「設備利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

原子力20-22%は実現可能なのか?

連載コラム 自然エネルギー・アップデート2015年5月21日 高橋洋 都留文科大学教授・自然エネルギー財団特任研究員 政府のエネルギーミックスを巡る議論が大詰めを迎えている。既に経済産業省の原案は提示されており、2030年時点の原発依存度、即ち、発電電力量に占める原子力の電源構成は、20-22%を目標とするという。本稿では、原子力20-22%は、実体としてどういう状況を指すのか、この数値目標は実現可能なのか、考えてみたい。政府の予測では、2030年時点の総発電電力量は10650億kWhである。従

2014年3月2日富士通★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

バイオガスについてのレポートです。

地域エネルギー事業としてのバイオガス利用に向けて

地域エネルギー事業としてのバイオガス利用に向けて要旨農業残渣、食品加工残渣、家畜糞尿、下水汚泥、生ごみなど、遍在する有機廃棄物を原料とするバイオガスは、全国各地で展開することができる地域エネルギー事業として有望である。ドイツではバイオガス事業が全国各地に普及し、特に発電では再生可能エネルギーの中でも重要な位置を占めている。再生可能エネルギー法(EEG)が契機となり、各地にできたプラントメーカーや関連企業による低価格で各事業に最適なプラント導入、トレーニングを受けた事業者による運用により、農村に新

2012年6月14日電気事業連合会フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

2012年5月分 発受電速報

2012年6月13日 電 気 事 業 連 合 会2012年5月の発受電速報<発受電電力量> 1.全国の概要     5月の発受電電力量は、東日本大震災による影響の反動増などから10社計で 691.0億kWh、   前年同月比 100.2%となった。 (主な内訳)   「水 力」:出水率が前年同月値を下回ったことなどから、61.6億kWh、前年同月比 87.2%        となった。       「火 力」:原子力発電電力量が減少したことなどから、502.1億kWh、前年同月比 133.9%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ