「課税数量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年9月3日キリンビール★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

日本国内ワイン市場活況、1998年以来の「第7次ワインブーム」へ

<参考資料>日本国内ワイン市場活況、1998年以来の「第7次ワインブーム」へ消費数量は過去最高の32万KLに到達、新世界ワインと日本ワインが好調をけん引 消費数量は過去最高、第7次ワインブームへ国税庁調べの最新データによると、直近の日本国内のワイン消費数量は、赤ワインの爆発的人気により大きな消費を生んだ1998年のワインブーム時の数量を超え、過去最高となりました※1。ワインの健康機能性に注目が集まった1998年時と異なり、近年のワイン市場の活況は、家庭や飲食店での日常的なワイン飲用文化の浸透によ

2013年10月6日日本政策投資銀行★★フィードバック数:0ライフスタイル

清酒業界についてのまとまったレポートです。

清酒業界の現状と成長戦略~「國酒」の未来~

清酒業界の現状と成長戦略~「國酒」の未来~2013 年 9 月株式会社日本政策投資銀行地域企画部〔本書の構成〕第1章 「國酒」の定義、歴史第2章 清酒製造関連業界の現状第3章 海外市場への取組の現状第4章 清酒製造業界の財務分析、経営戦略第5章 今後必要な戦略の提言〔目次〕はじめに… 1第1章 「國酒」の定義、歴史(1) 國酒の定義(2) 清酒の発祥~室町時代には酒蔵が誕生(3) 酒類(清酒)の政策的位置づけ① 明治政府の財政を担った酒税② 昭和の戦時体制が与えた影響③ 近年の國酒に関する政府の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ