「設置場所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月25日三井住友銀行フィードバック数:0マーケティング

さらなる成長が期待されるデジタルサイネージ市場

産業トピックスMonthly ReviewMR株式会社三井住友銀行P. 12015 年 4 月企業調査部瀧雄介さらなる成長が期待されるデジタルサイネージ市場街頭や電車内などに設置されるデジタルサイネージ(電子看板)は、通信・IT 技術の活用によって、既存のマス媒体では訴求が困難だった屋外の有効な広告媒体として導入が進んでいます。また最近では災害対策や訪日外国人向け情報伝達手段としての活用も期待されており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、一層の普及が見込まれています。ークで一

2015年3月10日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがデータセンターについての調査結果を公開しました。

データセンター(DC)の導入状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年12月8日〜12月24日にかけて「データセンター(DC)」に関するアンケートを実施した(有効回答数:341)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の51.6%、一般部門が48.4%という構成比であった。 今回、お聞きしたのはデータセンターの「利用状況」や「利用目的・きっかけ」「設置場所」「利用料金」「利用しない理由」など、データセンターの利用状況を把握するための質問。その結果、データセンターを利用中の企業は全体の44.0%であるが、約2年前の同調査結果と比べる

2010年6月14日矢野経済研究所フィードバック数:10マーケティング

3割の人が知っているデジタルサイネージ

2010年06月08日 3割の人が知っているデジタルサイネージ 調査要綱デジタルサイネージとは、屋外や店頭、交通機関など、家庭以外の場所においてディスプレイなどの表示機器で情報を発信する媒体の事である。 デジタルサイネージの最大の特長は、“ある特定のエリア、ある特定の時間にいる人”に対して、静止画や動画、音声などによって分かりやすい情報を発信している為、情報の訴求度が高い事にある。現在は「販促ツール(例:店頭や店舗内に設置)」・「広告媒体(例:鉄道車両内に設置)」を主としたデジタルサイネージが活

2008年10月27日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

火災警報器の設置義務化、3割「知らない」。設置率も4割半にとどまる

火災警報器の設置義務化、3割「知らない」。設置率も4割半にとどまる 火災警報器に関する意識調査 火災警報器の設置義務化、3割「知らない」。設置率も4割半にとどまる2006年6月からすべての住宅に火災報知器の設置が義務付けられた。実際のところどれくらい普及しているのだろうか?20代から40代を中心とするネットユーザー男女421名の回答を集計した。回答者の自宅の築年数は「10年以上」が303名(72.0%)、「5年~10年未満」が69名(16.4%)、「1年~5年未満」が49名(11.6%)。住居の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ