「調査検討」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

平成25年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(Ⅱ)-中小製造業の安全化を支援する専門人材のネットワーク構築に関する調査検討-

報告書トップ平成25年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(�U)−中小製造業の安全化を支援する専門人材のネットワーク構築に関する調査検討− [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H26(2014)][ページ数:121][識別:25安全・安心2] この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです。

平成25年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(III)-機械安全普及のための社会基盤要素の整備に関する調査検討-

報告書トップ平成25年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(�V)−機械安全普及のための社会基盤要素の整備に関する調査検討− [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H26(2014)][ページ数:84][識別:25安全・安心3] この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです。

平成25年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(Ⅰ)-機械安全のためのセーフティインテグレータの機能及び育成に関する調査検討-

報告書トップ平成25年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(�T)−機械安全のためのセーフティインテグレータの機能及び育成に関する調査検討− [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H26(2014)][ページ数:75][識別:25安全・安心1] この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです。

介護人材についてのレポートです。

介護人材需給構造の現状と課題

概要研究の目的人口構成の高齢化を背景として、持続可能な医療・介護保険制度等の運営とサービス提供体制の構築、その担い手である医療・介護従事者の確保が喫緊の課題となっている。とくに、介護サービスの担い手である介護人材(介護職)への需要が拡大し、2025年には、介護職が2012年度の149万人(推計値)を大幅に上回る237~249万人程度必要と推計されている。 本研究は、上記の推計と現状の供給量を踏まえ、今後必要となる介護人材を確保するためにどのような取組みが求められるかについての実証的な検討に向

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業報告書

資源エネルギー庁 御中平成 25 年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業報告書2014 年 3 月目次1. 事業概要 ............................................................................................................................. 11.1 背景と目的 ......................................................

2013年6月9日日本機械工業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(II)-中小製造業の機械設備安全化に資するセーフティエンジニア等のネットワーク構築に関する調査検討-

平成24年度機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(�U)−中小製造業の機械設備安全化に資するセーフティエンジニア等のネットワーク構築に関する調査検討− [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H25(2013)][ページ数:32][識別:24安全・安心2] [テーマ別分類: 企業、経営 -企業形態、独占、系列、中小企業、規制緩和、M&A] [テーマ別分類: 安全化 -機械・技術・システム安全化、ユニバーサルデザイン、機械安全 ] この事業は、競

2013年6月9日日本機械工業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度 機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(I)-機械安全のためのセーフティインテグレータの機能及び育成に関する調査検討-

平成24年度 機械工業の安全・安心のシステム構築に関する調査研究報告書(�T)−機械安全のためのセーフティインテグレータの機能及び育成に関する調査検討− [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H25(2013)][ページ数:31][識別:24安全・安心1] [テーマ別分類: 技術 -技術政策・研究開発、生産技術、自動化(FA、FMS、ロボット)、システム化、CAD/CAM、] [テーマ別分類: 安全化 -機械・技術・システム安全化、ユニバーサルデザイン、機械安全 ]

2009年5月26日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発サービス業の生産性向上と競争力強化に関する調査

研究開発サービス業研究会報告書「研究開発サービス業の生産性向上と競争力強化に関する調査」 経済産業省では、研究開発サービスの生産性向上に向けて平成20年4月に策定された「研究開発サービス業の生産性向上プログラム」(PDF形式:29KB)を受け、「研究開発サービス業研究会」(委員長:丹羽 清東京大学教授)を設置し、研究開発サービスの市場規模等統計整備、研究開発サービス取引の実態把握、研究開発サービスの高付加価値化のための方策等について調査、検討を実施しました。調査検討結果をとりまとめまし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ