「診療科」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月9日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

リハビリテーション病院における脳卒中リハビリ実態アンケート調査を実施(2016年)

2016年11月29日 リハビリテーション病院における脳卒中リハビリ実態アンケート調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて脳卒中リハビリテーションに関する病院アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年5月~6月2.調査対象:国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院(集計対象85件)3.調査方法:郵送(留置)アンケート方式<本アンケート調査について>本アンケート調査では、国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院を対象として、脳卒中(脳血管障害)患者に

2016年5月2日東京都フィードバック数:0ライフスタイル

医師・歯科医師・薬剤師調査 東京都集計結果報告(平成26年)

「医師・歯科医師・薬剤師調査 東京都集計結果報告(平成26年)」 医師数は引き続き増加。小児科(主たる)は4.0%増加。平成28年4月19日福祉保健局 この度、平成27年12月に厚生労働省が公表した「平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」の結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせします。この調査は2年に一度実施しているものです。(前回調査は平成24年実施)前回調査に比べ、主たる診療科別でみた場合の小児科の医師数と小児外科の医師数との合計は、94人増加(4.0%増加)しました。また

「特発性正常圧水頭症(iNPH)」に関する実態調査

手術により改善が見込める認知症「特発性正常圧水頭症(iNPH)」に関する実態調査「iNPHを知らない」一般の方は90.1% 〜認知症の可能性を疑って脳神経外科または神経内科を受診する人は半数以下〜 2015年5月12日手術により改善が見込める認知症「特発性正常圧水頭症(iNPH)」に関する実態調査「iNPHを知らない」一般の方は90.1% 〜認知症の可能性を疑って脳神経外科または神経内科を受診する人は半数以下〜ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニー(本社:東京都千代田区、代

医学生対象の調査です。

医学生のキャリア意識に関する調査

医学生たちの診療科の選択を含めた現時点でのキャリア意識の実態把握を目的とし、医学部医学科の学生を対象にアンケート調査を行った(n=1,309)。 医学部での学習と将来のキャリアについては、大部分の医学生が肯定的に捉えている。気になる点としては、医学部における授業・実習の内容へ満足している割合が比較的低いことである。 自分自身の視野・世界が狭いと感じている医学生の割合は、全体の3分の2弱、また、医学・医療系以外の友人・知人との交流や医学・医療系以外の読書の機会をそれなりに持っている医学生はともに約

2015年2月20日メドピアフィードバック数:0キャリアとスキル

「専門診療科を選択した決め手」に関する調査

「専門診療科を選択した決め手」に関する調査

2014年4月30日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

医師・歯科医師・薬剤師調査 東京都集計結果報告(平成24年)

「医師・歯科医師・薬剤師調査 東京都集計結果報告(平成24年)」―医師数は引き続き増加。小児科(主たる)は6.4%増加。―平成26年4月30日福祉保健局 この度、平成25年12月に厚生労働省が公表した「平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」の結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせします。この調査は2年に一度実施しているものです。(前回調査は平成22年実施)前回調査に比べ、主たる診療科別でみた場合の小児科の医師数と小児外科の医師数との合計は、141人増加(6.4%増加)しました。

2013年10月18日十仁美容整形フィードバック数:0ライフスタイル

美容整形の「今と昔」の調査

[] 報道関係資料2013年10月18日財団法人 日本美容外科学会 十仁美容整形美容整形が、国会で「美容外科」の診療科名で正式に認められたのが、1978年(昭和53年)10月27日(※)。今年で35年目を迎えます。そこでこの日に合わせ、美容整形の「今と昔」の調査結果を報告します。※それまでは「整形外科」を標榜◆「美容外科」の制定まで故・梅澤文雄十仁病院長が中心となり1948年(昭和23年)に「日本美容医学研究会」を設立。そして1956年(昭和31年)、当時の美容整形の権威である米バースン医師が来

2013年4月1日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム 病院のサービス(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間の病院・診療所の利用者は8割弱。「年数回」「月1回」「2〜3ヶ月に1回」が各2〜3割。最頻利用医療機関は「小規模の診療所・医院・クリニック」が6割で最も多く、「民間の総合病院」「民間の専門病院」が各1割強 医療機関選定時の重視点は「アクセスのよさ」に続き、「待ち時間の短さ」「医師の説明のわかりやすさ」「医師の診察内容、処置」が上位 直近1年間の最頻利用医療機関の不満点は「アクセスのよさ」「待ち時間の短さ」上位2位。「医師の診察内容

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ