「認知銘柄」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

アイスクリーム・氷菓に関する調査

プレスリリース「アイスクリーム・氷菓に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング アイスクリーム・氷菓に関する調査 報道関係各位平成27年9月28日株式会社クロス・マーケティング 今年の夏、アイスなに食べた?最も食べられた・想起率が高いアイスが判明! -アイスクリーム・氷菓に関する調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する15歳以上の男女を対象に「アイスクリーム・氷菓に関する調査」を実施しまし

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 解熱鎮痛剤(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ解熱鎮痛剤利用者は6割強、月1回以上利用者が2割強。購入場所は「(独立したチェーン店舗の)ドラッグストア」が最も多く、「(スーパーなどの店舗に併設された)薬局・薬店、ドラッグストア」が続く 「バファリン」「EVE」の認知率は各7割、「ノーシン」「ロキソニンS」「セデス」が各5〜6割。直近1年以内の市販の解熱鎮痛剤利用者は5割強。利用銘柄は「バファリン」「EVE」「ロキソニンS]が上位3位 市販の解熱鎮痛剤を利用する症状は「頭痛」が最も多く、

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 胃腸薬の利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ胃腸薬利用者は全体の5割弱で、過去調査より減少傾向。年代が高いほど利用者が多い。利用場面は「胃もたれ」「胃痛」「食べすぎ」「胸やけ」など。過去調査に比べ「胃もたれ」は減少傾向、「食べ過ぎ」が増加傾向 市販の胃腸薬選定時の重視点は「効能・効果」に続き、「効き目のはやさ」「価格」「飲みやすさ」などが上位。参考情報源は「テレビ番組・CM」「販売店の店頭の情報」「家族や友人の意見」「商品パッケージの説明」「医師、薬剤師、店員など」などが上位 市販の

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 解熱鎮痛剤(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ解熱鎮痛剤利用者は7割弱、月1回以上利用者が2割強。購入場所は「(独立したチェーン店舗の)ドラッグストア」が最も多く、「(スーパーなどの店舗に併設された)薬局・薬店、ドラッグストア」が続く 「バファリン」「EVE」「ノーシン」「セデス」の上位4銘柄の認知率はいずれも7〜8割。「ロキソニンS」は6割弱で、2011年調査時より増加 市販の解熱鎮痛剤利用者は6割。「バファリン」「EVE」が上位2位。過去調査に比べ「バファリン」は減少、「ロキソニン

2010年12月7日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

ガム - マイボイスコム

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへガムを食べる人は74.5%と約4分の3。週1回以上食べる人は36.1% 認知率の上位5位は「キシリッシュ」「キシリトール」「クロレッツ」「クールミントガム」「グリーンガム」 この1年間に食べたガムの上位3位は「キシリトール」「キシリッシュ」「クロレッツ」 ガムを食べる場面は「気分転換したいとき」、「車を運転するとき」など。ガムを食べる頻度が多い人では「仕事・勉強・家事をしながら」「昼食後」などが多い 【調査対象】 「MyVoice

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ