「課税所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

交際費、非課税枠の拡大~平成25、26年度交際費課税改正の影響試算~

交際費、非課税枠の拡大~平成25、26年度交際費課税改正の影響試算~ | ニッセイ基礎研究所 交際費、非課税枠の拡大~平成25、26年度交際費課税改正の影響試算~ 薮内 哲企業向け税制改正は、どの程度景気の下支え役を担えるのだろうか。消費税率引き上げ後の消費拡大を図るため、平成26年度税制改正にて交際費の非課税枠が拡大された。これまで大企業は交際費を全額損金不算入としなければならなかったが、今年度の改正で交際費(飲食費1に限る)の50%を損金算入できるようになった。また中小企業においても平成2

税金負担率分析‐レジャー業界

税金負担率分析‐レジャー業界2014年08月12日今回は、レジャー業界3社の連結財務諸表の「税金負担率」と「法定実効税率」との調整項目を分析します。なお、調整項目は有価証券報告書の連結財務諸表の税効果会計関係の注記において、「法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因となった主要な項目別の内訳」に示されています。税金負担率(実効税率):(連結)損益計算書(PL)の法人税等の金額÷(連結)PLの税引前損益法定実効税率(法定税率):法人が属する国や地

2014年4月14日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【税・社会保障改革シリーズ No.17】法人実効税率引き下げにおける議論のポイント-議論を法人税の枠内にとどめず、抜本改革に着手せよ

Research Focus≪税・社会保障改革シリーズ No.17≫http://www.jri.co.jp2014 年 4 月 14 日 No.2014-004法人実効税率引き下げにおける 議論のポイント― 議論を法人税の枠内にとどめず、抜本改革に着手せよ ―調査部 研究員 立岡健二郎《要 点》 法人税改革の議論が進められている。焦点とされているのは、諸外国よりなお高い法 人実効税率の引き下げであり、政府は6月に策定する新成長戦略に法人税改革を盛り 込む方針を示している。本リポートでは、実効

2010年4月6日野村総合研究所フィードバック数:35大型消費/投資

第2回全国のエリア別所得・金融資産を推計

第2回全国のエリア別所得・金融資産を推計 ~2008年は、所得は江ノ島電鉄、金融資産は井の頭線がトップ~2010年3月30日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2008年における全国約17万の町丁目*1ごとの世帯あたりの所得*2、ならびに金融資産*3を推計しました。その結果、三大都市圏*4の主要私鉄*5沿線別*6に集計すると、総所得では江ノ島電鉄線沿線(1世帯あたり800万円)、金融資産では京王井の頭線(1世帯あたり4,5

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ