「調剤薬局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月18日QLife★フィードバック数:0ライフスタイル

薬剤師からみた「残薬問題」調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース薬剤師の47%が、「医師が必要以上を処方」を残薬問題の一因と指摘 医師への働きかけや患者への聞き取りに苦慮し、製薬会社への要望も多数 ~薬剤師からみた「残薬問題」調査~ 薬剤師の47%が、「医師が必要以上を処方」を残薬問題の一因と指摘 医師への働きかけや患者への聞き取りに苦慮し、製薬会社への要望も多数 ~薬剤師からみた「残薬問題」調査~2016年10月11日 [火] QLifeは、「残薬問題」に対する現場の薬剤師の見方を調査した。調剤薬局に勤務してい

2016年10月8日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

「かかりつけ薬剤師」制度に関する実態調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース大手は「ノルマ」設ける一方で単店は「積極的」9%・・・対応に経営規模や立地種別で違い 厚労省ビジョンと現状とのギャップも判明 ~「かかりつけ薬剤師」制度に関する実態調査~ 大手は「ノルマ」設ける一方で単店は「積極的」9%・・・対応に経営規模や立地種別で違い 厚労省ビジョンと現状とのギャップも判明 ~「かかりつけ薬剤師」制度に関する実態調査~2016年9月30日 [金] QLifeは、「かかりつけ薬剤師」制度について、調剤薬局での現場実態を調査した。調

2016年2月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査を実施しました『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』多くの人が『薬局』とは、「薬剤師がいるところ」(82.3%)と認識4割の人は、『かかりつけ薬局』という言葉を「見た(聞いた)事はない」6割近くの人は現在、『かかりつけ薬局』を「持っていない」(57.9%) 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「病院・診療所」、「調剤薬局」の業績動向調査

「病院・診療所」、「調剤薬局」の業績動向調査 公開日付:2015.12.08 東京商工リサーチの企業データベース(約300万社)から抽出した「病院・診療所」と「調剤薬局」の業績分析で、病院・診療所の赤字率は32.3%だったことがわかった。一方、調剤薬局の赤字率は14.1%で、病院・診療所の半分にとどまった。2016年度の診療報酬改定で医療報酬や調剤報酬の見直しが検討されているが、報酬改定が病院や調剤薬局の経営にどう影響するか注目される。病院・診療所の売上高は2期連続で増収だったが利益は前期比16

2015年9月15日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査を実施しました日本調剤・自主企画調査『シニア世代の服薬の実態と意識』定期的に通院し、薬を処方されているシニア世代4人に1人は「5種類以上」の薬を処方されている半数以上の人は薬に対してマイナスイメージを持っている46.7%は処方薬の飲み残しがある  全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長・三津原 博)は、自主

2015年7月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの薬に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。「子どもの薬に関する調査」を実施しました日本調剤・乳幼児の親を対象とした『子どもの薬に関する調査』子どもの薬に関して、飲ませる方法や不安・疑問を聞きました約6割の親が、子どもが飲み薬を嫌がったり、飲まなかった経験がありました  全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、乳幼児を持つ親を対象とした『子どもの薬に関する調査』を実施しました

2015年6月17日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

ジェネリック医薬品市場に関する調査結果 2015

2015年06月17日 ジェネリック医薬品市場に関する調査結果 2015 ~ジェネリック医薬品使用促進策により、市場は拡大傾向に~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のジェネリック医薬品市場の調査を行った。1.調査期間:2015年2月~5月2.調査対象:医薬品メーカー、医薬品卸、医療機関、調剤薬局、関連団体、学識経験者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用<ジェネリック医薬品市場とは>本調査におけるジェネリック医薬品市場とは、医薬品卸や医薬品メーカー・

2015年2月5日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症についての調査です。

花粉症経験者に聞いた『花粉症の実態と対策』

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。花粉症経験者に聞いた『花粉症の実態と対策』花粉症経験者に聞いた『花粉症の実態と対策』約4割の人は花粉症で「病院に行かない」、行かない理由は“我慢できる”、“面倒”半数以上の人が、花粉症を発症してから治療薬を使う治療薬に対して満足している人は54.5%、半数近くは満足感を得ていない全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表者:取締役社長 三津原博)は、自主企画調査

薬局の外国人対応についての調査です。

全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査

全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査

2014年9月8日日本調剤フィードバック数:0キャリアとスキル

育児休業復帰者アンケート調査

[日本調剤株式会社] ,アンケート 医療 産休 処方薬 女性 調剤薬局 職場復帰 薬剤師 育休 日本調剤

2014年8月21日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

薬についての調査です。

処方薬の飲み残しに関する意識調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。「処方薬の飲み残しに関する意識調査」を行いました半数以上の人が処方された薬の飲み残しが生じることがある 飲み残しが生じる理由として最も多いのは、「服用するのをつい忘れてしまうから」 日本調剤『処方薬の飲み残しに関する意識調査』全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、『処方薬の飲み残しに関する意識調査』を実施しました。本調査は、「これまで

2014年5月21日プラスアールフィードバック数:0ライフスタイル

「お薬手帳」への意識調査

[] 医療・健康系モバイルサービスを展開する(株)プラスアール(代表:佐藤竜也)は、26年4月の診療報酬改定を受け、調剤薬局で配布される「お薬手帳」への意識調査を行いました。その結果、お薬手帳に関する改定について知っていた人は12.8%でした。また手帳の利用度は「持っていく派(50.3%)、持っていかない派(49.7%)」とほぼ半々でした。持っていかない理由として多かったのは「持っていくのを忘れてしまう(50.6%)」、「持ち運ぶのが面倒(20.8%)」であり、利用促進への課題となりそうです。■

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ