調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 調査対象国

「調査対象国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グローバルでの投資家調査です。

2015年グローバル・インベスター・センチメント調査

最近の市場環境の変化によって、投資家に多くの投資機会がもたらされたと考えます。今回フランクリン テンプルトン インベストメンツが実施したアンケートの結果から、現在の複雑な金融市場において投資家が2015年の市場をどの様に捉えているのかが見えてきました。今回で5回目となる投資家アンケートは世界23ヵ国・地域の11,500人の投資家を対象として2015年2月に実施されました。また、日本の投資家の回答結果をご覧ください。今後の投資戦略をお考えになる際のご参考になりましたら幸いです。 株式市場

2015年5月17日日経リサーチフィードバック数:0社会/政治

「世界暮らし向きDI」2015年4月調査

前回比で全対象国がDI悪化、英14ポイント低下、露は20台に下落日経リサーチの「世界暮らし向きDI」2015年4月調査結果より 2015.05.14  株式会社日経リサーチがアジアを中心とした世界各国の生活実態を探る「世界暮らし向きDI」調査の最新結果(2015年4月実施)がまとまりました。この調査は米国、英国、中国、インド、マレーシア、タイ、ブラジル、ロシアの8カ国に、2014年4月調査から日本、今回からベトナムを加えた計10カ国に住む20~59歳の男女各国約200人ずつにインターネットを通じ

2014年11月10日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

世界の社会インフラ投資におけるICT需要の中長期予測 2014

2014年11月10日 世界の社会インフラ投資におけるICT需要の中長期予測 2014 ~社会インフラ投資の拡大を追い風に、急進するICT需要~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の社会インフラ投資におけるICT(Information Communication Technology)需要予測を行なった。調査対象国は日本のほか欧米、オセアニア、韓国、ASEAN諸国、中東産油国、BRICS、一部の中南米・アフリカ諸国である。1.調査期間:2014年5月~9月2.情報収集先:公的機関

2014年9月5日Ipsosフィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍が社会をより良くする

[] 2014年9月―イプソスは、オンライン・パネルシステムにより日本を含む世界20カ国で実施した調査結果をまとめ、Global Trend 2014として発表しております。今回は、女性の社会的役割についてまとめました。◆主な調査結果◆● 「女性の社会的役割は良き母・妻」という認識は国によってばらつきがある。ロシアでは73%が「そう思う」と回答、スウェーデンではわずか9%、日本では38%● 20カ国の調査対象者の半数以上(53%)が、政治やビジネスの世界でより多くの女性が責任ある地位につけば事態

タイ・ベトナム・インドネシアでの調査です。

第1回 ASEAN メディア・コンテンツ調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、タイ・ベトナム・インドネシアの3カ国/各国500人を対象に、 「日本コンテンツファンの実態」「日本コンテンツに対するイメージ」「メディアの接触状況」などを含むメディア・コンテンツの環境を調査した「第1回 ASEAN メディア・コンテンツ調査」を実施いたしました。調査結果から、調査対象国における「日本コンテンツファン層」の平均年齢は30.3歳で

2014年8月3日国土交通省フィードバック数:0ビジネス

アジアにおける建設・不動産分野の法律・制度整備支援に向けた調査

アジアにおける建設・不動産分野の法律・制度整備支援に向けた調査結果概要について(ベトナム、ミャンマー) 平成26年8月1日 国土交通省 土地・建設産業局では、「アジアにおける建設・不動産分野の法律・制度整備支援に向けた調査」を実施しましたので、調査結果の概要を公表いたします。本調査では、日系建設企業の進出数が最も多い一方で法制度上の課題も多く抱えるベトナムと、今後の有望な建設・不動産市場と目されるミャンマーを調査対象国とし、建設・不動産分野の法律・制度整備の最新状況を調査し、我が国建設・不動産

2014年5月11日Ipsosフィードバック数:0マーケティング

テレビの見方に関する調査

[] イプソスは、日本を含む世界20カ国で実施した、テレビの見方に関する調査結果を4月下旬に発表しました。◆ 主な調査結果 ◆●20カ国の対象者のうち86%は「テレビ番組をテレビで放送時刻に見る」と回答した ●「ストリーミングやダウンロードしたテレビ番組をPCやラップトップで見る」は全体の27%を占める。特に35歳以下の層では35%と人気が高い ●日本では45%が「録画機器で録画した番組をテレビで見る」と回答。ストリーミングなどを利用してテレビ番組を視聴する方法よりも日本ではまだ録画が主流である

2013年6月26日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査 平成24年年間値(確定値)及び平成25年1-3月期(暫定値)

宿泊旅行統計調査 平成24年年間値(確定値)及び平成25年1-3月期(暫定値)を公表します 最終更新日:2013年6月25日平成24年年間値(確定値)及び平成25年1-3月期(暫定値)を公表します。平成24年年間値(確定値)○延べ宿泊者数は4億3,950万人泊(対前年比+5.3%、対前々年比+3.2%)うち外国人は2,631万人泊(対前年比+42.9%、対前々年比-8.5%)。宿泊者全体に占める外国人の割合は6.0%(平成23年は4.4%、平成22年は7.5%)。○国籍(出身地)別外国人延べ宿泊

2013年4月1日国土交通省★フィードバック数:3大型消費/投資

訪日外国人の消費についての調査です。

訪日外国人消費動向調査 平成24年の年次報告書

訪日外国人消費動向調査 平成24年の年次報告書をとりまとめました! 最終更新日:2013年5月10日○訪日外国人の旅行消費額は全体で1兆861億円(前年比33.5%増、前々年比5.5%減)と推計。○訪日外国人の日本国内での旅行中支出額は1人当たり平均111,983円(前年比1.7%減、前々年比0.7%減)と推計。1.訪日外国人の旅行消費額を推計すると1兆861億円と推計。前年(8,135億円)と比べ33.5%増、前々年(1兆1,490億円)と比べ5.5%減となった。これは平成24年の訪日外客数(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ