「認定設備」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

再生可能エネルギー発電推進の課題と取組み――2年目に入り見えた課題,地域・自治体と農協系統における取組み――

再生可能エネルギー発電推進の課題と取組み─2年目に入り見えた課題,地域・自治体と農協系統における取組み─理事研究員 渡部喜智〔要   旨〕1  再生可能エネルギー(「再生エネ」)を電源とする電気の固定価格買取制度における認定設備の出力合計は,2013年 5 月に2,237万kWへ伸長している。しかし,電源別構成の 9 割超を太陽光発電が占め,なかでもメガソ−ラーが 6 割近い。また,メガソーラーを中心にした認定設備の急速な積み上がりの反面,稼働した設備の比率の低さが目立つ。早期稼働に向け認定を受

2012年11月6日内閣府★フィードバック数:10製造業/エレクトロニクス

固定価格買取制度以降の普及状況を見ています。

固定価格買取制度発足後の再生可能エネルギー普及動向

今週の指標 No.1048 固定価格買取制度発足後の再生可能エネルギー普及動向ポイント2012年11月5日2012年7月1日に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が導入された(注1)。制度発足から2012年度末までの導入量の予測は219万kWであるが、9月末までにこの制度の認定を受けた設備容量は178万kWと約8割、運転開始済みの設備容量は60万kWと約3割の達成率となっている(図1(1))(注2)。 再生可能エネルギー源別でみると、認定設備容量は非住宅用の太陽光が最も多い。非住宅用の太陽光とは

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ