「課税制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月22日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

国外所得免除方式の導入が海外現地法人の配当送金に与えた影響:2009-2011年の政策効果の分析

ノンテクニカルサマリー 国外所得免除方式の導入が海外現地法人の配当送金に与えた影響:2009-2011年の政策効果の分析 長谷川 誠 (政策研究大学院大学) 清田 耕造 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見

2015年3月17日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

国外所得免除方式の導入が海外現地法人の配当送金に与えた影響:2009-2011年の政策効果の分析

国外所得免除方式の導入が海外現地法人の配当送金に与えた影響:2009-2011年の政策効果の分析 長谷川 誠(政策研究大学院大学) /清田 耕造(ファカルティフェロー) 概要日本では2009年度税制改正において、外国子会社配当益金不算入制度が導入され、内国法人が海外子会社から受け取る配当が一定の条件のもとで非課税(益金不算入)となった。その結果、法人所得に関する日本の国際課税制度は、それまでの全世界所得課税方式(外国税額控除方式)から国外所得免除方式へと移行した。本論文では、この国際課税制

2014年4月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

米国の個人退職勘定(IRA)と日本への示唆

リサーチ TODAY2014 年 4 月 17 日米国の個人退職勘定(IRA)と日本への示唆常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国では401Kプラン等の企業年金と並んで、個人退職勘定(IRA)が国民の資産形成手段として重要な役割を果たしている。下記の図表(左)のようにIRAは1974年に創設されて以降、2012年末で約5.5兆ドル(約550兆円)の資産残高を有しており、図表(右)のように米国の退職後資金運用市場の約28%を占める規模にまで成長している。みずほ総合研究所は先月、米国のIRA

2013年10月1日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度アジア拠点化立地推進調査等事業(国際租税問題に関する調査(租税条約、課税問題及び外国事業体課税について))調査報告書

平成 24 年度アジア拠点化立地推進調査等事業(国際租税問題に関する調査(租税条約、課税問題及び外国事業体課税について))調査報告書平成 25 年 3 月経済産業省 貿易経済協力局貿易振興課委託先 KPMG 税理士法人目次第 1 章 調査概要...........................................................................................................................7第 1 節

2013年9月26日日本証券業協会★フィードバック数:0大型消費/投資

NISAもトピックになっています。

個人投資家の証券投資に関する意識調査 平成25年

個人投資家の証券投資に関する意識調査について  本協会では2006年から毎年、日本全国の個人投資家を対象に証券の保有状況や投資目的、課税制度に対する意見等証券投資の意識調査を行っています。ここでは、その結果を掲載しています。 本報告書の内容を引用または転載する際には、出所を明記してください。また、学術研究等のため、匿名個票データの利用をご希望の方はご連絡ください。

2013年8月12日Yahoo!★フィードバック数:0大型消費/投資

NISAの検索動向です。

少額投資非課税制度。話題の「NISA」ってどんな制度?

少額投資非課税制度。話題の「NISA」ってどんな制度?東京都中央区日本橋兜町の「東京証券取引所」 来年1月からスタートする「NISA(ニーサ)」。最近、よく見聞きするようになってきました。「NISA」とは「少額投資非課税制度」の愛称で、イギリスのISA制度を参考にした「日本版ISA」です。新規の投資に対し毎年100万円を上限として、本来20%課税される配当や譲渡益が最長5年間非課税となります。今年1月からの検索数推移をみると、「少額投資非課税制度」の愛称が「NISA」に決定した4月30日から「N

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ