189万人(前年比34.0%増)平成28年5月26日産業労働局 東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として、訪都旅行者数、観光消費額の推計に関する調査結果をまとめました。調査結果のポイント訪都外国人旅行者数・日本人旅行者数及び観光消費額(平成27年1月〜12月)平成27年に東京都を訪れた外国人旅行者は約1,189万人(対前年比34.0%増)、日本人旅行者は約5億1,670万人(同2.1%増)となった。

2016年2月24日東京都★フィードバック数:0社会/政治

平成27年7月から9月までの訪都旅行者数等実態調査(速報値)

平成27年7月から9月までの訪都旅行者数等実態調査結果(速報値) 外国人旅行者数は約323万人(前年同期比36.0%増)、四半期で過去最高を記録平成28年2月18日産業労働局 東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として訪都旅行者数等に関する調査を実施しています。今回、平成27年7月から9月までの訪都旅行者数等(速報値)をまとめましたのでお知らせします。調査結果のポイント 平成27年7月から9月までに東京を訪れた旅行者は、外国人旅行者が約323万人(前年同期比36.0%増)

2016年2月22日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

旅行・観光消費動向調査平成27年10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成27年10-12月期(速報)~日本人国内旅行消費額は3四半期連続で対前年同期比プラスに~ 最終更新日:2016年2月16日旅行・観光消費動向調査平成27年10-12月期(速報)の調査結果を取りまとめました。 ○ 日本人国内旅行消費額は5.3兆円で、前年同期比8.9%増。3四半期連続で対前年同期比プラスに。 ○ 日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は4.1兆円で前年同期比9.8%増、日帰り旅行消費額は1.2兆円で前年同期比5.7%増となった。 ○ 日本人国内延べ旅

2015年11月25日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

旅行・観光消費動向調査平成27年7-9月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成27年7-9月期(速報)~日本人国内旅行は消費額・延べ旅行者数ともに前年同期よりも増加~ 最終更新日:2015年11月18日旅行・観光消費動向調査平成27年7-9月期(速報)の調査結果を取りまとめました。 ○ 日本人国内旅行消費額は6.5兆円で、前年同期比14.8%増。4-6月期に続き、2期連続で前年同期比2桁増。○ 日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は5.2兆円で前年同期比19.1%増、日帰り旅行消費額は1.4兆円で前年同期比1.3%増となった。 ○日本人国内

2015年9月8日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

訪都旅行者数等の実態調査

訪都旅行者数等の実態調査結果 平成26年訪都旅行者による経済波及効果は約12.0兆円平成27年1月から3月の外国人旅行者数は約255万人(前年同期比37.5%増)で四半期で過去最高を記録平成27年9月7日産業労働局 東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として訪都旅行者数等に関する調査を実施しています。今回、平成26年訪都旅行者による経済波及効果及び平成27年1月から3月までの訪都旅行者数(速報値)をまとめましたのでお知らせします。調査結果のポイント1 訪都旅行者による経済

2015年6月30日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

宿泊旅行統計調査(平成26年・年間値(確定値))

宿泊旅行統計調査(平成26年・年間値(確定値))~平成26年の延べ宿泊者数は約4億7,350万人泊で前年比+1.6%~ 最終更新日:2015年6月30日宿泊旅行統計調査の平成26年・年間値(確定値)を取りまとめました。○平成26年の延べ宿泊者数は、約4億7,350万人泊(前年比+1.6%)であった。○そのうち、日本人延べ宿泊者数は約4億2,868万人泊(前年比-0.9%)、外国人延べ宿泊者数は約4,482万人泊(前年比+33.8%)であった。また、延べ宿泊者数全体に占める外国人宿泊者数の割合は9

2015年6月30日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

旅行・観光消費動向調査 平成26年・年間値(確定値)

旅行・観光消費動向調査 平成26年・年間値(確定値)~国内旅行の延べ旅行者数、消費額ともに前年比でマイナス~ 最終更新日:2015年6月30日〇国内旅行の延べ旅行者数は5億9,522万人で、前年比5.7%減。〇そのうち、宿泊旅行の延べ旅行者数が2億9,734万人で、前年比7.2%減、日帰り旅行の延べ旅行者数が2億9,788万人で、前年比4.1%減となった。【誤】〇国内旅行消費額は18.5兆円で、前年比8.1%減。〇そのうち、宿泊旅行消費額が14.0兆円で、前年比9.1%減、日帰り旅行消費額が4.

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンド観光と消費税免税

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本政府観光局(JNTO)によれば、2014年度の訪日外国人旅行者(訪日旅行者)数は、前年度比33.6%増加して過去最高の1,467万人を記録したという。14年度の旅行収支における受取額は同6,537億円増加し、旅行収支も55年ぶりに2,099億円の黒字になった。直近の15年1-3月期では、訪日旅行者数が前年同期比43.7%増の約413万人、旅行消費額も同64.4%増の7,066億円と大きく増加してお

2015年6月10日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

白書です。

「平成26年度観光の状況」及び「平成27年度観光施策」(観光白書)

「平成26年度観光の状況」及び「平成27年度観光施策」(観光白書)について 最終更新日:2015年6月9日 本年の観光白書は、(1)平成26年度の国内外の観光の動向、(2)近年のインバウンド消費拡大の要因の分析やインバウンド消費を取り込むための各産業、地域の取組等について重点的に記載した。 2014年(平成26年)の国際観光客到着数は11億3800万人(対前年比4.7%増)となり、初めて年間11億人を突破した。訪日外国人旅行者数は1,341万人と、この2年間で500万人の増加となった。 2.拡大

2015年5月31日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

北海道における外国人観光客の消費動向と今後の誘致の課題

2015 年 5 月 29 日日本銀行札幌支店北海道金融経済レポート北海道における外国人観光客の消費動向と今後の誘致の課題本稿の執筆は札幌支店営業課薄井良輔が担当しました。本レポートで示された意見は執筆者に属し、必ずしも日本銀行札幌支店の見解を示すものではありません。照会先:日本銀行札幌支店営業課 橋本(TEL:(011)241-5232)本レポートはインターネット(http://www3.boj.or.jp/sapporo/)からもご覧いただけます。本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行

2015年5月29日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成27年1-3月期(速報)~国内旅行による消費額は4期連続で前年同期比がマイナス~

旅行・観光消費動向調査 平成27年1-3月期(速報)~国内旅行による消費額は4期連続で前年同期比がマイナス~ 最終更新日:2015年5月29日●平成27年1-3月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は4.3兆円で、前年同期比10.2%減。○国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額が3.2兆円で、前年同期比11.9%減、日帰り旅行消費額が1.0兆円で、前年同期比4.4%減となった。観光庁観光戦略課 森(内線27-211)観光戦略課調査室 山本、岸本、紺野(内線27-215、27-218)T

2015年5月24日商工中金★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

訪日外国人旅行客の増加

情報メモ NO.27-24訪日外国人旅行客の増加地域経済シリーズ①2015 年 5 月 19 日 調査部担当 百武 伸英TEL:03-3246-93701.動向と背景 2015 年 3 月の訪日外国人旅行客1は 152 万 6 千人となり、単月で過去最高を記録した(図表 1) 。 外国人旅行客が支出した宿泊費や飲食代、土産代等の旅行消費額は 2015 年 1-3 月期に 7,066 億円となり、こちらも過去最高を記録した(図表 2)。うち、電化製品や化粧品等を大量に購入する「爆買い」が有名に

2015年4月30日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

訪日外国人消費動向調査 平成27年1-3月期の調査~平成26年1-3月期以降、5四半期連続で1四半期の最高値を更新し7,066億円に~

訪日外国人消費動向調査 平成27年1-3月期の調査結果 ~平成26年1-3月期以降、5四半期連続で1四半期の最高値を更新し7,066億円に~ 最終更新日:2015年4月30日○平成27年1-3月期の訪日外国人1人当たりの旅行支出は171,028円。前年同期(149,517円)比14.4%増加。 ○訪日外国人の旅行消費額は7,066億円。前年同期(4,298億円)比64.4%増加。平成26年10-12月期旅行消費額5,605億円を超え、1四半期として過去最高値を記録。●訪日外国人1人当たりの旅行支

2015年3月31日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成26年10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査 平成26年10-12月期(速報)~国内旅行による消費額は3期連続で前年同期比がマイナス~ 最終更新日:2015年3月31日●平成26年10-12月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は4.9兆円で、前年同期比8.5%減。○国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額が3.8兆円で、前年同期比8.1%減、日帰り旅行消費額が1.1兆円で、前年同期比9.8%減となった。 観光庁観光戦略課 森(内線27-211)観光戦略課調査室 山本、岸本、紺野(内線27-215、27-21

2015年3月30日山梨県フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年第4四半期の宿泊旅行統計調査

ここから本文です。平成26年第4四半期の宿泊旅行統計調査結果について概要・経緯等○平成19年1月、国土交通省が全国統一基準による「宿泊旅行統計調査」を開始○平成27年3月26日、観光庁から平成26年第4四半期(10月から12月)の調査結果を発表○調査方法観光庁が全国のホテル、旅館、簡易宿所などの宿泊施設に直接調査を実施し、その結果を基に集計を行った。 1 調査対象施設 50,802施設(うち山梨県1,314施設) 2 調査内容1.各都道府県別延べ宿泊者数2.各都道府県別外国人延べ宿泊者数3.国籍

2015年3月28日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

訪日外国人消費動向調査 2014年 年間値(確報)

訪日外国人消費動向調査 平成27年(2015年)年間値(速報) および平成27年10-12月期の調査結果~年間値で初めて3兆円を突破!中国人の買物支出が牽引~ 最終更新日:2016年1月19日○ 平成27年の訪日外国人旅行消費額(速報)は3兆4,771億円となり、年間値で初めて3兆円を突破。前年(2兆278億円)に比べ71.5%増。訪日外国人旅行者の1人当たり旅行支出(速報)は17万6,168円(前年比16.5%増)。○平成27年10-12月期の訪日外国人全体の旅行消費額(速報)は8,804億円

2015年1月30日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドでの消費動向です。

訪日外国人消費動向調査平成26年10-12月期結果

訪日外国人消費動向調査平成26年10-12月期結果 ~平成26年1-3月期以降、4四半期連続で1四半期の最高値を更新し5,605億円に~ 最終更新日:2015年1月30日○平成26年10-12月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は152,471円。前年同期(140,440円)比8.6%増加。○訪日外国人の旅行消費額は5,605億円。前年同期(3,698億円)比51.6%増加。平成26年1-3月期以降、4四半期連続で1四半期の最高値を更新。 ●訪日外国人一人当たりの旅行支出は152,471円。 前

2015年1月21日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

訪日外国人消費動向調査 2014年 年間値(速報)

訪日外国人消費動向調査 2014年 年間値(速報)~訪日外国人旅行消費の総額は2兆305億円で過去最高!~ 最終更新日:2015年1月20日○一人当たり訪日外国人旅行消費額は、前年(13万6,693円)比10.7%増の15万1,374円と推計され、過去最高額。○2014年の訪日外国人旅行消費の総額は、前年(1兆4,167億円)比43.3%増の2兆305億円と推計され、こちらも過去最高額。・一人当たり訪日外国人旅行消費額は、前年(13万6,693円)比10.7%増の15万1,374円と推計され、過

2014年12月21日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成26年7-9月期(速報)~国内旅行による消費額は前年同期比で2期連続減少~

旅行・観光消費動向調査 平成26年7-9月期(速報)~国内旅行による消費額は前年同期比で2期連続減少~ 最終更新日:2014年12月19日●平成26年7-9月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は5.7兆で、前年同期比11.2%減。○国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額が4.3兆円で、前年同期比13.3%減、日帰り旅行消費額が1.4兆円で、前年同期比3.6%減となった。観光庁観光戦略課 森(内線27-211)観光戦略課調査室 山本、岸本、紺野(内線27-219、27-215、27-2

2014年11月23日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

免税店についての統計です。

免税店(輸出物品販売場)店舗数(2014年10月1日)

免税店(輸出物品販売場)店舗数(2014年10月1日)を公表しました 最終更新日:2014年11月19日10月1日現在の全国の免税店数は合計で9,361店。半年間で 3,584店増加。 観光庁 観光戦略課 免税制度改革チーム 担当:森(内線:27-211) 古川、矢後、岡田TEL 03-5253-8111(代表) 03-5253-8322(直通) 観光庁 [アクセス・地図]住所:〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3電話:03-5253-8111(国土交通省代表)

2014年11月19日日本交通公社フィードバック数:0大型消費/投資

観光プログラム/着地型旅行商品の有望な潜在顧客とは?

観光プログラム/着地型旅行商品の有望な潜在顧客とは? [コラムvol.231]観光プログラム開発の課題 次号の当財団機関誌「観光文化」(2015年1月発行予定)では、地域発の観光プログラムに関する特集を掲載予定です。地域の観光推進組織や事業者などが主体となった観光プログラム開発は、全国各地で行われるようになっています。これにより、まち歩きや農業体験、自然ガイドツアーといった地域資源を活用した観光プログラムが作られるようになりましたが、流通・販売面ではまだまだ課題が散見されるのが現状です。具体的に

2014年11月3日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成26年4-6月期(速報)

旅行・観光消費動向調査 平成26年4-6月期(速報) 最終更新日:2014年10月31日●平成26年4-6月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は4.7兆円で、前年同期比9.7%減。○国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額が3.4兆円で、前年同期比10.0%減、日帰り旅行消費額が1.3兆円で、前年同期比8.8%減となった。●平成26年4-6月期の月別の動き○平成26年4月から6月にかけて、国内旅行消費額、宿泊旅行消費額、日帰り旅行消費額は、全ての月で前年同月を下回った。観光庁観光戦略課

2014年10月22日鹿児島県★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

平成25年鹿児島県観光統計(1月~12月)

ここから本文です。平成25年「鹿児島県の観光の動向~鹿児島県観光統計~」をとりまとめました「鹿児島県の観光の動向~鹿児島県観光統計~」とはこの「鹿児島県の観光の動向~鹿児島県観光統計~」は,平成25年(1月~12月)1年間の宿泊者(延べ宿泊者数),日帰り客(延べ日帰り客数)及び外国人宿泊者(外国人延べ宿泊者数)の動向等について「宿泊旅行統計」(観光庁),「観光入込客統計」(観光庁),「鹿児島県観光動向調査」(鹿児島県)の統計結果や,県内市町村,関係機関等の御協力を得て実施した観光地点入込状況,交

2014年9月25日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査 平成26年4-6月期(暫定値)

宿泊旅行統計調査 平成26年4-6月期(暫定値)を公表します 最終更新日:2014年9月24日宿泊旅行統計調査(平成26年4月~6月・暫定値)~延べ宿泊者数は約1億1,039万人泊で、前年同期比+1.8% ~○当期の延べ宿泊者数は約1億1,039万人泊で、前年同期比+1.8%であった。○その内、外国人延べ宿泊者数は約1,171万人泊で、前年同期比+32.1%と、平成25年第3四半期より連続で30%超の伸び率であった。また、延べ宿泊者数全体に占める外国人宿泊者数の割合は10.6%と、2期連続で最高

2014年9月25日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会(第4回)

行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会(第4回)日時場所 総務省第3特別会議室(中央合同庁舎第2号館 11階) 議題各分野のヒアリングについて医療分野(東京大学大学院医学系研究科 山本特任准教授)観光分野(観光庁)地方自治体の取組(千葉市)意見交換研究会の今後の進め方について 配付資料 行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会

2014年8月1日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成25年10-12月期(確報)、平成26年1-3月期(速報)

旅行・観光消費動向調査 平成25年10-12月期(確報)、平成26年1-3月期(速報)~国内宿泊旅行による消費額は前年同期比で10%近く増加!~ 最終更新日:2014年7月31日●平成25年10-12月期の日本人国内旅行の動向(確報)○国内旅行消費額は4.9兆円で、前年同期比6.7%増。○ 宿泊旅行消費額が前年同期比8.5%増、日帰り旅行消費額が前年同期比1.3%増だったため、全体の旅行消費額が前年同期比6.7%増となった。●平成26年1-3月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は4

2014年8月1日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査 平成26年4-6月期

訪日外国人消費動向調査 平成26年4-6月期~訪日外国人による旅行消費額は2期連続で過去最高!~ 最終更新日:2014年7月31日○平成26年4-6月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は143,942円。前年同期(136,151円)比5.7%増加。○訪日外国人の旅行消費額は4,874億円。前年同期(3,675億円)比32.6%増加。 ●訪日外国人一人当たりの旅行支出は143,942円。前年同期(136,151円)と比べると、5.7%増加。●全国籍・ 地域の一人当たり旅行支出が増加した主因は、20

2014年7月6日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年度訪日プロモーション方針

「平成26年度訪日プロモーション方針」を決定 ~ 訪日2000万人に向け、より科学的・合理的な分析の下、戦略的にプロモーションを実施 ~ 最終更新日:2014年7月4日○本年4月に観光庁に新設した「マーケティング戦略本部」において初めて外部専門家の知見を取り入れ、 より科学的・合理的な分析の下、平成26年度(2014年度)の「市場別訪日プロモーション方針」を策定しました。○従来のプロモーション方針を見直し、従来の主要ターゲットであった「ボリューム層」に加え、 今後は「潜在的ボリューム層」や「将来

2014年7月1日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査 平成26年1-3月期(暫定値)

宿泊旅行統計調査 平成26年1-3月期(暫定値)を公表します 最終更新日:2014年7月1日宿泊旅行統計調査(平成26年1月~3月・暫定値) ~延べ宿泊者数は約1億666万人泊で、前年同期比+2.2% ~○当期の延べ宿泊者数は約1億666万人泊で、前年同期比+2.2%であった。 ○その内、外国人延べ宿泊者数は約920万人泊で、前年同期比+37.3%と、平成25年第3四半期より連続で30%超の伸び率であった。また、延べ宿泊者数全体に占める外国人宿泊者数の割合は8.6%と、調査開始以来最も高い割合と

2014年7月1日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

宿泊旅行統計調査 平成25年年間値(確定値)

宿泊旅行統計調査 平成25年年間値(確定値)を公表します 最終更新日:2014年7月1日宿泊旅行統計調査(平成25年1月~12月) ~平成25年の年間値(確定値)延べ宿泊者数の伸び率は、6.3%~○平成25年の年間(確定)の延べ宿泊者数は約4億6,721万人泊で、対前年比+6.3%と、昨年の伸び率+5.3%に続き、2年連続で5%超の高い伸び率であった。 ○その内、外国人延べ宿泊者数は3,351万人泊で、対前年比+27.4%と大きく伸びた。 ○国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数の伸び率をみると、タ

2014年6月11日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

白書です。

「平成25年度観光の状況」及び「平成26年度観光施策」(観光白書)

「平成25年度観光の状況」及び「平成26年度観光施策」(観光白書)について 最終更新日:2014年6月10日 本年の観光白書は、(1)訪日外国人旅行者1,000万人達成の要因分析を含む平成25年度の観光の動向、(2)2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向け参考となる過去の大会の教訓等について重点的に記載した。 2013年(平成25年)の訪日外国人旅行者数は、対前年比24%増の1,036万人となった。過去10年間の訪日外国人旅行者数の伸び(98.9%増)は、UNWTO(国連世界観光機

2014年5月22日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

平成24年(2012年)の旅行消費額(確定値)

平成24年(2012年)の旅行消費額(確定値)~旅行消費額は22.5兆円。これまで減少傾向にあったが、6年ぶりに増加!~ 最終更新日:2014年5月21日○旅行消費額は22.5兆円。これまで減少傾向にあったが、6年ぶりに増加に転じた(微増)。○旅行消費額を市場別に見ると、訪日外国人旅行等による消費額が前年比29.6%と大きく増加。○旅行消費額22.5兆円がもたらす生産波及効果は46.7兆円であり、これにより、399万人の雇用誘発効果があると推計。 詳細は以下をご参照下さい。観光庁観光戦略課 森(

2014年5月22日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成25年7-9月期(確報)、10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査 平成25年7-9月期(確報)、10-12月期(速報)~旅行消費額は平成25年1-3月期、4-6月期に続き堅調に推移!~ 最終更新日:2014年5月21日●平成25年7-9月期の日本人国内旅行の動向(確報)○国内旅行消費額は5.8兆円で、前年同期とほぼ横ばい。○宿泊旅行消費額は前年同期を下回ったが、日帰り旅行消費額が前年同期を上回り、全体の旅行消費額は前年同期とほぼ横ばい。●平成25年10-12月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は5.4兆円で、前年同期比2.

2014年5月22日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査 平成26年1-3月期

訪日外国人消費動向調査 平成26年1-3月期~訪日外国人による旅行消費額は四半期別としては過去最高!~ 最終更新日:2014年5月21日○平成26年1-3月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は149,523円。前年同期(128,352円)比16.5%増加。当調査の最高値を記録。○訪日外国人の旅行消費額は4,298億円。前年同期(2,894億円)比48.5%増加。調査開始以降、1四半期で4,000億円を超えたのは初めてであり、当調査の最高値。1.訪日外国人一人当たりの旅行支出は149,523円 ●

2014年5月21日東京都★フィードバック数:0大型消費/投資

国内、海外からの旅行者数です。

平成25年訪都旅行者数等の実態調査結果

平成25年訪都旅行者数等の実態調査結果 外国人旅行者数は過去最多の約681万人(前年比22.5%増)日本人旅行者数は初めて5億人を突破平成26年5月19日産業労働局 東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として、訪都旅行者数、観光消費額の推計に関する調査結果をまとめました。調査結果のポイント訪都外国人旅行者数・日本人旅行者数及び観光消費額(平成25年1月〜12月)平成25年に東京都を訪れた外国人旅行者は約681万人(対前年比22.5%増)、日本人旅行者は約5億600万人(同

2014年4月18日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

主要旅行業者の旅行取扱状況速報(平成26年2月分)

主要旅行業者の旅行取扱状況速報(平成26年2月分) 最終更新日:2014年4月17日主要旅行業者の旅行取扱状況速報(平成26年2月分)を発表します。 観光庁 [アクセス・地図]住所:〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3電話:03-5253-8111(国土交通省代表)

2014年3月27日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

25年7月から9月 訪都旅行者数等実態調査結果(速報値)

平成25年7月から9月までの訪都旅行者数等実態調査結果(速報値)―外国人旅行者数は約187万人(前年同期比19.8%増)、日本人旅行者数は約1.3億人(同6.1%増)―平成26年3月26日産業労働局 東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として、訪都旅行者数等に関する調査を実施しています。今回、平成25年7月から9月までの訪都旅行者数等(速報値)をまとめましたのでお知らせします。調査結果(速報値)のポイント 平成25年7月から9月までに東京都を訪れた旅行者(訪都旅行者《都内

2014年3月9日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

宿泊旅行統計調査(平成25年10月~12月、平成25年年間値(暫定値))

宿泊旅行統計調査(平成25年10月~12月、平成25年年間値(暫定値))~年間値(暫定値)としては、調査開始(平成19年)以来、最高値~ 最終更新日:2014年3月7日宿泊旅行統計調査の平成25年第4四半期の調査結果(暫定値)及び平成25年年間値(暫定値)を取りまとめました。○当期の日本人延べ宿泊者数は、約1億630万人泊(前年同期比+2.3%)で、外国人は約870万人泊(前年同期比+30.6%)。外国人の伸びが顕著。○国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数の伸び率では、中国(前年同期比+128.2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ