「認知状況」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月21日ジャストシステム★フィードバック数:0デジタル家電

IoT家電に関する実態調査

4人に1人が「個人情報の提供が必要なら、IoT家電は使わない」 「IoT家電に関する実態調査」4人に1人が「個人情報の提供が必要なら、IoT家電は使わない」~70%超が購入時のセキュリティに関する説明を重要視~調査結果サマリー4人に1人が、「IoT家電は、個人情報の提供が必要なら、使わない」IoT家電は利便性が高まる一方、利用状況や位置情報などのさまざまな個人情報が蓄積されたり、送信されたりすることになります。利用状況や位置情報などの「個人情報を提供する必要があるなら、IoT家電は無条件で使いた

2017年2月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)

10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」~"リア充系CtoCサービス"は、若年層ほど強い利用意向~調査結果サマリー10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」スマートフォンユーザーのうち、ネット記事などをSNSでシェアする「ソー

2016年12月24日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

企業のスマートフォン対応に関する実態調査【2016年冬版】

Googleの「モバイル・ファースト・インデックス」の認知度は、4割以上 Web担当者に聞く!企業のスマホ対応最前線【2016年冬】Googleの「モバイル・ファースト・インデックス」の認知度は、4割以上モバイル対応済みサイトの6割以上がコンバージョン増加調査結果サマリーGoogleの「モバイル・ファースト・インデックス」の認知度は、4割以上企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査、クリエイターといった企業のWebに関わる職種の人のうち、2016年11月にGoogleより発表された「モバイ

2016年3月31日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】

2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍にスマホ利用後、最も接触頻度が変わったのは「雑誌」。4割以上が「減った」調査結果サマリー2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に「フリマアプリ」の利用率は2014年から2015年にかけて大幅に伸びました。特に20代女性の利用増が顕著

2015年4月1日イードフィードバック数:0ライフスタイル

機能性表示食品制度についての生活者事前実態調査

News 2015年4月1日 「機能性表示食品制度」の4月1日施行に先立って 生活者6,000人に事前実態調査を実施!株式会社イード 株式会社ロイヤリティ マーケティング 株式会社シード・プランニング 株式会社イード(本社:東京都新宿区 代表取締役 宮川 洋)、株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 長谷川 剛)、株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 代表取締役 梅田 佳夫)は、3社共同で、「機能性表示食品制度についての生活者事前実態調査」を実施いた

2015年3月28日イードフィードバック数:0大型消費/投資

e燃費アンケート2014-2015

News 2015年3月26日 『e燃費アンケート2014-2015』を発表 「e燃費」登録ユーザーのエコドライブ意識と実用燃費ログデータとの相関を集計・分析。今年のトピックスは「ACCの使用状況」「空調設定」「アイドリングストップ使用状況」「カタログ燃費認知度」など 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)が運営するマイカー燃費管理サービス「e燃費」()は、e燃費ユーザーを対象に行った燃費意識調査、e燃費ユーザーの登録情報およびe燃費ログデータを併せて集計・分析

2014年9月11日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2014年8月度)

10~20代の75.3%が固定電話を使わない。10代は8割がスマホを利用 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年8月度)10~20代の75.3%が固定電話を使わない。10代は8割がスマホを利用マンガ系アプリの認知率は、1位「Yahoo!ブックストア」、2位「LINEマンガ」調査結果サマリー10~20代の75.3%が固定電話を使わない。10代は8割がスマホを利用10代では75.0%、20代では75.5%がプライベートで「固定電話」を使っていないようです。逆に利用率が高かったのは「スマ

2014年8月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年7月度)

LINEユーザの半数近くが、スタンプ欲しさから、企業と「友達」に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年7月度)LINEユーザの半数近くが、スタンプ欲しさから、企業と「友達」に話題の「YouTuber」の認知率は4割以上。10~20代男性は7割が認知調査結果サマリー話題の「YouTuber」の認知率は4割以上。10~20代男性は7割が認知YouTubeに動画を数多くアップし、なかには広告収入を得ている人もいる「YouTuber(ユーチューバ―)」について、「存在を知っており、その動

2014年3月30日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

特別警報についての調査です。

特別警報の認知度等に関する調査結果について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 特別警報の認知度等に関する調査結果について報道発表日概要気象庁では、発表する情報の内容、提供方法等の改善に活かすため、国民の皆様を対象としたアンケート調査を平成13年度から実施し、利用者の皆様の評価、利活用状況や改善要望等を把握しています。 平成25年度の調査では、平成25年8月30日から運用を開始した「特別警報」の認知度や理解度について、インターネットを活用した全国的なアンケート調査(web調査)を実施しました。今回の調査では、(1)特別警

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業グリーン投資減税活用拡大に向けた実態等調査

平成 24 年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業グリーン投資減税活用拡大に向けた実態等調査報告書平成 25 年 2 月株式会社野村総合研究所目12調査概要 .......................................................................................................................... 11.1.調査背景と調査目的.................................

2013年7月21日ノークリサーチ★フィードバック数:6企業情報システム

話題のキーワードについての調査です。

2013年ビッグデータに対するユーザ企業の認知状況に関する調査報告

2013年ビッグデータに対するユーザ企業の認知状況に関する調査報告

博報堂DYによる地デジの普及状況調査です。

地上デジタル放送浸透度調査

地デジ対応型テレビ所有、着実に増加し(前年比プラス8.7%)6割を超える! ~博報堂DYメディアパートナーズ「地上デジタル放送浸透度調査」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2009年10月21日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:佐藤孝 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、地上デジタル放送開始前の2003年7月より、通算10回目となる地上デジタル放送の浸透度に関する調査を行いました。今回の報告書は、全10回の調査のうち2004年から2009年までの各7月

博報堂DYも地デジ移行の状況を調査しています。

第9回「地上デジタル放送浸透度調査」

対応型テレビ所有、一気に5割を突破。 ~博報堂DYメディアパートナーズ 第9回「地上デジタル放送浸透度調査」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2008年10月16日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:佐藤孝、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、地上デジタル放送開始前の2003年7月より、通算9回目となる地上デジタル放送の浸透度に関する調査を行いました。今回の報告書は、全9回の調査のうち2003年から2008年までの各7月時点の調査結果6回分を時系列でま

2008年10月7日IPA★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAによるまとまった調査です。

2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査

2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査の報告書公開掲載日 2008年 9月29日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)は、インターネット利用者を対象とした「2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査」を実施し、報告書を公開しました。 1.調査概要 (1) 調査方法:ウェブアンケート(2) 調査対象:15歳(高校生)以上の PC インターネット利用者(3) 調査期間:20

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ