「説明変数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因-アンケート調査による接近-

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因―アンケート調査による接近―山梨大学大学院 医学工学総合研究部 教授一般社団法人 JA共済総合研究所 客員研究員渡 辺 靖 仁アブストラクト本研究では、まず、JA共済総合研究所の行ったアンケート調査の個票を用いて、稲作農家の「過去と将来の豊かさ観」に影響を与える要素を計量的に分析した。これによって、①経営の持続可能性を担保する後継者の存在は、将来の豊かさを高めること、②大規模経営であっても自分の代で廃業を考える農家の場合、将来が豊かになるという皮肉な結

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 最近の為替相場は日米金利差だけで為替を理解・説明することが難しくなっている。昨年のドル円レートを被説明変数とし、長期金利差を説明変数とする単回帰分析を行う

2013年9月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

USD/JPY説明変数入れ替え ~日米金利差を除外、米株PERを新規採用~

USD/JPY説明変数入れ替え ~日米金利差を除外、米株PERを新規採用~

2013年9月5日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業の借入金利等の決定要因に関する金融機関業態による差異について

論 文中小企業の借入金利等の決定要因に関する金融機関業態による差異について日本政策金融公庫総合研究所主任研究員森 岡   功要 旨本稿1では、日本政策金融公庫総合研究所が四半期ごとに実施している「全国中小企業動向調査(中小企業編)」における借入金利等に関する企業データ(2011年 1 − 3 月期~ 7 − 9 月期の7,126件)を利用して中小企業の短期借入金利、長期借入金利および長期借入期間の決定要因について実証分析を行った。具体的には、分析対象データ自体をあらかじめ都市銀行、地方銀行、第二

2013年6月30日厚生労働省★フィードバック数:4キャリアとスキル

統計分析です。

失業率と他の経済指標の関係

労働市場分析レポート第 11 号平成 25 年6月 28 日失業率と他の経済指標の関係① 失業率は、雇用情勢を判断する上で重要な指標であり、また、景気の遅行指標であることが知られている。そこで、生産活動を表す代表的な指標や他の雇用関係指標との関係について 2000 年1月から 2013 年2月までの期間で回帰分析した。② 他の指標を最大1年間、過去に1月(1期)ずつずらしていき、どのタイムラグの場合が最も決定係数(R2 :説明変数がどれだけ被説明変数を説明するかを表す指標)が高いか推計した。③

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ