「調査設計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年5月26日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

Works Index 2015 ―日本の働き方の定点観測―

surveys全国就業実態パネル調査リクルートワークス研究所は、有識者で組織化した調査設計委員会と協議しながら、全国の就業・非就業の実態を把握するための全国就業実態パネル調査を設計しました。毎年1月に同一個人に対して継続した調査を実施していきます。1 調査の目的全国の就業・非就業の実態とその変化を明らかにし、就業者の数だけでなく、働き方の質も伴う向上について社会に提言していくことを目的としています。2 調査の対象全国の15歳以上の男女4万1000人が対象3 調査の実施日毎年1月4 調査の内容昨年

2015年9月7日楽天リサーチフィードバック数:0マーケティング

回答端末と利用者特性に関するインターネット調査

昨今、スマホ端末の保有が増え、PCの保有が減る傾向がみられます。調査業界においても、アンケートをスマホ端末で回答をする傾向が急速に高まっており、弊社調査によると、調査協力者の約4割がアンケートにスマホで回答したことがあると答えています。一方で、調査業界の一般実務においてはPC端末での回答を想定した調査設計が主流の状況であり、このことが、高品質で十分な量の回答を集めるうえで問題となりつつあります。環境変化に伴う問題点今後、PC回答のみを想定して調査設計を行うと…⇒ 結果として、過去の調査からの比較

第1回~第3回全国イノベーション調査の経年比較の試み(調査設計及び調査事項の整理とそれに基づく産業別・企業規模別の比較考察)

トップ » 調査研究成果公表 » 「第 1 回~第3 回全国イノベーション調査の経年比較の試み(調査設計及び調査事項の整理とそれに基づく産業別・企業規模別の比較考察)」[DISCUSSION PAPER No.116]の公表について 「第 1 回~第3 回全国イノベーション調査の経年比較の試み(調査設計及び調査事項の整理とそれに基づく産業別・企業規模別の比較考察)」[DISCUSSION PAPER No.116]の公表について当研究所では、OECDオスロ・マニュアルに準拠して実施してきた第1回

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ