「評価制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月27日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の評価と給与に関する調査

従業員の8割以上が人事評価と給与は「連動していない」・「連動しているかわからない」と回答 連動していない理由は「年功序列だから」・「固定給だから」という回答が目立つ結果に 会社規模30名未満の給与基準は「社長の独断」が52.1% ~中小企業の評価と給与に関する調査~人事評価クラウド型運用おせっかいサービス「ゼッタイ!評価®」を提供する株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、評価と給与に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、

2017年4月13日アドビ システムズフィードバック数:0キャリアとスキル

Performance Reviews Get a Failing Grade(パフォーマンスレビューに不合格判定)

アドビからソフトウェアおよびマーケティング製品、会社情報、CSR活動やキャンペーン情報などをお知らせする、コーポレート・コミュニケーションブログです。 HOME#アドビ 調査、従業員の #人事評価 のやり方が時代遅れになっていることを示唆#アドビ 調査、従業員の #人事評価 のやり方が時代遅れになっていることを示唆マネージャーが社員の査定に費やす時間を年間10万時間以上削減したアドビ独自の人事評価制度「チェックイン(Check-in)」をオープンソース化米国では企業の従業員の多くが、年に一度の人

2016年9月1日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

人事評価への社員納得度が高い企業ランキング

人事評価への社員納得度が高い企業ランキングを発表!ポイントは透明性の高さと自主性にあり?!― 日本最大級の企業クチコミサイト『カイシャの評判』調べ ― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の企業クチコミサイト『カイシャの評判』( https://en-hyouban.com/ )上では、企業の社員・元社員に社風や待遇に関するアンケート調査を行ない、結果をポイント化した「会社分析レポート」として公表しています。今回は「会社

ワークスタイルとITに関する意識調査2015

シトリックス、「ワークスタイルとITに関する 意識調査2015」 の結果を発表テレワークを日常的に実践している人はその効果をポジティブに捉えており、 効果の実感度には制度面やIT環境などの企業サポートが、 今後のテレワーク継続および拡大意欲には 評価制度が最も関連していることが明らかに シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、以下、シトリックス) は本日、「ワークスタイルとITに関する意識調査2015」の結果を発表しました。この調査は、従業員数20名以上の

2015年5月31日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

「ディスプレイ業」の職業能力評価基準

平成27年5月29日【照会先】職業能力開発局能力評価課課長 宮本 悦子課 長 補 佐 和田雄次朗(代表電話) 03(5253)1111(内線5995)(直通電話) 03(3502)6958中央職業能力開発協会 能力開発支援部長 峯 作二郎評価制度開発課長 高久 訓一(直通電話) 03(6758)2881 報道関係者各位「ディスプレイ業」の職業能力評価基準が完成しました 厚生労働省では、このたび、業界団体の協力を得て、「ディスプレイ業」の職業能力評価基準を新たに策定しました。「職業能力評価

ISMS認証についての調査です。

ISMS適合性評価制度に関するアンケート調査報告書

ISMS適合性評価制度に関するアンケート調査報告書

ホワイトカラーエグゼンプションについてのレポートです。

長時間労働と残業代の実態~新たな労働時間制度の導入~

○わが国の就業者一人あたり労働時間は、先進国の中で長い。6月24日に閣議決定された『「日本再興戦略」改訂2014』では、時間ではなく成果で評価する「新たな労働時間制度」、いわゆる「残業代ゼロ制度」の創設が明記された。人口減少社会では労働生産性の向上と長時間労働の抑制がより重要になっている。○固定費としての性質が強い所定内給与は横ばいでの推移が続いている一方、所定外給与や特別給与は振れが大きく、変動費のような特徴を持つ。所定内給与が伸び悩む中、本来は企業業績に見合って支払われるはずの特別給与は経常

2008年12月9日野村総合研究所フィードバック数:7キャリアとスキル

日本企業の役員処遇(報酬・評価・能力開発)に関するアンケート調査2008

役員退職慰労金制度を持たない企業が約6割 ~ 「日本企業の役員処遇(報酬・評価・能力開発)に関するアンケート調査2008」を実施 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、 2008年9~10月、東証一部・二部上場企業を対象に、「日本企業の役員処遇(報酬・評価・能力開発)に関するアンケート調査2008」を実施しました。このアンケート調査は、NRIが2004年度から毎年実施しているものです。その結果、役員退職慰労金制度を持たない企業が、回答企業の約6割(5

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ