調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 設備投資比率

「設備投資比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月5日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)を実施しました~2015年度における海外現地法人の動向~ 経済産業省は、毎年、我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し取りまとめの上で公表しています。このたび第46回の調査結果を取りまとめました。 2015年度における現地法人の動向は以下のとおりです。 製造業の海外生産比率(国内全法人ベース25.3%)は過去最高水準。海外設備投資比率

2015年3月16日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業の国内回帰についての調査です。

最近の国内回帰の動きと今後の展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 最近の国内回帰の動きと今後の展望2012年秋以降の円安進行の効果が一部で顕在化 2015年3月16日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2012年秋以降、為替レートが円安方向へと大きく転じたが、その後もしばらくの間は、企業の海外生産移転が抑制されるような兆しは見られなかった。しかし、2014年後半になって、複数の企業が海外生産拠点の一部を国内に戻す計画を明らかにしたことなど

2012年9月14日内閣府★フィードバック数:3社会/政治

海外生産シフト/空洞化の影響についてのレポートです。

日本企業の海外生産シフトの雇用等への影響について

12/4/6 10 時 17 分1.はじめに企業の海外における新たな生産の開始、国内における工場生産能力や従業員の削減等、昨今、こうした製造業の「空洞化」懸念につながるニュースが聞かれる(表1参照)。しかし、こうした「空洞化」懸念の高まりは今回が初めてではない。なぜ最近「空洞化」懸念が高まっているのか、過去の懸念が高かった時期と比較して国内雇用の動向等に違いがあるのか、本稿においては、最近の「空洞化」懸念の高まりに関する特徴を考察する 1。2.「空洞化」に関する懸念・現場の声(1)報道における「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ