調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 調査株式会社

「調査株式会社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月15日ジェーディーエスフィードバック数:0ライフスタイル

健康に関する意識調査

JNNデータバンク 20168月追加調査2016.9<健康ついて>株式会社ジェーディーエス〒160-0004 東京都新宿区四谷2-11 龍文堂ビル4FTEL 03-3358-1601 FAX 03-3358-8389URL:http://jds.ne.jp/1株式会社ジェーディーエス TEL.(03) 3358-1601 URL:http://jds.ne.jp/Copyright (C) 2016JDS Company, Ltd. All Rights Reserved.目次追加調査について2

2016年9月6日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

アジアインサイトレポート第17弾 『アジア4都市のオンラインショッピングの利用実態』

オンラインショッピング利用率はホーチミンがトップオンラインショッピング利用者はどの都市も20代・30代が中心商品カテゴリーは「ファッションアイテム」が第一位利用する理由は「自宅へ配送」「購入のしやすさ」などの利便性株式会社インテージでは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとに「アジアインサイトレポート」を発行しています。第17弾のレポートでは、『アジア4都市のオンラインショッピングの利用実態』を発

2016年9月5日インテージフィードバック数:0社会/政治

TV視聴・検索ログデータでみる、「東京都知事選」

鳥越・増田票の2割を持っていき、小池氏の「圧勝」投票へ行った男性20代は、全体傾向と比較してニュース・報道番組の視聴時間がおよそ2倍インターネット利用者で「都知事選」に関して検索したのは7.7%株式会社インテージでは、18歳から69歳までの男女に対して、2016年度東京都知事選挙についてのインターネット調査を行いました。本調査は、公示日翌日・投票1週間前・投票直後の3回調査することで、支持がどのように変わっていったのかを分析しました。また、インテージが所有する「i-SSP(インテージシングルソー

2015年12月23日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

アジアインサイトレポート第16弾『アジア3都市のメディア接触時間』

メディア接触時間は、全体的にはテレビが長く、次いでモバイルホーチミンではモバイルによるメディア接触時間が急増ジャカルタだけはテレビの伸びが顕著株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第16弾のレポートでは、『アジア3都市のメディア接触時間』を発表します。今回は、バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)

2015年12月2日インテージフィードバック数:0社会/政治

ベトナム市場実態調査 ホーチミン20代未婚女性

ベトナムでは近年、女性の社会進出率が上昇20代未婚女性の耐久製品所有率は「バイク・スクーター」が1位。2位は「スマホ」20代未婚女性の価値観は「着実な財産と地位」が急上昇ケーブルTVやインターネットなどの利用率が高く、美容意識も高い「旅行」という手軽に楽しめるコト消費が進む傾向株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第15弾のレ

2015年10月28日インテージ★フィードバック数:0エンタテインメント

『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』に関する調査

「ラグビーワールドカップ2015」の日本代表の快進撃が 『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』の認知度UPに貢献日本大会やラグビーについて認知率が高いのは男性40~60代日本大会の開催競技場・都市に対する認知はまだ低い株式会社インテージは、2019年に開催する『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』に関する調査を実施しました。 本調査は、ワールドカップ2015 イングランド大会中(日本vsサモア後)の2015年10月5日~7日に、インテージ・ネットモニター" マイティモニター"のうち全

2014年11月19日インテージフィードバック数:0ライフスタイル海外

アジアインサイトレポート第10弾『インドネシア市場実態調査 女性・ヘルスケア編』

日系企業の進出は中国に次ぎ2番目に多い女性の社会進出が盛ん薬はドラッグストアで購入する女性が多いヘルスケア商品の情報はTVから得ている日本製のヘルスケア商品を買いたい女性は4割株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査「アジアインサイトレポート」を発行しています。 第10弾のレポートでは、『インドネシア女性のヘルスケア事情』を紹介します。調査方法インテージの自主企画調査「アジア・マーケテ

2014年11月19日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

アジアインサイトレポート第11弾『インドネシア市場実態調査 日本への関心編』

3ヵ月以内に「日本食」を外食した人は、ジャカルタ女性の54.4%旅行してみたい国のTOP2は隣国、3位に「日本」観光ビザ免除なども追い風となり、日本への関心が高まっている株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第11弾のレポートでは、『インドネシア市場実態調査 日本への関心編』を発表します。今回は、当社と海外グループ会社が共同で

2014年5月28日インテージ★フィードバック数:0キャリアとスキル

新社会人のライフスタイルです。

2014年・新社会人調査『フレッシュマンのライフスタイル』

フレッシュマンの7割以上が、朝食を「ほとんど毎日」食べているランチは41.3%が自宅から弁当持参。女性は半数以上が“弁当派”ランチ代の平均予算は、64.5%がワンコイン以下初任給の使い道トップ3は、「家族へのプレゼントやご馳走」「自分へのご褒美」「貯金」現在交際している相手がいる人は45.3% 株式会社インテージは、『2014年・新社会人調査「フレッシュマンのライフスタイル」』を実施しました。2014年5月7日〜12日、インターネットモニター“マイティモニター”のうち、全国の新社会人男女400名

2014年4月24日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

『消費税増税 影響分析プロジェクト』 レポート第3弾

小売店の販売前年比は4月7日週で下げ止まり増税後の反動は6%減にとどまる日常生活に必要な品目では買い控えは限定的一方、嗜好品では買い控え品目が多い増税による個人消費への影響度は3月より改善 株式会社インテージは、『消費税増税 影響分析プロジェクト』(※1)の一環として、「増税後3週間経過しての小売店販売実態と消費者購買意識調査」を実施しました。本調査は、当社の “SRI(全国小売店パネル調査)”(※2)から沖縄を除いた全国のスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアの生活必需品(※3)の販売

2014年3月12日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

駆け込み消費の内容です。

『消費税増税 影響分析プロジェクト』レポート第1弾

「消費税増税」が耐久消費財購入のきっかけになった人は53.6%増税前に意識して買ったモノの1位は「家電」生活必需品は「安売り」「セール」で衝動的にまとめ買い 株式会社インテージは、「消費税増税 影響分析プロジェクト」(※1)の一環として、『消費税増税を意識して買った商品』に関する調査を実施しました。本調査は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングが提供するスマートフォンアプリ「みんレポ」(※2)のユーザーのうち、2014年1月31日~2月28日に「消費税増税を意識して商品を買った」という書き込

2014年3月2日ライフメディアフィードバック数:0ライフスタイル

宅配水に関する調査

宅配水に関する調査株式会社ライフメディア2014.2.CONFIDENTIAL©2000-2014 Lifemedia, Inc., All Rights Reserved調査実施の概要CONFIDENTIAL■調査目的調査目的宅配水に関する調査■調査方法■調査方法インターネットリサーチ■調査地域全国■調査対象調査対象20歳以上のライフメディアメンバー20歳以上のライフメディアメンバー■有効回答数■有効回答数18,800サンプル18,800サンプル■実施期間■実施期間2014年2014年2月10

2012年1月19日インテージ★フィードバック数:4マーケティング

インテージによる冬休みの過ごし方についての調査結果です。

冬休みの過ごし方と今年の抱負

冬休みは「家族や自宅で過ごす時間の充実」と「ショッピングを控える」を重視飲み会や外食などにかけた費用はそれぞれ「5千円未満」が5割以上2012年積極的に行いたいことのトップ3は「貯蓄」「節約」「国内旅行」「どんな年にしたいか」を単語にすると1位は「健康」 株式会社インテージは、自主企画調査『冬休みの過ごし方と今年の抱負』に関して調査を実施しました。本調査は、2012年1月10日~1月12日に全国のインテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち、15~59才の男女を対象にインターネット調査を行

2010年5月31日インテージフィードバック数:2ライフスタイル

スイーツに関する調査

女性91.4%、男性84.8%は甘いものが好きスイーツの購入予算は「300円程度」、7割近くは「洋菓子党」10代は、60代、50代に次いで和菓子好き女性20代の14.6%はスイーツが「食事の代わり」マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージは、2010年5月12日~5月14日に、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の15才~69才の男女個人を対象として『スイーツに関する調査』を実施し、1,200名から得られた回答結果をまとめました。調査方法インターネット調査調査地域全国調

2010年4月12日インテージフィードバック数:5デジタル家電

地上デジタルテレビ放送に関する調査

地デジ対応していない理由は「まだアナログ放送が見られるため」73.9%対応時期は「具体的に決めていない」39.8%方法は約7割が「テレビの買い替え」予算は「わからない」が28.4%マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージは、2010年3月15日~3月17日に、地上デジタルテレビ放送に関する調査『地上デジタル未対応者の意識』について調査を実施しました。本調査は、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の15才以上の男女個人から、自宅テレビの地上デジタル放送未対応者1,200名

2009年9月14日インプレスフィードバック数:0マーケティング

広告主のインターネットと広告メディアに関する調査

『ネット広告白書2010 クロス集計データCD-ROM』を9月10日に発売(9/9)[広告主のインターネットと広告メディアに関する調査][生活者の広告に対する意識と行動調査]を収録した『ネット広告白書2010 クロス集計データCD-ROM』9月10日発売2009年 9月9日株式会社インプレスR&D インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門、インターネットメディア総合

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ