「調査員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

風邪に関する調査(2017年1月調査結果)

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) NRCレポート公表日 2017年02月13日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有してい

2016年12月7日富山県フィードバック数:0社会/政治

県政世論調査|28年度調査結果(概要)

メニュー県政世論調査|28年度調査結果(概要)1 調査対象県内に居住する満18歳以上の男女2,000人 2 調査期間平成28年8月26日〜9月25日 3 調査方法調査員による留置調査 4 回収数(率) 1,642(82.1%) 5 結果概要別添ファイルをご覧ください。< PDFファイルをご覧いただけない場合 > 左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。 富山県庁 〒930-8501 富山市新総曲輪1番7号 電話:(代表)076-431-4111

2016年11月5日高知県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年家畜頭羽数調査

調査結果の概要調査要領1.調査名称:平成28年家畜頭羽数調査2.調査方法:調査員調査3.調査対象:高知県全域の家畜飼養農家4.調査基準:平成28年2月1日現在5.調査期間:平成28年1月上旬から同年2月26日まで「平成28年家畜頭羽数調査」については、下記にお問い合わせください。

あなたはどっち?日本人の好み調査 Part1:食の嗜好

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) NRCレポート あなたはどっち?日本人の好み調査Part1:食の嗜好公表日 2016年6月15日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネ

2016年6月13日宮城県フィードバック数:0社会/政治

蚊の生息状況調査

蚊の生息状況調査蚊を媒体とする感染症対策の基本情報とするため,松島公園で蚊の生息状況調査を定期的に実施しています。実施期間平成28年6月~10月,月2回(全10回実施)実施方法(8分間人囮法)採取地点に調査員が8分間立ち,その間に近寄ってきた蚊を捕虫網で捕獲します。調査場所松島公園※公園内3ヵ所を採取地点として設定します。平成28年度におけるヒトスジシマカ(雌)の採取数(採取地点3ヵ所で採取した合計)国内ではヒトスジシマカ(雌)が,デングウイルス・ジカウイルスを主に媒介します。関係リンク(別ウィ

パソコン・スマートフォンなどの情報機器 Part1. 情報機器の利用率

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) NRCレポート パソコン・スマートフォンなどの情報機器 Part1. 情報機器の利用率公表日 2016年3月22日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバー

2015年12月28日徳島県フィードバック数:0社会/政治

平成27年国勢調査結果速報(要計表による人口・世帯数:徳島県分)

平成27年国勢調査結果速報(要計表による人口・世帯数:徳島県分)について ~~前回調査(平成22年)より3.75%の減少~~ 平成27年10月1日に実施した国勢調査による徳島県の人口及び世帯数は次のとおりです。なお,この数値は,要計表(調査区ごとに人口や世帯数を取りまとめた一覧表)により,県が集計したものであり,後日,総務省統計局が公表する結果と異なる場合があります。1 徳島県の人口及び世帯数平成27年10月1日現在,徳島県の人口総数は,756,063人となり,前回の平成22年国勢調査に比べ,2

2択調査です。

「日本人の食」についての調査【Part1:食の嗜好】

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「日本人の食【Part1:食の嗜好】」につい

2015年5月31日栃木県★フィードバック数:0大型消費/投資

栃木県のまとめです。

平成26年度栃木県観光動態調査報告書

ここから本文です。平成26年度栃木県観光動態調査報告書の概要について 本県を訪れる観光客(外国人含む)の実態や動向を把握するため実施した調査の結果を公表します。1 調査概要県内の観光地点又は宿泊施設を訪れた旅行者 ②調査期日③調査方法観光地点での調査員による聞き取り及び宿泊施設での配布・回収による自記形式 ①調査対象②調査期日③調査方法調査員による聞き取り及び宿泊施設での配布・回収による自記形式 2 調査結果観光交流課 観光地づくり担当〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

新しい祝日についての調査です。

「山の日」について

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「山の日」について、オムニバス調査(NOS:日

ゆるキャラ調査です。

全国ゆるキャラ・ご当地キャラについて

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「全国ゆるキャラ・ご当地キャラ」について、オム

消費税増税の影響です。

「消費税増税前後の消費者意識」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「消費税増税前後の消費者意識」について、オムニ

10%への増税についても聞いています。

「消費税増税前の消費者意識」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「消費税増税前の消費者意識」について、オムニバ

ユネスコ無形文化遺産登録にちなんだ調査です。

和食についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「和食についての調査」について、オムニバス調査

大掃除の季節です。

家の掃除についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「家の掃除についての調査」について、オムニバス

シャンプーについてのまとまった調査です。

「シャンプー・ヘアケア製品」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「シャンプー・ヘアケア製品」について、オムニバ

メディアの利用、情報源についての調査です。

「メディア」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「メディア」について、オムニバス調査(NOS:

2013年10月4日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

内閣府政府広報室の世論調査

■「中央調査報(No.671)」より ■ 「内閣府政府広報室の世論調査」 佐藤 寧(内閣府大臣官房政府広報室)1.はじめに内閣府政府広報室では、政府の重要施策について広く国民の方々に、その内容、背景、必要性等を知ってもらうための広報活動のほかに、国民の意識や政府施策に関する意見、要望を的確に把握し、政府施策に反映させるための広聴活動を行っている。この広聴活動として実施しているのが世論調査である。内閣府政府広報室では、平成24年度には、11回の世論調査と、これに付随する6回の特別世論調査を実施して

薬についてのまとまった調査です。

「市販薬」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「市販薬についての調査」について、オムニバス調

外食についての調査です。

「外食や食べ物の店」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「外食や食べ物の店」について、オムニバス調査(

ゴールデンウィークに限らない余暇についての調査です。

「余暇活動」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「余暇活動」について、オムニバス調査(NOS:

2013年2月10日国土交通省フィードバック数:25大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査(平成24年10-12月期)

最終更新日:2017年3月31日わが国の訪日外国人客の消費実態等を調査しています。訪日外国人客の消費実態等を把握し、観光行政の基礎資料とする。 1.調査対象者トランジット、乗員、1年以上の滞在者等を除く日本を出国する訪日外国人客2.調査標本数四半期毎に総数9,710サンプルを目標に調査を実施(年間38,840サンプル) 回答者の属性(国籍、性別、年齢等)、訪日目的、主な宿泊地、消費額など※本調査の実施に合わせて訪日旅行に対する満足度等の意識調査も実施します。 1.調査実施場所新千歳空港、函館空港

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ