調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 調査統計局

「調査統計局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月25日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

日銀の論文です。

(論文)わが国における賃金変動の背景

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国における賃金変動の背景:年功賃金と労働者の高齢化の影響2014年12月24日永沼早央梨*1西岡慎一*2要旨本稿では、わが国の賃金カーブと労働生産性カーブを計測し、その乖離が賃金の伸びに及ぼす影響を検証した。仮に、後払い賃金仮説で主張されるように、賃金カーブの傾きが労働生産性カーブの傾きよりも大きく、高齢者ほど賃金が割高に設定されているならば、労働者の高齢化は、企業の賃金負担を重くし、賃金上昇を抑制する方向に働き得

2014年9月18日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)企業の海外進出と収益力

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 企業の海外進出と収益力2014年9月18日近藤崇史*1中浜萌*2一瀬善孝*3要旨本稿では、わが国企業の海外進出の積極化が収益力や企業価値に与える影響について、実証的に分析した。具体的には、上場企業のマイクロデータを用いて、海外進出の程度を収益率や企業価値に回帰したパネル推計や、国内・海外部門の補完性(一方の事業がもう一方の事業の収益性を向上させる効果)を明示的に考慮した利潤関数の推計を行った。分析の結果、企業が海外進出

2014年6月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 今次景気回復局面における雇用・所得環境の特徴点2014年6月16日調査統計局 菅沼健司、篠潤之介*、峯岸誠*、高田恵理子要旨今次景気回復局面での雇用環境の特徴点として、(1)雇用誘発力の高い内需主導で回復が進むなか、雇用の改善が非製造業部門で目立っていること、(2)需給双方の要因から、女性や高齢者を中心とした労働参加が活発化していること、が挙げられる。新たに活用される労働力は、これまでのところ、平均賃金が相対的に低い非

2014年2月25日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

(論文)賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線に関する実証分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線に関する実証分析:日米比較2014年2月24日新谷幸平*1武藤一郎*2要旨本稿では、賃金と労働市場の需給バランスについて考察を深めるため、賃金上昇率と失業率の関係についての実証分析を、日米のデータを用いて行う。具体的には、Gali (2011)の研究に基づき、ニューケインジアン理論の枠組みの中で、ミクロ的基礎付けを持つ動学的な構造方程式として導出される「賃金版ニューケインジアン

2013年11月8日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

日銀のレポートです。

(日銀レビュー)最近の訪日外国人増加の背景とわが国経済への影響

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の訪日外国人増加の背景とわが国経済への影響2013年11月7日調査統計局 米良有加、倉知善行、尾崎直子要旨わが国を訪れる外国人数は、このところ大きく増加しており、なかでもアジアからの訪日客の伸びが大きい。この背景をみると、震災直後の落ち込みからの回復、為替相場動向に加え、アジアにおける中間所得者層の増加、LCC就航やビザ発給要件の緩和といった要因が複合的に影響しているとみられる。こうした訪日外国人数の増加によるわが

2013年10月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針ご意見のお願い2013年10月17日日本銀行調査統計局日本銀行では、国連統計委員会において2009年に採択された国民経済計算体系にかかる作成基準(、以下2008SNA)を踏まえた「資金循環統計」の見直しを、検討しています。これまでも、日本銀行は、資金循環統計をよりよい統計とするべく、1999年に、その時点の最新の作成基準()を踏まえた見直しを行ったほか、随時、部門分類の見

2013年7月19日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

日銀のレポートです。

(論文)非製造業の海外進出と国内の雇用創出

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 非製造業の海外進出と国内の雇用創出2013年7月18日桜健一*1近藤崇史*2要旨日本企業の海外進出の動きは、対外直接投資残高の対GDP比でみると2000年代半ばまで低調であったが、近年活発化している。業種別の内訳をみると、これまで海外先進国対比で出遅れてきた非製造業の海外進出がとくに活発化している。このような非製造業の海外進出が国内雇用にどのような影響を与えるかは、日本経済の見通しや成長力を考える際に重要な論点の一つで

2012年8月1日日本銀行フィードバック数:2社会/政治

(論文)日本の物価は何故長期間下落を続けたのか

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本の物価は何故長期間下落を続けたのか2012年7月31日西崎健司*1関根敏隆*2上野陽一*3全文掲載は、英語のみとなっております。要旨わが国では、1990年代後半以降、緩やかながらも長期間にわたって物価が下落傾向を続けた。標準的なフィリップス曲線による推計結果から、これは、予想インフレ率の低下、負の需給ギャップ、その他の要因(これには輸入物価の低下・為替レートの円高などが含まれる)により説明されることが示唆された。こ

2012年7月18日日本銀行★フィードバック数:1マーケティング

個人消費、その中でもシニア層の消費についてのレポートです。

(日銀レビュー)最近の高齢者の消費動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の高齢者の消費動向について2012年7月18日調査統計局 白木紀行、中村康治*要旨足もとの個人消費は、家計所得が伸びない中にあっても緩やかに増加しており、わが国のマクロの消費性向、すなわち所得に対する消費支出の割合は、上昇傾向にある。その背景として、本稿では、2つの点に着目する。第一に、若年層と比べて消費性向の高い高齢者の数が増加することによって、マクロの消費性向は継続的に押し上げられている。第二に、近年の特徴とし

2012年7月5日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)企業物価指数・2010年基準改定結果

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 企業物価指数・2010年基準改定結果2012年7月4日日本銀行調査統計局日本銀行では、昨年12月に公表しました「企業物価指数の2010年基準改定に関する最終案」に沿って、企業物価指数の基準改定作業を進めてまいりました。このほど基準改定作業が終了しましたので、7月11日に公表を予定している企業物価指数の5月確報・6月速報から、2010年基準指数の公表を開始します。本稿では、2010年基準指数について、基本的なフレームワー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ