「課題解決」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年6月30日ソフトブレーン★フィードバック数:0マーケティング

営業課題に関するアンケート

ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。 ここからヘッダ情報になります。ここから本文になります。企業の抱える営業上の悩み1位は「新規顧客開拓」 労働人口減少、長時間労働抑制のなかでいかに売上を伸ばすかが課題に ~営業課題に関するアンケート結果(2016年4月~2017年3月実施)~ 2017年06月20日 ソフトブレーン株式会社営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田浩文、以下 ソフトブレーン)は、ビジネスパーソンを対象に

2017年1月26日グリーゼ★フィードバック数:0キャリアとスキル

総務・人事部門におけるデジタルマーケティングの導入実態

マーケティングオートメーション専門の コンテンツマーケティング会社 ダウンロードページ【調査結果発表】 総務・人事部門におけるデジタルマーケティングの導入実態総務・人事部門社員に向けたアンケートで、内定辞退の解決策として「個別のフォローメールを活用する」が33.8%で1位 という結果が出ました。新卒採用における課題について・課題解決のために、現在実施していること・課題解決のために、今後実施していきたいこと または 強化させていきたいことを調査した結果、One to OneメールやSNSをはじめ

2016年12月6日Paykeフィードバック数:0大型消費/投資

【10月最新版 訪日外国人動向】訪日外国人が一番興味を持っている日本の商品とは?

[株式会社 Payke] ,インバウンド 課題解決 訪日外国人 広告 データ化 多言語化

2015年4月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」報告書

トップページ > 施策のご案内 > 環境・リサイクル > 平成26年度「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」報告書平成26年度「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」報告書最終更新日:平成27年4月14日「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」について 近畿

BtoBサイト調査結果分析2014 第5回:ニーズ充足者と非充足者の違い

BtoBサイト調査結果分析2014第5回:ニーズ充足者と非充足者の違いグラフはニーズ充足者と非充足者のそれぞれについて、各社のBtoBサイトに対する印象を尋ねた結果をまとめたものである。【図1】ニーズ充足とサイトの印象との関係(2014年)※回答者の割合、複数回答ニーズ充足者と非充足者で最も違いが大きいのは「製品・サービスの特徴を理解しやすい」に対する評価である。ニーズ充足者は40.9%が該当するのに対し、非充足者は9.9%と大きな差がある。第2回で見たように、BtoBサイトの利用目的として最も

2013年10月23日マイボイスコム★フィードバック数:0大型消費/投資

テキストマイニングのレポートが見られます。

テキストマイニングで見えてきた、理想の住まいの姿

[MyVoice] ,商品開発 住まい 課題解決 テキストマイニング 住宅 理想 データ分析 マーケティング 定性調査 仮説構築

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(中小企業等による医療機器の製品化及び海外展開に係る課題調査)報告書

平成 23 年度経済産業省委託平成23年我が国情報経済社会における基盤整備「中小企業等による医療機器の製品化及び海外展開に係る課題調査」報 告 書平成 24 年 3 月目 次1.事業の背景と目的............................................................................................................ 1(1)背景 .....................................

2013年1月8日日本政策投資銀行フィードバック数:0ビジネス

バリューチェーンコア企業に関する調査

[[News]]バリューチェーンコア企業に関する調査について 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、技術力があり、バリューチェーン上で重要な役割を担う「バリューチェーンコア企業」に着目した調査を実施しました(詳細については、DBJウェブサイト「今月のトピックス」( )掲載の「No.185 バリューチェーンコア企業のサポートによる産業競争力強化」をご参照ください。)。DBJは、かねてより産業のバリューチェーン(注)、設備投資計画、技術競争力やものづくり中堅中

デジタル・ナレッジによる調査結果です。

【2011年に取り組むべき経営課題に関するアンケート結果】 『人材育成』が経営課題解決のカギ

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、全国の経営者および経営に携わる役員計103名を対象に、経営課題に関するアンケート調査を実施しました。(有効回答数103) その結果、『顧客満足度の向上』『新事業開発』『後継者の育成』といった経営課題を抱えている経営者および経営に携わる役員が多いことが明らかになりました。さらに、それらの経営課題を解決するうえでもっとも不足しているものを尋ねたところ、圧倒的多数が『人材』と回答。人材採用や社員教育などに頭を悩ませる経営者が多い現状が浮き彫

2008年6月30日総務省★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

総務省/NRIによるICTインフラに関するアンケートを中心とした調査です。

ICTの利活用及び利用環境整備に関する現状評価(122P)

ご覧いただいているのは国立国会図書館が保存した時点のページです。このページに掲載されている情報は過去のものであり、最新のものとは異なる場合がありますのでご注意下さい。収集時のURLは (外部サイト) ですが、このURLは既に存在しない場合や異なるサイトになっている場合があります。 ICTの利活用及び利用環境整備に関する現状評価について 総務省では、平成20年2月から「ICT成長力懇談会」(座長:村上 輝康 株式会社野村総合研究所シニア・フェロー)を開催し、ICTによる新たな成長戦略の在

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ